実態レポ NO.511~520

NO.511
病院実習での不当な扱い。学校や実習中などお気に入りの生徒をひいきするなど。

実習の際に先生に質問や指導を仰いだが特に何もアドバイスも無かった。
主張が大きい生徒や問題児のみに優先的に対応してその他大勢の生徒は適当に扱っていた。

実習先の看護師も面倒くさくそうにしており、意地悪な事を言われたり、質問しても答えて貰えなかった。食事介助では、無理やり口にねじ込み少しでも多く食べるように強制しろと言われた。スプーンをガツガツ当てて痛いと言っているのに無理に食べさせておりそれを真似するように指導された。

看護師が面倒な事を丸投げ、指示や監督して貰えない中で学生のみで患者対応をしなければいけなかった。使用期限の切れた薬を使わせられたり、明らかに一般常識でおかしな事を平気でさせてきた。

余りにも辛くてかなり辞める人がおり、私も途中で辞めたが最後の学年の時に合格率を上げるため成績が悪く国試に受からない生徒を説得したり無理に辞めさせたりしたらしく最終的に半分くらいの生徒しか残っていなかった。

命を預かる特殊な学校なのにこんなに指導やアドバイスされないなんて今思えばおかしかった。 看護学生には適当な看護師や、よーし!虐めてやろうとしてくる看護師がおり患者どころではなく看護師に嫌われないための実習にならざる得ないこともあり夢を失った。 周りの生徒や看護学校の先生さえ辞める人や病気になりどんどん環境は悪化していむた。

学年があがるにつれて精神的に無理になり、メンタルが悪化して看護師と言う仕事が嫌なものに思え、ついに実習の前に体調が悪くなり最終的には実習に行けなくなった。 辞めたいとと言ったが休学にさせられ、その時も話し合ったが親身になってくれず、嫌な思いをするだけだった。

実習の時の嫌な思いをしたことや希望を出したが実習させて貰えるだけでありがたいと全否定。実習出来なかったら看護師になれない卒業出来ないと聞く耳持たず。

昔のことだし、学生の時は先生の言うことは絶対みたいなところがあり自分が悪いと思っていたが今はSNSなどもありおかしいことをおかしいと発信したり相談したり出来るので色んなところに話をして改善して貰えるようにして欲しい。

看護学生でも明らかにおかしな事を言われたりされた場合は相談して改善するような指示を出せるような機関があると良い。 学生だから我慢しか無いと言うような事が無くなるようにして欲しい。

NO.512
希望により掲載なし

NO.513
言葉の暴力、身体的暴力

教員へ媚びを売らなかった時、私が意見を言った時に、患者さんの前で突き飛ばされた。 カンファレンスの時に私だけ集中攻撃された。 他の子よりレポートも色々やったのに、ターゲットにされたから、昼食は禁止、昼食中はみんなの前に立たされてみんなが食べてる前で1時間説教。 レポートは読まずに大きくバツ印のみで破られる。

うつ病になって自殺未遂、学校中退

なんの対策もなかった。一身上の都合で辞めろと言われた。 教員の指導が必要。

NO.514

NO.515

NO.516

NO.517

NO.518

NO.519

NO.520

実態レポ NO.501~510

NO.501
指導担当の講師から実習中に自分の頼んだことをしなかったという理由で無視され始め、実習か終わったあとも無視されて卒業まで無視されました。 実習先でも指導の看護師から無視されました。

自分たちグループの実習か終わり記録提出のため担当講師かいなくて、控室にもいなかっため、職員室に預けたら、別のグループの実習中だから実習先の病棟まで持ってくるのが当たり前でしょ。から無視が始まりました。

また、実習先では、ヤクザくずれの暴言暴力がひどい患者の担当になり、看護師もナースコールが鳴っても来なくて任せきりにさせられ、その患者が看護師が来ないことでブチ切れクレームとなり、別の患者を新しく担当させられましたが(全部新しくデータから計画から全てやり直しをたった1日でしないといけない)のに、指導看護師からはその後無視されました。

まだまだ山のようにあります。
数えきれないほど実習中は人間扱いしてくれない実習先も多く、陰口が聞こえる、色々言われる、それを講師たちは見て見ぬふりして、なんでできないの?と責められ、できないと言われ、やめた方がいいと言われ、ものすごく辛く、毎日泣きながら行って終わったらまた泣いてました。

人を信じられない。鬱状態になる。毎日不眠、ストレスで痩せたり太ったり。 毎日実習中もその前後も辛くて悲しくて泣く。 もちろん、死にたくなりました。

なにも対策なんかありません。

そのためにわたしは看護師になったら絶対、無視したり、厳しくしないと決めてそうしています

中には自分がされたからと言って同じことをやる看護師もいます。優しいふりして、あからさまに差別やエコ贔屓する講師もいます、 絶対守るからと守ってくれる講師もいますし、優しく教えてくれる実習先の看護師もいます。

いろんな看護師と看護学生の声を集めて いろんなところで発信し続けてください。 看護学校だけでなく、実習先の病院にも、 そして、これから看護師になるであろう高校生たちにもそれを伝えてください。

実習先の病院にも、責任はあります。 生徒の能力にもよって担当させる患者は変える病棟もあります。 なので、学校だけではなく実習病院にも病棟にもそこで働く看護師たちにも責任はあると考えます。

教えてくれない看護師、聞いても無視する看護師、忙しいからとやつ当たる看護師、無理難題を押し付けてくる看護師、それもこれも実習受け入れしてる病院側と現場の病棟の看護師の温度差があるからです。忙しいのに実習生の受け入れなんて!と快く思ってなく、ただのめんどくさいだけの状態もあるのです。

実習中に患者が変わるのであれば、その前の患者で学生の能力も考え、途中で全部一から情報を取り計画を立てることがどれだけ大変なことか考えてくれたなら、また次の患者は難しい大変な患者をつけるなんてことはしないはずです。

そして、それを病棟側から提示された講師も、ちょっと今のこの子には難しいと断り、別の患者をとお願いすることもできたはずです。 なので、実習先の病院のトップにも直接、病院側の実習受け入れ体制はどうだったのかも聞き取り調査をお願いし、さらにはその病院の実習に行った他の生徒たちの声を集めて、それを持ち込んでください。

実際にその病院のその病棟で実習し 息子さんがどうなったのか、病院の院長に総師長にその病棟の師長と実習担当指導の看護師から話が聞きたいと伝えてください。トップと病棟の考えや対応は違います。 実習費として金銭も発生してるはずです。 二度と息子さんのような辛い選択を迫られるほど追い込まれるようなことがないように。

NO.502
パワハラ、モラハラ

担当教員から突然「あなたの目が怖いから指導できない」と言われて担当教員が泣き始め教室から出て行った。 授業中答えが違うとホワイトボードを手で叩き煽ってこられた。すべて女性教員からです。

また看護学校に付属する寮に入寮していた際には自分が捨てていないゴミに対して分別がされていないと寮内のスピーカーで夜間に呼び出され「親の顔が見てみたい」「どうしたらこんな世間知らずが育つのか」と小一時間一方的に責められた。捨てていないといっても「言い訳をするな」と話を聞いてもらえなかった。

睡眠障害、抑うつ

寮を辞めた。教員はしばらくはいたが在学中に他の看護学校へ異動になった。 看護師という仕事自体が異質で古い習わしを重んじるという極めて閉鎖的な職種だと思う。経験年数が全てでそこに年齢は関係なく、社会人としてのマナーも求められない。看護学校自体をなくし、大学規模のもっと風通しの良い環境で質の高い教育環境を整える必要があると思う。

NO.503
担当看護師からの否定的指導

担当の看護師さんから忙しいという理由で話を最後まで聞いてもらえない、実習終了時間になっても帰りの報告や挨拶をさせてくれないため帰れない、ようやく話せたとしても全て否定からはいるため辛い思いをした

私が報告をしている途中で最後まで話を聞かず否定的なことを言われるシカトされることもあり

そもそも話を聞いてくれない、ようやく話せても全て否定的なことばかり言われ心が傷つき、実習最終日で涙が止まらなくなった

大学の先生がその看護師に話をつけてくれた、その後はその看護師が謝ってきちんと話を聞いて褒めてくれたが心が傷ついたことは許せない

よくテレビや新聞で看護師不足が言われるように現場はすごく忙しい、そのため看護師が実習生に対して当たりが強くなってしまうことは分からないでもない、しかし看護師不足だからこそ教育に力を入れるべきだと思う、そのために実習の際には実習生担当の看護師を配置するべきだ

NO.504
看護教員による無視、指導放棄

実習記録を毎日看護教員と担当の指導者に見せるのですが、看護教員がわたしの記録内容を気に食わなかったらしく「見る価値がない」と言ってその日は一日中無視された。

実習中に話しかけても(個室など2人きりの時だけ)無視される。無視されるため実習が進まず、帰れないが、指導者や他の学生の前では何食わぬ顔で普通に話かけてくるため周りに相談しても理解されない。また他グループの学生に「あの子は態度が悪い」と言いふらされる。

実習中に呼吸困難を起こした。看護教員不信になった。

何も講じられなかった。

NO.505
イジメの加害者にされた

実習中、遠方の病院のために看護師寮をグループで使用可能とのことで入居しました。しかし1名グループに馴染めない(誘っても単独行動をする)子がおり、その時もその子以外で入居しました。

当時該当科目の実習グループのリーダーでした。単独行動をする子が教員に、実習グループに馴染めないことを相談したようで実習中のカンファレンスにて、指導看護師同席中にイジメがあると教員より問題提起され、責められ、再度後日私だけ呼び出しがありました。

相談した子1人の言い分のみでリーダーである私が主犯だとカンファレンスで教員に責められ、後日の呼び出しでは実習態度不良と告げられ成績にも影響しました。(落としてはいないが学科、課題、実習全て出席、期間内に提出し内容自体は指導や修正なくテストも高得点だったが単位はギリギリ合格)

他のグループの子への実態聴取はされず。グループのメンバーも抗議、擁護してくれましたが聞き入れられずでした。
「他の子も巻き込んであなたには呆れた」
「人間失格」
「学科はできても人としてどうかと思う」
「看護師の資格なし」

「(実習先)病院には恥ずかしくて就職させられません」などの発言を受けました。就職先の候補ではありませんでしたが、就職後の希望科の実習だったためかなりショックでした。

もともとその子は学科内でかなり浮いており、イジメの話を聞いた周囲が私を擁護してくれたり、間違いと信じてくれたため学校生活への影響は少なかったです。他の科目の実習成績や他教員の態度の変化もありませんでした。

その教員のみ、ため息をつかれたり睨まれたりがあっため精神的苦痛が大きく、その後2年間は該当教員の前に行くと喋ることができませんでした。現在救急科の看護師ですが新人以降も暫くは実習科目に当たる対象患者には抵抗があり、担当になる際に不安が大きいためフォローをお願いしたいと先輩や上司へ申し出たこともあり、実習のトラウマから1人で担当できるまでに時間を要しました。

私の場合は周囲の認識とその教員の認識に大きなズレがあったため影響が波及することはなかったです。しかし該当教員、被害者(と訴える)グループメンバーに誤解を訴えても聞き入れてもらえなかったためどうすることもできませんでしたし、話し合いを重ねてもその子は輪の中に入る気がないようでした。

入職後も暫く引きずってしまい、その科目の看護は苦手意識や緊張が強かったです。抵抗感から来る焦りでミスをしてしまわぬよう、患者さんへのリスク回避のためにフォローして欲しいと自ら申し出、幸いにも受け入れてフォローしてもらえる環境があり今は苦しかった思い出と感じられるようになりました。

NO.506
祖父を看取ることを否定された

テストがあった日に祖父が危篤状態になり学校を休もうと思い、朝学校にその旨を伝えました。

そしたら電話を受けた学年の教員から、
「テスト大事じゃないの?、テストは追試で2割減になるからね、おじいちゃん死ぬとかは知らないから優先順位考えてね
と言われました。

祖父は末期ガンで自宅での看取りという選択をしていて最期まで寄り添いたいと思い休む選択をしましたが、在宅看護師をしていた教員でそんな心無いことを言われるとは思っていませんでした。

身内が亡くなりそうになっている時にも登校するのが普通だったのでしょうか? テストの点数が2割減になるのは学校のルールなので仕方ないと思っていますが、あまりの言葉に耳を疑った出来事だったので報告させていただきます。

それ以降教員を信用していません。

策は無いと思います。教員の人間性を疑い、線引きをして関わることが一番なのかと思いました。

NO.507
希望により掲載なし

NO.508
パワハラ

私が受けたパワハラではないのですが、静岡県立大学の看護学部で助教が教授からパワハラ受けて退職したことがありました。ようやくそれがパワハラ認定を受けたのですが、パワハラを行った教授は戒告のみで済まされています。パワハラを受けた側が退職しているのに対し、パワハラを行った側が戒告のみで許されてるのがありえないです。

「静岡県立大学 パワハラ」で検索してください。

私は静岡県立大学の看護学生です。そのパワハラを行った教授から講義を受けたことがあるのですが、パワハラをするような人から教わりたくないです。看護師になりたい!と思って進学したのに、現実はパワハラを行うような教授、実習先で実習生イジメをする看護師がいっぱいいて将来看護師を続ける自信が全くないです。

パワハラを行った教授については戒告のみです。 パワハラを行った人に対して実名で報道、人の人生を狂わせているのだから解雇すべきです。

NO.509
言葉での執拗な攻撃、生徒の贔屓

勉強が嫌いな人は看護師になれませんと入学後に言われた後何度も授業のたびに言われました。態度が悪い生徒がいるとすぐに看護師になれない、ならなくていいなどの話が始まりました。

実技の実習は真後ろに教員がいてじっと見つめられている感じです。圧力しか感じませんでした。

レポートの提出はコピーした用紙では見てもらえず必ず配られた用紙ではないといけない、レポートの解答解説は写真で撮ってはいけない(授業終わりで着替える時間と移動時間しかない休憩時間の間しか掲示されないにも関わらず写すことが出来ないので解説をしっかり読めたことはありません)
など教員による細かいルールがあり、レポートの用紙が紙質の違いでコピーだとバレたり写真を撮ったところを見られた生徒は次の授業からピンポイントでその人だけ当てられていました。

質問に行くも、
「自分で考えた?」
「それで?」
「文献は読んだ?」
と返されることがほとんどで(自分が馬鹿だったので仕方なかったかも知れませんが)なかなか解決せず怒られている感覚にしかならずに教員のところに行く頻度が減りました。

よく勉強のできる生徒や勉強ができなくても教員と仲の良い生徒は、教員の部屋で冷凍食品を分けてもらったりしたなど聞いたことがあります。かなり仲のいい生徒とそうでない人との差がありました。 (上記のことは全て、看護学校では当たり前のようなものとして認識していました)

昼夜逆転、寮に住んでいたが部屋から出られなくなった、教員に気に入られている子と話しにくくなった、学校を辞めた後もトラウマで他の看護学校に通えなくなった、教科書や勉強内容を聞くだけで恐怖を感じるようになった 私と同じ理由かはわかりませんが、入学時130人ほどいた同級生は一年で40人ほど減りました。

学校を辞めることでしか解決しませんでした。学校を辞めたいと言って聞いてもらえる人を作らなければいけなかったと思います。

一部の教員がやっていることを他の教員が見ていて何を思っていたのか、それをよく思っていたのなら学校がおかしいし、よく思っていなかったのなら守って欲しかった。

もっと教員同士で良い方向に持っていくようにしてほしい。 どれだけ同じ試験に受かって大学に来たって生徒で賢さの個人差はあることをわかって、わからない人には具体的にどうしたら良いか教えて欲しいです。

大学って自分で学ぶっていうような場所なのかもしれないけれど、専門知識を教えてもらっている以上はわからないことを聞いているのだから一緒に考えるくらいして欲しかった。正直看護師を育てる産み出す気持ちがあるのかな?ってくらいの突き放され方でした。

NO.510
使えない、そんなんじゃまともな大人になれないなどの暴言等

何をやっても否定される、病気や薬等について質問しても自分で調べろしか返ってこない。こんなことも出来ないならやめたら?看護師向いてないよ。等実習中は毎日言われる。 使えないんだから邪魔すんなよ等直接では無いが通りすがりにぼそっとなどで看護師にいわれることもあった。

さすがに自分の精神・身体状況に危機を感じたため看護学校中退(2年の12月頃)。その後うつ発症。

3年という短い期間でのプログラムではなく4年 5年の機関を設ける。また、先生が生徒一人一人に協力的かつ寄り添うような教育方針に変えていく。

実態レポ NO.491~500

NO.491
人格否定、実習先で怒鳴る指導

個室に呼び出され「あなたはろくな看護師にならない」と言われた。実習には毎日行っていたが、少しのミスでイジメの対象となり見下されるような態度が続いた。

その教員は電動車椅子に乗っているのだが、電動車椅子の音が聞こえた瞬間に動悸が始まり、我慢しきれず逃げるようになった。食欲もなくなり、実習期間中は猛烈な吐き気が四六時中止まらなくなった。

他の先生に相談したが、他の先生も恐れて困っているモンスター講師であったため何も措置は取られなかった。 生徒だけでなく先生も困っていたため、怒鳴るような指導、お気に入りの生徒に手厚い指導をし、少しでも気に入らない生徒を徹底的にイジメ抜く指導をやめ、即刻辞職していただきたい。

NO.492
希望により掲載なし

NO.493
希望により掲載なし

NO.494
指導者(看護師)による暴言
レポートや関連図作成のために徹夜

精一杯努力したが出来なかったことに対して「やる気がないなら帰ればいい」
「なんで貴方みたいなのに私が時間を割かなくちゃいけないの?こっちは暇じゃない」等の暴言を実習中度々言われました。
やる気がなかったわけではありませんが、周りより理解が追いついていなかった自覚はありました。裏で問題児と言われていることを担当の教員から聞かされました。

そして特別厳しかった小児看護の実習は5日間でしたが、レポートと関連図作成のため毎日睡眠時間は実習生ほぼ全員2〜4時間でした。全く寝ないでくる人もいました。間に合わないと叱責されます。

実習中は精神的に非常に辛く、毎日泣いていました。萎縮してしまい、正直実習の内容より指導者を怒らせないことに集中してしまっていたように思います。10年も前のことですが、今だにたまに思い出しては自分の看護だけでなく人間性に自信がなくなります。

小児看護の実習中は身体的に辛かったです。少しでも睡眠時間を得るため、実習先の病院の近くに自費でホテルをとって宿泊していました。

指導者のことについて教員に相談しましたが、状況は何も変わりませんでした。指導者から見て私の学習態度が不十分だったと思うので一方的には責められませんが、まだ資格がない学生に暴言まで吐くような看護師が指導者の資格を持てる仕組みがおかしいと思います。
10年看護師をして思うことです。

そして、睡眠時間を削るような実習はストレスが強く得るものが少ないと思います。

NO.495
指導者からの「気持ち悪い」「何見てんねん」「嘘つき」「あなたは何も勉強してきてない」等の発言

指導者に報告するため、指導者に声をかけると
「今忙しいの見てわからん?💢」と言われたため、横で指導者を待ってると
「あんたはわからんやろけど、そんなにずっとこっち見て気持ち悪い、あ、見られる立場になったことないから分からんか~」と言われたり、

患者さんへの看護を1つ終わらせて指導者へ報告した際
「○○はしてないの?」と聞かれ「まだしてません」と答えると
「まだ?それ、元々するつもりなかったのに、今聞かれたからそう答えたんやんな?嘘つき」(後は具体的には覚えてませんが罵倒されました)と言われる。

疾患について質問されて答える→突っ込んで質問される→答えるを繰り返されて、分からない所が出てきたときに「はい、全然勉強してません」(後は具体的には覚えてませんが罵倒されました)と言われる。

他にも色々と人格否定されましたが10年前の事で具体的に覚えていません。毎日このような事がありました。

毎日泣いていたし、お昼後はもおにぎり1口がやっとというぐらい食べれなかったです。結局途中からその実習には行けなくなり、その実習は落ちて、再実習になりました。

実習場所にはその指導者以外の指導者もいて(計3人で虐めて来た人が1番多かった)、その2人には「ちゃんと勉強してきてたしやってた、休まなかったら実習は落としてなかった」と言われました。(それを言われたのは実習の評価が出た後です)

担当教員にはされてた事は報告して「辛い」と話していましたが、教員がいるときは指導者は虐めてこなかったので「私の前では何もないから注意できない」と言われました。(ちなみにその指導者は我が校のOBでその教員の教え子でもありました。
「あの子がそんなの事を・・・?本当に?」という感じでした。)

母に都度報告していたので、実習に落ちた事を伝えると学校へ指導者の名前と共に電話にて
「気持ち悪いと生徒に言う指導があなた達の指導なんですか?」等話してくれました。それで評価は変わることはなかったですが、話し合いはされたと噂で聞きました。

私の再実習は極力虐めの人ではなく違う2人が指導者でしたが、たまにその2人かがいないときは虐めの人でした。その人にも報告がいったのかは知りませんが、再実習でも嫌なことは言われました。1回目よりかはましでした。

次の年からは指導者からその人は外されたと噂で聞きました。(全て噂程度で、私自身母が学校へ電話したことに対しても先生からも話を聞くことはなかったです)。

NO.496
言葉・空気の暴力

全身清拭のテストの練習のために服を着た状態のモデル人形をテスト本番の状態(仰向けにした時の背中にバスタオルを1枚敷く、服は脱がす、上から別のバスタオルをかける)にしようと1人で動かしていたら
「それ患者さんだよ⁉️声掛けしなくていいの⁉️あなたそれされたら嫌でしょ‼️」
と言われ、事情を説明するも
「あなたが何をしたいのか全然わからない。看護師向いてないわよ」と圧をかけられ、泣いてしまった。すると「そんなに私が怖い???」と圧をかけられた。その先生と仲の良い先生はその場でこっちを見て笑っていた。

後で友達は○○(私の名前)は悪くないよと言ってくれたが以降その先生の講義が嫌になった。テストも手が震え落ちた。

生徒と教員の立場で生徒が自分の言葉で説明しようとしていたらバトルに持ち込むのではなく汲むように寄り添って欲しかった。対患者で過去に5年はやってきていたはずなので出来ないとおかしい。

NO.497
実習指導の教員からイジメに近い指導を受けた

老年実習の担当教員より「記録が不十分だ」と病棟実習後に毎回1時間近く指導された。

いじめ慣れている教員で、人格否定や誹謗中傷は言わず
「なにをしたいのかわからない」
「こんな計画で看護するのは患者さんに失礼」
「アセスメントが足りない」
などの言葉を繰り返す。

「何を書いていいかわからないなら全て書きなさい」と指導され、
<訪室時に右手でカーテンの真ん中を掴み、失礼しますと言いながら開け、片膝でしゃがみ込む。患者様の左斜め下より広角を上げ笑顔で「おはようございます」と目を合わせながら挨拶をする>
など到底看護には必要と思われない膨大で詳細な記録を要求される。

結果、日々の記録の文量を米粒のような字でA3用紙裏表にギチギチになるまで書かないと、実習の許可がおりないようになる。1日の睡眠時間は0〜15分。それが月〜金まで続く。当然金曜の疲労はピークになり、ふとした時に意識が飛ぶ。そこをその指導教員に発見され「実習中に寝るような人に単位は認定できない」と言われ、留年が確定した。

好き嫌いの激しい教員で有名であり、私の学年では他2名がターゲットになり「看護師は向いていない」などを繰り返し言われた結果、同1名は精神的に不安定に。その後うつ病の診断を下され、休学→留年となった。

私が単位不認定を下された時も
「看護師以外の道を目指したらどうか?」
「発達に問題がある可能性があるため、一度クリニックに相談してはどうか?」など心を折りにくるような発言が聞かれた。

補足となるが、私が実習で落とした単位は老年実習のみ。座学も中の中といった成績。他の教員とはご飯に行ったり、卒業後も個人的に連絡を取ったりしていた。

1番お世話になっていた教員からは「留年のこと聞いたよ。あの先生はね、うん。そう言う人だから。残念だけど運が悪かったと思うしかない。あなたの記録全て見たけど、私は問題なく受かってると思ったなぁ…」と苦い顔で言われた。 正直に言って、私個人問題ではなく、単にその教員が気に入ったか、気に入らないかと言うだけで留年にされたと判断している。

単位不認定(=留年)確定後は何時間寝ても強烈な眠気に襲われるようになった。立っていても寝る、車の運転中でも寝るなど。実習終了まで症状は続き、「そんなに眠れていないの?」と他の教員に何度も心配された。

どうにかしたくて残りの5ヶ月間の実習は毎日エナジードリンク1〜2本を使用。ほとんど効かなかったし、健康被害も予測できていたが、正常な判断ができず、依存的に常用していた。実習終了後は危機感を感じ中断したが、そこから10日ほどは体に力が入らず寝て起きての繰り返しで家から出られなかった。

また、人の評価や顔色を非常に気にするようになり、言葉の抑揚や声色に敏感になった(現在精神科看護師として従事しておりアセスメントに役立てられているのが唯一のメリット?)。

ハラスメント委員会に申し立てをした。

①謝罪と今後の実習指導の改善
②単位不認定の取り消しと再実習の希望
③単位不認定が覆らない場合は留年後の実習で担当教員の変更 の3点を要求した。
経過は長くなるため省略する。

結果として委員会からは

①謝罪をしてもらうことは可能だが、求めた相手があなたであることは予想がついてしまう。結局あなたが不利な立場になるため控えたほうがいい。指導内容の確認は行います。
②担当教員の判断を覆すことはできなかった
③担当教員は変更します
という結末に至った。

ハラスメント委員会が動いていることは当該教員の耳に入ったらしく、同年の他学生をうつ病に至らせた噂もまわり、<その教員は自主退職>。現在は東京の看護専門学校の教員をしているとのこと。 母校の後輩たちが安心して実習に取り組める環境を作れた一端になれたことが救いだ。

必要な取り組みとしては、実習中に学生のメンタルヘルスを第三者がモニタリングする機会が必要だと思われる。
当校では学生の意見がヒアリングされるのは各実習終了後のみ。現状ではつらい実習があっても耐え忍び、無事乗り越えてからしか意見を言えない。

当該教員はシステムを熟知しており、学生の評価日とその前日のみ私を褒めちぎり、高評価をつけさせようとした。疲弊し切っていた私は精神的に不安定であり、褒められたことに有頂天になり高評価をつけた。その翌日単位不認定を通達された。

NO.498
希望により掲載なし

NO.499
教員に罵られる
睡眠時間を削らないと書き上げられない量の看護記録(私の頃は手書きのみ)その記録を破り捨てられる

教員に「あなたたちは馬鹿ですか?」と罵られました。納得のいかない指導をされるのは日常茶飯事でした。友人は、実習指導者の看護師に、アセスメント記録(夜な夜な一生懸命書き上げた複数枚に渡る看護記録)を目の前で破り捨てられていました。

私はある期間、突然涙が溢れて止まらなくなることがありました。今思えば、うつ状態だったと思います。私のような子は他にもいました。

看護記録の内容や量の見直し(重複する内容の記録も複数あった)、実習期間内のスケジュールの見直し、記録の電子化(今は進んでいるかも?)

NO.500
30代の看護学生(Aさん)に対する教員からの暴言
Aさんは亡くなりました

「あなたは看護師に向いてない」と大きな声で言いながら強く実習の記録を机に叩く、
「歳がいってるから就職は難しい」と諦めの声かけをする、など Aさんはやめたい、死にたいと何度も思うと話していました。

学校で行われた匿名のハラスメント調査に記入しましたが何も回答は得られず、どのような対応を取ったのか全く分かりません。
Aさんが亡くなったあと、学年全体で集まった時に、Aさんの死を告げられ、
「Aさんの分まで国試がんばるぞー!エイエイオー!」と馬鹿らしいことまでやらされました。死を蔑ろにしているみたいで本当に許せない気持ちでいっぱいです。

講じられてないと思います。 ハラスメント防止委員会は設置されていますが

実態レポ NO.481~490

NO.481
電車の遅延で単位を落とす事になった

テストの日に電車が遅延し学校に電話したところ今は分からないので折り返すと言われ折り返しを待っていたが電話も来ず電車も動かなかったので帰宅したところもう試験は受けれないと言われたので、折り返すと言われ電話を待っていたという事は伝えたらそんな事は言っていないと言われ試験受けれずに単位を落とす事となった。

上記の内容の他にも理不尽が重なり精神的に不安定になり休学を経験した

一人一人言う事も違えば人を見た目で判断したり人の命を預かる人が人の心を壊すようなものの言い方で指導しているので、現場での経験をした人を教師にするのも良いが指導者としてのあり方をもう少し厳しい制度にしていった方が良いと思う

NO.482
始末書を書かされたときに、「人間として最低なことをしました」まで書かされてその時は人間の尊厳なんてなかったです。

教員はとにかく自尊心を低下させることを言ってくるし、生徒みんなが教員に怯えていました。10年前に卒業しましたが母校を恋しく思ったことは一度もありません。

県で有数の軍隊学校だったので、人生で初めて死にたいと思い、家族の前で死にたいと泣き叫びました。メンタルクリニックに通院し1ヶ月休学しました。

メンタルクリニックの処方薬を内服し、休学中はたくさん出掛けました。あとは自分のメンタルで乗り切りました。

NO.483

NO.484

NO.485

NO.486

NO.487

NO.488

NO.489

NO.490

実態レポ NO.471~480

NO.471
パワハラ

記録、看護計画が良くなかったらしく、書き直し、次の日に見せるように言われる。人格否定のような言葉も浴びせられ、泣いてしまったところ、もう来なくていいと言われた。

NO.472
希望により掲載なし

NO.473
体格いじり

私はとても体格が大きく(一般的にデブ、肥満と言われる体型です)、いじられキャラな事もあり教員から「体重何キロ?なんで痩せないの?何キロ痩せたの?」と先輩や同級生、他の教員の前で大声で聞かれたことがあります。

言わなければ言うまで問い詰め、言葉を濁すと機嫌が悪くなります。笑ってそのようなことを言ってくる教員を見て、先輩からも横を通る度に「太り過ぎあの子笑」と指を刺されて笑われてしまうようになりました。辛かったのですが、多額な奨学金を借りていたので休む・辞めることも出来ず耐えていました。

太っている私が悪い、100も承知でしたが何故笑いものにされなければいけないのか、何度も看護師の心構えを教えてきたこの教員にそのような恥を晒す行動を取らされなければいけないのか、その教員が学校の中でも上の立場の人間であるために反論することも無視することも出来ずにいました。

会わないようにしたり、急いでいる振りをしたりしていましたが、今ではもう慣れてきて笑ってやり過ごすようにしています。毎回傷ついてはいますが

NO.474
実習中、指導教員から不適切な指導をされた。

実習中、うつ病で実習の課題を終わらせることができず、出来ていない課題をそのまま提出したら指導教員に呼び出され、事情を聞かれて鬱病であることを言わずに(当時、うつ病であることを理由に配慮されるのが嫌だったため)

これ以上頑張れませんと言ってももちろん納得してもらえず、泣く泣く鬱病であることを伝えたら「鬱病でも頑張っている人はいる」「この状態が続くようであれば単位を認めることはできません、留年してもいいんですか?」半笑いで言われました。それを言われたときに自分の中で何かが切れ、キーっと金切り声をあげて号泣してしまいました。

当時は実習への恐怖があり 退学した今もなおフラッシュバック(指導教員から投げかけられた言葉を思い出す等)がある 一度、本当にしんどくなってしまいリストカットをしてしまいました。

泣き出したあと、教員の研究室に連れていかれ、さっきとは態度が全然違う感じでとても優しくて。「留年してもいい」「自分のペースでやっていくことを考えましょう」と言われましたが、そういう病人の扱いをされたくなかったです。

NO.475
希望により掲載なし

NO.476
希望により掲載なし

NO.477
看護学生の頃、病棟実習中に担当教員から指導を受けた際、執拗に嫌味などを言われてしんどかった。指導ではなくいじめだった。

実習記録の指導では
「できてない」
「わかってない」
と教員から言われ執拗に訂正を求められた。
自分自身も訂正してみるが行き詰まり分からなくなる状況であったため、相談するも、適当にあしらわれまともな指導はもらえなかった。

実習時に、担当教員の足に酸素ボンベが倒れたことがあった。自分がバランスを崩したため置いてある酸素ボンベが倒れてしまったことが原因。原因は自分にあったため、教員には謝罪し
「置いてある酸素ボンベに当たってしまって酸素ボンベが倒れてしまった」という趣旨の内容を伝えた。その後教員から個人的に呼ばれ
「あなたは謝らなかった。言い訳をした。まるで酸素ボンベが悪いかのように。自分に非がない言い方をした」を罵倒された。再度謝罪したが、聞き入れてもらえなかった。

もはや指導ではなくイジメのような感じであり、他の教員も心配する始末であった。(私がすごく号泣し、過呼吸になったため) 他の教員が心配した後は、嘘のように担当教員は優しさのある態度で接した方が、豹変する感じも怖かった記憶がある。

その担当教員が担当する実習期間中は3週間であったが、精神的にきつく肉体も疲弊した。家族で食べる夕食中に突然涙が出るなど、精神面のバランスが狂ってたと思う。実習を辞めたい、死にたいと言った感情が溢れたことも覚えている。

指導内容などは録音する。

NO.478
希望により掲載なし

NO.479
希望により掲載なし

NO.480
希望により掲載なし

実態レポ NO.461~470

NO.461
実習先の看護師からの無視

挨拶の無視があった

かなりの緊張をしながら実習をすることとなった

解決策なし、看護師の一般教養、社会的マナーなどの講習が必要

NO.462
言葉の暴言

①清潔ケアをするにあたり、必要物品を準備したが担当看護師が時間になっても来ず、お湯が冷めてしまい自分のせいにされた。

②実習中に報連相をしっかりしろと言われていたので、担当の○○さんのお部屋でコミュニケーションを取ってきます。と報告すると、「私に言われても、あなたの患者でしょ?」とため息をつかれた。

③挨拶を返してくれない

④男女で態度が違う。明らかに記録物が進んでない男子には、一緒に目標など考えてあげたりしていた。それが女子側だと、なぜ進んでいないのか詰められていた。

口内炎とヘルペスが数箇所できました。睡眠不足による眩暈で倒れました。

男女平等な態度を取ることができる人を実習担当にするべき。記録物の量を減らす。挨拶は返す。通常業務+αで実習担当としての業務で凄く忙しいのは実際に看護師として勤務しているから分かるが、学生にイライラをぶつけるな。初心忘るべからず。

NO.463
好き嫌いによる差別

私ではないですが、教員に好き嫌いがあり、嫌いな生徒は学内の技術テストで落とされることがざらにありました。

上記のことだけが原因では無いですが、退学した生徒もいました。、

何も無かったです。教員の好き嫌いで生徒をふるいにかけるのはやめて欲しいです。

NO.464
教授から「私のいうことを聞けないなんて、あなた達を教授会にかけます!退学にさせます!」と脅された

新人の指導教員の指導方法に不安を覚え、その指導教員の上司に相談したところ、私達の行為は教員への冒涜とされ、担当の教授に報告された。結果、教授が私達が不適切な発言をしたとして「教授会にかけて退学させる!それが嫌なら私たち教員に謝罪しなさい!」と脅してきた。

理不尽な対応をされ、実習の朝に大通りに飛び出したら楽になれるんだろうか、という気持ちになった。

大学ぐるみで私達を悪者して終わった事案なので、改善は全くされていない。未然に防ぐためには教授、教員陣の人格形成から行わなければならないため、不可能。看護協会自体を解体しなければならないと思う。

NO.465
嫌がらせ

実習中、実習先の看護師に話しかけても無視、ようやく返事が帰ってきたと思えば、こちらの声は何も聞かずに「学生だよね?そこで待ってて」と2時間以上廊下で放置。トイレに行きたくなり、トイレに行って帰ってくるとなんで待ってることも出来ないの?とお叱り言葉を受けました。

身体的な健康被害として、尿路感染になりました

学校の話がわかる先生に相談し、改善してもらうように実習先に話してもらった。

NO.466
実習の単位を貰えず、留年させられました。

実習終了3日前くらいから担当ではない先生が顔を出し始め、
「なんのために実習をやっているのか教えて欲しい。あなたの看護観は?」と病棟で問い詰められ、急に先生が来たことや急な問いかけに答えられなかったところ、


「今のあなたは実習に心が入っていない、単位のために実習をやっている」と決めつけられ、その日の放課後に呼び出され「このままだと落とします。」と言われてノートの訂正も求められたため、できる限りのことをして(残りの実習は全て徹夜で参加)最後の評価を言われる時には

「留年が確定した。あなたは実習に身が入っていない。毎日実習に来ていたとしても、それは当たり前のことであって、実習への誠意とはみなされない。単位はあげられない。」と言われました。

課題も全て行い、患者への看護も考えながら毎日自分なりにできることをして、関わっていたが、毎日私とやり取りをしていない先生が急にやってきて、単位を貰えませんでした。やったことをやってないと言われ、決めつけられ、落とされたので本当に悔しくて悲しかったです。

そのため、留年して再度同じ実習に行きましたが、先生が変わったためちょうどいい機会だと思い、落とされた実習と同じような内容のノートを作り同じような進度で提出したところ無事単位をもらえました。先生の違いだけでこんなにも変わるかと思いましたし、本当に理不尽でくそみたいな学校に入学してしまったと思っております。

私を落とした先生とのやり取りは全て録音してあるため、理不尽に落としたという証拠があります。いつか訴えたいです。

留年したため、一気に全てが変わりました。
内定を貰った就職先も断りを入れたり、ひとつ下の学年と勉強をしたり全て変わりました。 精神的には、私自身として病んだり鬱になったりする前に「相手が悪い死ね」と思うようにしているので被害はないと言えばないですが、友達が卒業し働いているという事実に辛くなることもありました。 支えてくれる友達は増えました。

評価基準を統一したり、職員内でのヒエラルキーみたいなのも関係していたりしたと思うのでそういったことが改善されればと思います。

NO.467
希望により掲載なし

NO.468
希望により掲載なし

NO.469
就職先について問いただされた。暴言。

①附属病院系列以外の病院に就職を決めると2時間職員室に拘束され、理由を問いただされた。(奨学金など借りてません。)

②教員から「存在自体が他の学生の悪影響」と言われた。 忘れられないエピソードを二つ。 日頃の人格否定や、無視などは普通でした。

精神的にダメージを受けました。

ありません。 自分で気持ちの整理をつけました。

NO.470
他学生との比較

精神科実習にて、担当教員から「Aさんは出来てるのになぜ貴方は出来ないの?バカなの?そんな人実習に参加させるわけにはいきません。計画ちゃんと考えてるの?」と言われ実習をさせてもらえなかった。

病院指導者にも「なぜ出来ないのか?」と叱咤されていたのに担当教員に守ってもらえなかった。最終カンファレンスでは私だけ臨床に出して貰えなかったがためにカンファレンス資料が上手く書けなかった。

担当教員は知っているのに最後の締めに「1人を除いてはしっかりまとめを書くことが出来ていた。」と言われた。辛すぎて脳が忘れようとしているのが精神実習だけ記憶が曖昧になっている。

精神実習の2週間だけで食べ物が食べられなくなり、記録を上手く書かないとと不安に駆られ夜も眠りづらくなった。体重が5kg減った。精神科だけは絶対に配属されたくないと感じた。

1日1日歯を食いしばって耐えるしかなかった。対策はなかった。 実習終わりに実習指導者の評価もこちらが出来るようにして欲しい。教授はたまにしかこないので…。

実態レポ NO.451~460

NO.451
実習中教員にターゲットにされ、言葉の暴力、差別を受けた

朝の計画を見せる際、私のみ話すこと、動き、準備する物品を全て計画に記入するように言われた。他のメンバーは求められていなかった。その際、「〇〇さんは頭の中ぐちゃぐちゃだから」と言われた。実習中、ほかのメンバーとは笑顔、冗談を交えながら楽しそうに話しているのに、私と話す時は真顔で、指摘しかしてこなかった。

食事が取れなくなり、実習に行こうとすると涙が止まらなくなり、実習を休んだ。

教務主任に報告し、事情の聴取、担当教員への口頭での注意が行われた。

NO.452

国試を落ちたら親の金を無駄に使っただけになると国試前に何度も言われてました! あと、国試を受ける年の模試で下位10位以内に入ると放課後机を職員室に運んで職員室で勉強したり、別室に集められ下級生からも下位10位以内に入るとわかるようになってました。

NO.453
希望により掲載なし

NO.454
大学教員からの過剰な指導

・結べない髪の長さなのに結べと怒鳴られる ・これ以上切ると爪が剥がれると言っても聞いてもらえず更に爪を切った結果怪我をした ・あなたには病棟看護師は向いていないとグループ全員が居る前で言われた

今年の9月ごろから始まる実習が恐ろしいと感じているため、3月時点で既に抑鬱状態です。

皮膚科に行き爪の剥離症だと診断されたため、今後は診断書を提示し過剰に爪を切る事は出来ないと申し立てしようと思いますが、まかり通るのかは分かりません。

NO.455
希望により掲載なし

NO.456
希望により掲載なし

NO.457
実習の担当看護師から威圧感のある言葉で指導された

教員から担当患者の食事の配膳をさせてもらいなさいと言われ、担当看護師に「患者さんの食事の配膳をさせていただいてもよろしいでしょうか」と尋ねると「ああ、いいんじゃない」と冷たい口調で言われた直後、「ねえ、その患者さんって食事の前に薬がある人だよね?一人でやろうとしたの?」と、ついさっき許可を出したようなことを言ったにも関わらず、遠回しにだめと言われたことがあった。

その他にも、入浴介助の際に「お風呂溜めて着替えも用意して、そこまでやってよね?私一切関わらないからね?」とまくし立てるように言われたりと、いちいち怖い言い方や物言いをされた。

動悸、抑うつ、不安感、恐怖感

NO.458
朝から数十分程罵倒される割にはどこが悪いかなどと言った指導はせず、人間性の否定を延々とされる

言葉の暴力

実習中涙が止まらず患者さんのところに行けなかった

解決策なんてなくてただ時間が過ぎるのを待つだけだった。実習グループでは1人できない子を担当教員がピックアップしてその子を責めていくやり方をよく見た。

NO.459
希望により掲載なし

NO.460
担当教員からの人格否定

担当患者に手紙を書けと指示され、
「患者さんの優しいお人柄に助けてもらいました」という旨のことを書いたところ、教員に呼び出され、「患者さん優しいって、そんなこと思ってないよね?」と言われた。いえ、本心で思いましたと言っても
「いや、どこからそう思ったの?違うでしょ」
「え~、本当に?本当に患者さん優しいですねって思ったの?」と自分の気持ちを決めつけられ、人格を否定され、最終的にはなぜか私のコミュニケーション方法が悪いというようなことをまくし立てられた。

その場で泣いてしまった

ハラスメントがあったかということを匿名形式で伝えられるようなツールがあればよかった。

実態レポ NO.441~450

NO.441
やっていないことをやったことにされ責められた

受け持ちのガン末期患者さんの臨終時、下がっていろと言われて部屋の隅で立ち会った。その場にいなかった指導者に、スタッフの邪魔をしていた、でたらめな報告で混乱させたと責められた。

酸素を入れている患者さんの前で、通常酸素投与はいくつくらいかと質問があり教科書通りに答えた。「全然違う!ちゃんと目盛りを見ろ!」と叱られたが、その計度には小さく目盛り✖️10が正式な数字と表示されていた 実習期間中に夜間39.3度、当日の朝38.5度だったが休むことは許されなかった

看護師の人間性を信用していない

学校の先生は、実習をさせていただいている立場だからと何もしてくれなかった 学生の心のケアをしてほしい

NO.442
教員からの人格否定

「あなたは友達がいない」
「看護師に向いてない」
「お前の親は頭がおかしい」
などの教員からの人格否定的発言。

ナースステーションでの発表課題への助言を求めた際、アドバイスなど一切なく
「自分で考えろ」と突き放し、発表時言葉に詰まると
「こんなことも出来ないのか、迷惑だからどっか行け」と実習担当教員に突き飛ばされる。

実習担当患者の手術見学の際、お昼休憩に行こうと実習担当者に報告に行くと
「自分の休憩なんかより観察したら?」と高圧的に言われ、その日は昼食が取れなかった(1日休憩なし)。

提出課題レポートが5回ほど再提出になり、助言もないしもうどう直して良いか分からず、1回目に出したものをそのまま提出するとそれが合格になった。課題の合否は教員の気分次第。適応障害になり、実習場所の病院を受診すると医師は学校側の肩を持つことばかり言い、どんどん強い薬を出されて症状はひどくなっていった。

実習場所でパニック発作を頻繁に起こすようになり、適応障害の診断を受け休学を繰り返し、薬では全然回復している気がしなくて不安な気持ちからODを繰り返し、自殺未遂をして学校をやめた。

それからもう10年経つが適応障害だったものがうつ病になり、今は障害者手帳を受けている。パニック発作も相変わらず出現するし、もう、フルタイムでは働けない

私は学校をやめて地元に戻り、病院を変えて今の主治医のお陰で薬を自分に合う、依存性の低いものに変えてもらい自殺企図やOD治まって、うつ病にはなったが寛解に近い状態で落ち着いている。 あの時、1番辛かったのは助けを求めた病院も話を聞いてくれず学校側に付いたことだった。

もし、学校のそばに中立な立場のカウンセラーやメンタルクリニックがあったり、人格否定をしてくる教員を咎めてくれる教員が居てくれたならどんなによかっただろうかと思う。

NO.443
希望により掲載なし

NO.444
看護学校の教員から貴方は向いてない患者を傷つける任せたくない等、様々な人格否定

看護実習の際、教員が実習グループの生徒の中に標的を決め、他の人が許される事も標的になった人は何もかも許されず、ため息をつかれたり貴方のせいで時間がかかるなど皆んなの前で長時間怒られ、謝罪改善点を述べても貴方は信用できないなど人格否定され続けた。

国家資格に合格し病棟で働くもその時、教員に言われた事がフラッシュバックし向いていないのかもしれないという思考になり鬱病発症。結果病棟から離れ別の職業で働いています。

教員同士も暗黙の了解という感じで相談してもしょうがないという雰囲気だった為、外部の方が関与するべきだと思います。 又、窓口になるような相談場所が必要だと思います。

NO.445
教員による暴言は日常的。

教科書を忘れた際には、看護師にとって忘れ物は医療ミスにつながる。看護師に向いていない。退学した方がいいと言われた。

暴言がある教員の授業の前日からの吐き気があり、恐怖で眠れなかった。

他の教員に相談できる環境ではなかった。看護師になるための学校ではなく、いかに暴言に耐えられるかのようになっていた。看護学校なので看護師になることを応援してほしい、圧力をかけ相手を萎縮させるやり方はパワハラとして訴えることができる世の中になってほしい。

NO.446
看護ステーションの前で説教、他メンバーと比較して指導の時間が多い、こうしたら評価が上がるかもと言われたが評価上がらず不合格、ほかの実習が落ちているからとある実習も必然的に落とされる

あるプリントを貰い忘れたので取りに行くと担当教員に相談。念の為指導者に伝えに行ったが、指導者に取りに行くから待っててと言われ看護ステーションの前で待つ。待っている時に教員が来て、なぜ私に言わないのかとその場で一方的に怒りをぶつけてきた。

他メンバーは指導の時間が30分ほどだったのに対し、私だけは1時間。これが足りないあれが足りないと言われメモを取るが多すぎるため自分ではやったつもりでも出来ていなかった。指導の時間がただただ苦痛でやりたくなかったがいつやるの、と毎日聞かれ予定に入れた。

中間評価の時あなたはここ、それぞれの項目に対してほぼ1番下の評価だと指摘される。頑張れば上の評価になるかもしれない、と言われたが結果変わることなく不合格。

1つ目の実習が落ちたからほかの実習を頑張ろうと思っていたが、ある実習はもう落ちているからと言って不合格前提で実習に行かされる。 実習に行く、行かないの選択をさせられる。行かない場合は教員と看護過程をやったが実習をしているため遅い時間になる。

私の時には5人くらい留年して、上から落ちてきた人が必ずいた。3年留年した人もいた。だが、次の年は全員合格したと聞いた。 担任は看護師になれないよ、とクラスの人何人かに言っていた

行くたびに毎日お小言言われたのであのまま続けていたら精神的に無理だったと思います。 ここでは看護師になれないと思いほかの学校に行く選択を取りました。

何もしてません。落ちたら落ちたでおわり、留年です。見捨てられて、またお金払って落ちての繰り返しです。

実習の評価教員1人だけではダメです。教員の好き嫌いによって変わってしまう場合があるから。実習落ちたとしても何かしらの措置を考えて欲しい。落ちた人の人生をなんだと思っているのだろうか。また次の年も同じ値段を払わなければいけない。負担も考え欲しい。生徒のことも考えられないのなら患者さんのことなんかもっと考えられない。

NO.447
希望により掲載なし

NO.448
希望により掲載なし

NO.449
同級生が顔が気に入らないという理由で実技試験を毎回落とされていた(ペーパー試験では点数で明確になりますが実技試験は当たる教員による運が大きいため)

上記の友人は2回留年させられてた

倫理委員会に訴えた

NO.450
コロナワクチン接種を強制

コロナウイルスのワクチン接種は現在看護学生であっても任意です。しかし、一度も打っていない時に、打つことを強く促され、打たないのであれば毎日1日の行動予定を書いて提出するように言われました。

両親もコロナウイルスワクチン接種は反対でした。私自身も安全性を疑わしく感じていたため、接種によって精神的に苦痛を強く感じました。

コロナワクチンの接種をやむを得ずしました。

実態レポ NO.431~440

NO.431
希望により掲載なし

NO.432
実習中、その看護を行う根拠を教員に上手く伝えられず患者さんの元へ行かせてもらえなかった。

前日に立てた看護計画に基づき実習を行うが、その看護を実施する理由が足りないと引き止められた。 6人グループだったが私だけ詰め所に残り、なぜこの看護が必要なのかを正解が出るまで問われた。
「⚪︎⚪︎だからです」と言うと
「で?」「だから?」「それは当たり前」「根拠は?」
など言葉でプレッシャーをかけられ思考が停止してしまい考えられなくなっていった。

この教員はいつも無表情で感情が読めず、常に怒られているように感じた。 スタッフが働いている中、詰め所の隅で問い詰められている状況が恥ずかしく、申し訳なく、いたたまれなかった。

その後の実習でも完璧にやらなければいけない、根拠を探さなければいけない、計画をしっかり立てなければいけない…など『失敗をしてはいけない』プレッシャーが常につきまとっていた。 できていたこともその教員の前では緊張してできない、ということもあった。

解決策は看護計画をその時点の実力で完璧に立てること、わからないことを無くすくらいの準備をしていくこと。

教員は学生を問い詰める必要はないと考えている。わからないなら何が分からないのか、何が足りていなかったのか、根拠に辿り着くまでのヒントを与えるなど、看護師として働く面白さを伝えてほしい。

教員自身の態度などを学生が評価する機会があってもよいのでは。

NO.433
希望により掲載なし

NO.434
資格受験させてもらえなかった

高校の看護科に通っていたのですが、進路に迷っていたのでとりあえず簿記や秘書検定など看護以外の資格を取りたいと先生へ打診するも、それらの資格受験するなら看護科を転科、もしくは退学してもらうと言われ精神的に追い詰められたし資格をとる機会を奪われた

精神的に追い詰められたような気持ちになり、高校生の時期という大事な時期に資格を取り損ねた

多様性を大事にしてほしい

NO.435
再試を受けさせて貰えず留年

再試の確認が出来ておらず、再試当日に友達からの連絡で知り科目担当と話したが、優等生ではないからと再試受けれず一つの科目のために(必修科目じゃない)留年した

母子家庭でお金に裕福でなく自分で稼いでいたので学校側の判断で余計な90万と何もしない1年ができた

諦めた

NO.436
無視、言葉の暴力

朝の挨拶や行動目標を伝えようとしても、実習担当看護師に避けられ無視され、ほかの看護師たちとヒソヒソ笑われました。

担当看護師が手を洗っている時に
「行動目標をお伝えしたいのですが、今お時間よろしいですか。」と声をかけると
「今手洗ってるの分からんのか」と怒られ、その後なかなか看護師に隙がなく、看護師同士談笑している所に勇気をだして声をかけると
「はい??なんですか?」
「うわ、泣いてるわ」と笑われました。

実習担当教員にその旨説明し、説得してもらったことでなんとか行動目標を発表できたのですが、
「洗髪をまだしたことなくて、こういう手順で行うので一緒に付いて下さいませんか」
「わかりました」というやり取りがあったにもかかわらず、教員が居なくなると無視。
洗髪も放ったらかしにされ、時間を作ってくれた教員と一緒に行いました。

実習当日は涙が止まらなくなり、その後実習病院に行くと腹痛や眩暈がするようになりました。

教員が病院の実習担当に状況説明後、該当看護師が教育から外されました。 実習の方法や学生との関わりについて、研修を受けるべき。

NO.437
指導教員と実習先の指導看護師から暴言を言われた。

看護師に向いていない。 記録が出来ていない。やる気あるの。 喋り方が気に入らない。 具体的な指導や説明もなく頭ごなしに叱責する。 叱責時は他の実習生、職員の前で怒鳴り散らされた。

精神的な身体的な健康被害 不眠、食欲不振、体重減少(一週間で3キロほど減る)実習期間になると生理不順になる。倒れた。

記録や患者さんの接し方でどこがだめだったのか具体的に適切に指導をしてほしかった。

NO.438
教員による人格否定、進級に関する脅迫を受ける。反省文を回し読みして笑われる。反省文やレポートの受取拒否し単位を意図的に落単させようとする。退学時の尋問。

実習指導兼学年担当教員から
「あなたみたいな人が看護師になれると思う?」
「私が患者ならあなたみたいな人と喋りたくない」

「私が嫌だと思ったら(病院側の)評価よくても私は(合格の)判子押しません。言ってる意味理解できる?」と人格否定や嫌いだから進級させない等の脅迫。

「悪い見本」として他の生徒の前に立たせられる。いじめや仲間外れが発生すると孤立した側の生徒を教員が一緒になって人格否定し、その流れで自分も人格否定される。

同じ内容の反省文を何度も書き直しさせられ目の前で他の教員に「見てこれ」と笑いながら回し読みされる。実習レポートを期日前に提出すると人格否定され書き直すよう指示される、締切日に受取拒否される。退学希望時、職員室と校長室に一人で行き、教員が納得するまで説明するように求められる。

学生の9割が寮生活の為、学校と寮ともに孤立した。
パワハラが始まってから誰も目を合わせてくれなくなり無視されるようになったので、同年代の人間と関わるのが怖くなった。

話した事や書いた文章を裏で馬鹿にされているのではと思うようになった。不眠や過食、過食嘔吐、月経不順など精神・身体的な不調が生じた。

上級生の退学率も高く、パワハラやいじめが当たり前の環境であったので特に何も対策はされていないと思います。自殺者も出てしまったので。

パワハラやいじめをした教員は名前を公表されず、保健所など別の部署へ移動するだけで罰せられていない為、悪い事をしたのならそれ相応の罰を受ける制度が必要だと思います。

NO.439
指導看護師の言葉の使い方。

退院指導の媒体として作った患者さんへのパンフレット。患者さんに渡す前に教員に見せ許可がおりたので、指導看護師に見せると
「こんなのあなたの自己満でしょ」と言われたこと。

その場で泣いてしまいましたが指導看護師は私を見てるだけで私がすみませんと謝るまで黙っていました。その他にも言葉の暴力や否定はありました。10年以上前ですが、そこの病院名だけいまだに覚えています。

実習期間は予習復習、計画書、指導時に注意されないよう恐怖もあります。その他に睡眠時間を削ってまでも色々な物を準備します。実習一つの単位で留年がきまることもあります。みんな必死です。

幸いな事に寄り添う教師が多かったのですが、現地の指導看護師のレベルはピンからキリまでで最悪でした。

今思うと10代の若い子にいい歳した大人達がいじめのように指導するのはどうかと思います。自分が指導する側に立つとより分かります。実習指導する看護師も教師も必須として勉強会に出向き、指導の基本や寄り添い方を一回だけなく定期的に学ぶべきだと思います。

NO.440
希望により掲載なし

実態レポ NO.421~430

NO.421
実習期間中に学生担当看護師と病棟師長、担当教員から個室に隔離され一時間以上罵倒された

看護師に向いてない、何を言ってるかわからない、早く答えて、どういうつもり?、常識がない、など全て高圧的詰問口調大声で怒鳴られた

何時間もかけて書いた実習記録に上から穴が開くほどバツや矢じるしなど何度も書かれ塗りつぶされた

言動を監視されていたようで病棟であった出来事を校内で教員から、学校であった出来事を実習担当看護師からなじられた

実習記録の内容の出来に関わらず、教員の好みに達していなければ受理されず実習に行かせてもらえない

実習記録は患者さんの個人情報保護の為、校内でしか記入、修正出来ないにも関わらず学習時間内には到底終わらない課題を課す

課題には正解がなく、実習指導者や教員に気に入ってもらえないと受理されない

42人で入学したが中途退学者や留年者が続出し一緒に卒業出来たのは23人だけだった

看護学生から見ても合格、不合格が納得がいく一貫した実習達成評価の提示が必要
実習指導者や看護教員にも指導教育のカリキュラムを徹底させると共にハラスメント講習受講を必須要件にする

NO.422
言葉の暴力、無視

自分が質問をしても「自分で考えれば?」と言っていたのに対し、 それを見ていて引いた他の生徒(同じグループ)が同じ質問をしたら懇切丁寧に回答していた大学教員

NO.423
希望により掲載なし

NO.424
寮での生活だったのですが新1年生として入学してすぐブチ切れドッキリというのをされました

ブチ切れドッキリといって食事にわざと髪の毛などを混ぜ、それを全て捨てて後で部屋に来いと呼び出し、その後部屋で1時間以上正座させられ、足は土煙色になりながら学校やめろよなど言われていました。 また顔を白塗り(強制)にし、先輩の前で芸をするという無茶振りもありました。 ただの恥さらしでした。

そこから不安障害、鬱になりました。 人を信じることも怖くなり過呼吸をおこし自傷行為を行っていました。何度も死にたい。生きたくないと思いました。

何も対策されていません。 そのせいで学校を辞めた子もいます。 伝統だからと言われましたが私たちの世代では全て取りやめて今後に繋げないようにしました。

NO.425
人間否定、テスト受けさせたくない 等々

実習の事前学習の内容は必ず周りと比較され、質よりもノート何冊やってあるかの基準でした。

私は18で専門学校に入学しましたが2年目で体調を崩して授業の出席日数ギリギリになってしまいました。その時に教員Aからテストを受けられる時間数は受けているのに”そんな出席日数でテストを受けさせません”と言われました。

また、違う教員Bには実習の記録指導中に”あなた本当に日本人?20年間どこで生きてきたの?”と言われたこともありました。実習中で心身ともに疲弊しており、私にはそのひとことがとても重く、泣きながら帰宅したら記憶があります。この頃には学校を続けるか辞めるか悩んでいましたが待ってくれている患者さんのために実習には頑張って行っていました。

その頃にはすでに心身共に疲弊しており、たしか実習記録の指導中に教員Cから記憶にないですが明らかにおかしい発言がありました。泣きながら帰宅し親に話をし学校に電話を入れてくれました。翌日謝罪しますと言う内容で終わりましたが、翌日朝呼び出され教員Cの元に行くと”私は間違っていないので謝罪しません。謝罪する理由がわかりません”と言われたこともありました。

結果として、その学校は退学し退学理由には”学校の教員によるいじめにより心身共に立て直しがきかなくなったため”と記載して提出し受理されました。

慢性的な睡眠不足、不眠症、貧血、原因不明のめまい、食欲低下、食べても嘔吐

解決策は何もなく、教員は自分たちは間違っていないという態度で終了しました。 看護学校の教員にも看護師免許の他に教員免許やモラルなどの徹底した教育が必要だと思います。

NO.426
理不尽に怒られた

配膳をしていて少し遅れたため、グループの子たちは昼食の挨拶が先に終わってしまっていた。2分後ぐらいに私が挨拶を終えたあと、先生に「報連相できてないよなあ、なんでこうなるんやろ、おかしい」と怒られた。しかし、挨拶を先にするように進めていたのは先生だった。

覚えていないが、私だけグループの文句を言われた後に「忘れて」と言われた

解決策はない、ポートフォリオ返却の際、文句を言った。「もういいです」と関わることをやめた

NO.427
病院の看護師に無視をされたり、正解するまで実習をさせてもらえなかったりした

病棟看護師に感染の4兆候(本来は3兆候)は?ときかれ、3兆候では?と思い、3つ答えたら、あと一つは?と言われ繰り返しみんなの前で問いかけが終わらなかった。

昼まで続き、休み時間に調べたら感染経路は4つあった。 昼休み明けに感染経路の4つを答えると、呆れた顔で感染兆候(3つ)を言われた。 3つじゃないですか、というと、数の問題じゃない。と意味不明なことを言われた。

やる気はなくなった

教員に伝え、注意いただくようになった また午前中を問いかけで過ごすのはやめるように言ってくれた

NO.428
希望により掲載なし

NO.429
暴言、過剰な課題

ある実習にて、病院が開く7:30には病院の学生待機室にいなければならなかった。正規の実習時間は9時からでした。

こんなんで看護師になれない、看護師になる資格ない、看護師向いてないんじゃない?など言われました。夜寝ずに考え書いた記録をみて言われた言葉です。教員が納得いく内容が書けないと病棟にすら降ろしてもらえませんでした。

実習がおわっても、その日の振り返りがきちんとできないと、教員から、これから夕ご飯作らなきゃ行けないんだけど、など言われながら19時まで病院に残されました。なんとか病院を抜け出しても、病院の寮に帰り寝ずに記録を書きました。その時は遠くの病院に実習に言っていたので寮を借りて家事なども1人でこなすしかなく、食事もまともに取れませんでした。そんな実習が3週間でした。

3週間の実習で体も心もボロボロでした。

なにもありませんでした。

NO.430
実習期間中に教員より人格否定の暴言

教師より
「あなたの笑顔は人を不快にさせる」
「あなたができるなんて誰も思ってないんだからね」
「あなたがしていることはただの自己満足、きもちがわるい」と発言あり

教員3:自分1で面談をし、自分の実習態度が悪いと他教員から聞いている。どういうことか。と質問させるがこちらの発言は聞き入れられず説教だけ。看護師向いてないといわれた

就職した後も教員の言葉がトラウマになり、うつ病を発症しました。教員と接点がない職場に就職しましたが、教員の言葉が今でも頭に響いています

なし
教員はもうクズばかりです

実態レポ NO.411~420

NO.411
看護実習中の指導の中での暴言

実習中のミスをした私に対して「認知機能が低下している」といった発言

土日2日間起きることがほぼできない

とくにない、

NO.412
スタッフに怒鳴られた

実習の際に男性スタッフに患者さんの前で怒鳴られながら指導をされた。

課題も授業もろくにやらない生徒達に自分のとったノートの内容を全てハイエナされた。それなのに実習中は私に何も協力してくれない。

看護師さん達にずっとできないなら帰れと言われた。

実習後の発表会の際に毎回自分の受け持ち患者さんを発表しろと押し付けられた。(本来は上手くいかなかったケースを皆で再度考えていくもの)

帰れ、なんでわかんねえんだよ、いらねえよ、どっかいけと怒鳴られた。教員は守ってくれなかった。

脳神経外科の男性の患者さんからセクハラを受け、教員に相談したが脳が損傷してるという理由で何も対応されない。

長期の実習中、朝起きると身体が思うように動かず、無理やり起き上がろうとすると脱力してしまうことがあり、実習に行けなくなりました。
その後教員との面談後、教員に連れられ系列の病院に受診し、うつと統合失調症を発症しました。
休学しましたがそのまま系列の病院に通院することになり、奨学金を受けている同期と鉢合わせることがあり、クスクスを笑われたり、わざと「おーい」と笑いながら声を掛けられたりとストレスが重なり、悪化、双極性障害も発症しました。

その後自殺企図を起こし退学しました。母親は私の味方ではなく、私の話を最後まできちんと聞いてくれませんでした。それがより辛く、その後約2年間は部屋から出られなくなりました。

急性期実習先の病院が遠く、無駄な時間を削られていたため、癒着せずに近場にしてほしかった。もう少し生徒との対話の時間があれば良かった気もする。教員に話したいことがあってもそんな時間は3年制の専門学校にはなかった。課題も学習内容のまとめも記録物も全て手書きなのは早く無くしてほしい。記録者がわかるという利点は電子カルテが使われてる現代には通用しない。

NO.413
希望により掲載なし

NO.414
希望により掲載なし

NO.415
希望により掲載なし

NO.416
実習の記録を確認して頂いてる際に覚えていない事を否定された。

実習終了後、記録を確認して頂いてる際に、行った覚えのない看護行為に関して、「行った覚えがありません」と言ったら、「そんな事はない。まだ若いのだから。」と、看護行為を行った事にされ、記憶していない事をないことにされた。

信頼していた先生なだけあって、学校教諭を信頼出来なくなり、退学しました。

対策は何も行われませんでした。

NO.417
骨折していたのに「やる気の問題」と嫌味を言われた

2010年4月入学、5月の学校行事の体育祭で、左楔状骨骨折して、歩いて病院に行きました。骨折していたら、歩けないとか散々言われました。通院しましたが、痛くて実習が受けれないのに、嫌味を言われました。結局、退学しました。

指骨骨折の誤診があり、そんなに痛い訳ないとか、やる気の問題やって言われました。歩行して、病院に行ったため、足の腫脹が激しくて、痛みがなかなか引きませんでした。

退学して、しばらく手術のため、働けなかったです。

学校行事で怪我をした場合の学校の責任問題や救急搬送はしてほしい。

NO.418
教員に看護師向いていないと言われた。

実習最終日、呼び出され、教員に「もう自分でわかったでしょ?。看護師に向いていないこと。貴方は3年生(当時2年生)になったらついていけなくなるよ。」と実習中に個室で一体一の状態で吐き捨てられて、部屋を退室させられた。

心療内科に通院し社交不安障害と診断された。

電話に出たり、電車に乗ったり、人前で食事をとる際に位置を気にしないと行えなくなった。(電車では周りの人と離れる・座ることが不可、食事は後ろから見られる可能性があるのは無理壁際でしか食事が取れないなど)(1年以上たち今はほとんど無くなった)

別の実習が始まった際に、その次の実習がその先生が担当であったため、予期不安が起こり全く関係の無い(その時の)実習への影響が出た。 向いてないと言われたことがずっと心に残っていて今でも忘れられないため就活して”看護師”として働くことが難しくなった。そのため看護師の資格を生かした職の試験を受け就職した。病棟看護師にはなれない。なりたかった。

直ぐに心療内科に受診し、処方してもらい薬でコントロールを早めにできるようにした。 予期不安が起こってしまい問題になったため別の教員に相談をし、教員の変更をして頂いた。 一体一になる場面を無くしたり、生徒への定期的なアンケートや相談などの機会を作ること。

NO.419
実習指導中、私の態度が気に入らないとその後の指導を一切しなかった。

実習指導中に教員より記録指導を受け、私が他学生にそのことを伝えた態度が気に入らないと突然怒り出し、その後一切の実習指導をしてもらえなくなった。

教員には直接謝りに行ったが受け入れてもらえず、私だけでなく同じグループの学生も指導を受けられなくなった。他教員も間に入ってくれたが、その教員は聞く耳も持たず、結果他教員から指導を受けることになり、他教員に多大な迷惑をかけた。 私自身も大きなストレスを受け、その後胃潰瘍を発症した。

NO.420
暴言

実習後の指導の際、担当の教員に「あんたは人しての優しさが欠落している。」と言われた。その前にも、受け持ち患者に対するケアに個別性がないことを何度も言われていた。自分なりに何時間も学習して、計画を立てていたつもりであったが、担当教員にすごく傷ついた。

学校を卒業して10年以上経っているが、今でも思い出して嫌な気持ちになる。トラウマになっており、仕事で失敗したときに何度もフラッシュバックする。

今もなにも解決策は講じられていない

実態レポ NO.401~410

NO.401
希望により掲載なし

NO.402
私は受けていないが、クラスメイトがセクハラを受けている

襟元に手を回す、髪に触れてくる、下の名前で呼んでくる

セクハラに対して嫌悪感を感じ、学業に集中出来ない

揉み消されると思い、教員には相談していない

NO.403
実習期間中の自分に対して明らかに周りよりも厳しい指導

実習の際、担当教員からの指導が明らかに厳しかった。言い方も強く、他の実習メンバーからも
「〇〇だけあたり強くない?」と言われるほどだった。

記録物を修正する際も私ののみ後回しでほとんど見ず、ギリギリになってから修正点を多く言われ
「こんなこともできないのか」
「今まで何をしてたんだ」等強く言われた。担当教員の評価となるため、私のみその実習単位を取れず再度実習となった。

実習は休むことなく行ったが、毎日実習前にストレスから三叉神経痛や動悸、冷汗、不眠があった。心療内科にかかり、強い抑うつ状態と適応障害と診断され服薬が始まった。

再実習となったことで時間が奪われた。その前よりも暗くなり笑顔が少なくなり、人との関わりが少なくなった。また、教員や看護師に対して不信感を持ち看護師自体が嫌になった。

再実習となり、担当教員が変更され、単位は取得できた。 実習では教員を複数人配置するべきだと思う。また、実習の後に持ち帰りで記録をすると睡眠時間が少なく心身ともに負荷がかかる。記録の時間も加味すると実習時間を大幅に超えており、仕事として考えると労働基準法違反になると考えるため、実習時間内に記録をする時間を設けることも必要だと思う。

NO.404
「記録は絶対」を言われた

大きな事件ではないですが、産科実習で妊婦さんにずっとついて、テニスボールで陣痛緩和の対応をしていました。
9時から19時とかまでずっとやってました。 17時になり、実習が終わる時間になったのですが
「生まれるかもしれないけど帰るの?」って言われてとりあえず残ることに、、、
19時まで対応しましたが生まれる気配がないため、帰宅になりました。 その時も、
「夜生まれるかもしれないから連絡は出れるようにね。ここまで頑張ったのに、出産に立ち会えなければ意味ないでしょ?」と言われました。


手も痺れて、感覚がない状態だったので教員に
「手の感覚ないです。記録かけるかな」とこぼしたところ
「大変だったね。今日の記録は明日じゃなくて最終日まで待ってあげるよ。特別だよ。でも、お母さんは頭の中寝れない1日を過ごすんだよ」と言われました。 優しい先生だったので、にこにこ言われましたが、頼ってもダメかと感じました

実習ってこんなものかと思ったのと、友達が支えてくれたこと、看護師になってからのほうがもっと辛かったなという印象です

NO.405
記録を教員に見せたが「全然書けていない」と言われたため、アドバイスが欲しいと話すと「あなたには文章能力がないのよ笑」と言われた

Aさん:担当の教員
Bさん:実習の総責任者

Aさんに記録を毎日提出するが、毎回記録の書き方が違うと言われ具体的な指導がなく、やり直しの記録が増えていくばかりだった。
具体的なアドバイスが欲しいと伝えるとAさんは「うーん。」と考え、私に手招きをし私の耳元で「あなたは文章能力がないのよ」と小声で笑いながら言われた。

違う記録のときも「書けていない。」とだけ言い、指導をしてもらえなかった。また、みんなの前で「本来なら記録が書けていないと実習には行かせないんですけどね。」と怒った口調で言ったり、「私の記録ではないので教えることはできないです。」と言われたりした。

最終的にBさんにAさんから記録の指導をもらえないと電話で伝えた。次の日、3人で話し合いを行い、それ以降はアドバイスをもらえるようになった。 Aさんの言い分としては「〇〇さんはもっとできる子だと思って何も言いませんでした。」と言われた。 最後にB教員がいなくなった後にA教員から「なんで話したのよ。」と言われた。

「記録が書けていない」とまた言われるのではないかと思い、全然書けなかった。どう書いたらいいのか分からないし、みんなの前でまた怒られるという恐怖で尚更書くことができなくなった。

夜はその恐怖でずっと泣いていた。寝ると明日が来てしまうため、寝たくないと思うようになった。寝る時間が少なく精神状態が不安定だった。(実習がない土・日でも涙が出ていた。)

両親にもそのことを話し、B教員には大学を辞めるとまで話していた。B教員から2日間実習を休み、休息を取りなさいと言われた。(2日間休んだ分の点数は引かれます)

・Bさんが実習先に出向いてくださり、記録の指導をしてもらった。

・AさんとBさんと私の3人での話し合いの時間が設けられた。

・休んだ2日間は大学でBさんと話し合いの時間が設けられた。

〈Bさんから聞いたBさんがAさんに話した内容〉
前提としてまず学生だから、何も分からない状態であって完璧を求めるわけではないこと 記録を含めた実習のサポートしていくのが教員の役割であること

〈防ぐために〉
・担当教員以外の教員に気兼ねなく相談しやすい環境を作ること。 (Bさんとの会話は電話が初めてだったため、とても緊張した。また、相談してもいい内容なのか、記録が書けていないのは自分のせいではないかなど考えてしまい相談するのが遅くなってしまったため)

NO.406
希望により掲載なし

NO.407
実習中、患者さんがいる前で指導を受け性格を否定されるようなことを言われました。

患者さんの前で「そんなことしかできないのはあなたの性格のせいね、そう育てた親が悪いのね」と言われました。

NO.408
無視されたり強い口調をされた

指導者さんに実施する看護の許可を得るために説明をした際に無視されたり、それなんでやるの?と強く圧をかけられたりしました。

また、慣れない環境で物品の位置が分からなかったため指導者さんに尋ねたところ、
「○日もいたのにこんなのも分からないの?」と言われたり「邪魔」と言われたりしました。忙しい中対応してくださっているということは理解していたのですが、十分に休息もとれていない中このようなことを言われたためかなり心に刺さりました。

心が辛くなって、毎日泣きながら実習に行っていました。時には親に辞めたいと電話をした日もありました。食事は喉を通らず無理やりゼリーを飲み込んで耐えていた時もありました。

学校の教員には、
「忙しい中対応してくださってるので自分からもっと前に出てください」
「現場はこういうのが当たり前です」
と言われたため特に解決策などはありませんでした。 実習中の病院での味方は誰もおらず泣きそうになりながらやってました。 学校側は何もしてくれないので自分でひたすら耐えるしかないと思いました。

NO.409
実習中にとろいとカートで押される

基本的に無視、デブだからとろいと罵られる

精神的苦痛

なし

NO.410
希望により掲載なし

実態レポ NO.391~400

NO.391
言葉の暴力

私は学校教員ではなく、実習先の看護師にいじめを受けました。
指導とまとめれば指導なのかもしれないですが。報告、連絡、相談を教員にも相談し、実習担当看護師に相談していましたが
「あなたの考えは看護師に向いていない。足りない」と何度も言われました。教員にも相談していましたが、いつのまにか教員も実習担当看護師の肩をもつようになりました。

考えを貶すのではなく、答えを導き出すような指導をしてほしいなと思いました。心が病んで辞めてしまった子もいます。

精神科に一時期通院しました。

対策は何もありませんでした。実習指導者看護師と教員に攻撃されたら、他に相談する人がいません。実習メンバーに話しても意味がないです。

NO.392
実習中に看護教員からの暴言、実習停止→留年・退学

20年以上前のことですが、看護展開や関連図が自身の中でなかなか結びついてないまま基礎実習に出て看護教員から「こんな簡単なこともわからないのなら実習にでなくて良い」と言われ実習7日目から実習停止を受けました。

実習終了後、基礎実習も理解していないからその時点で留年といわれました(7月下旬)。留年になっても他の講義を受けるため学校に行ってたのですが、その教員に留年決定してるのに今の講義を受けても意味がないから学校にくるなといわれて心が折れました。

その数カ月後、他の看護学校に入学し直して一から勉強をしなおしたのですが、あれほど悩んでた看護展開や関連図が講義をしてくれた先生の指導も良かったのかすらすらと頭の中に入ってきて理解できるようになったので、色々と限界だったのかもしれません。

「看護師に向いてない」
「お前を育てた親の顔が見てみたい」
「お前がバカだからお前の家族はみんなバカ」
「バカは学校にくるな」
。 以上は看護教員から

「仕事の邪魔だからそばにくるな」
「学生なんかほんと無理」

と言われたのは当時の実習先の看護師です。

つい最近、この実習先の看護師の家族が入院してきて親子共々クレーマーになってたので、この看護師自身の性格によるものだったのかもしれません。

実習中は睡眠障害になってました。 あととにかく人が怖くて仕方なかった。

上記の言葉を発した看護教員のことを学年主任に伝えたが、なかなか指導が行き届かなかったようです。私以外にもかなりの人達が当時の教員や実習先の指導者にやられてて、学生の間では有名でした。

NO.393
希望により掲載なし

NO.394
明らかな不適切発言

実習中、私たちが実習させてもらった病棟で患者さんが数名続けて亡くなられた。その時、担当教員が「あなた達のせいじゃない?私お祓いいってるもん!よくあるのよ!」と言われ場は凍りつき教員への信頼はゼロへ。

非常にストレスの多い実習中の発言、あの時は聞き流すのが精一杯でしたが、笑顔で学生にそれを言える精神性はだと異常だと思いました。

特にないです。その発言に構ってられないくらい課題が多いので。

この場合担当教員自身の問題ですが、人間性に欠ける教員は雇うべきでないと思います(確かこの教員は、厚労省などお国の公的機関から私大へ来た人でした)

NO.395
希望により掲載なし

NO.396
暴言、無視、イジメ

特定のお気に入り生徒のみ褒め、後は反省会と称した人格否定の吊し上げが毎日ありました。


産婦人科の実習なのに汚いと言う理由で新生児室に入れてもらえませんでした。その後新生児室の師長がその教師を閉め出して赤ちゃんをしっかり見せてくださいました。

私が行おうと前日から調べて計画を立てた乳房マッサージをしようと訪室すると、その教師が「もうやっといたわよ」と出てきました。

実習の補修日と就職試験が重なってしまい、看護部長に謝罪に行くと「この業界ではもう働けない。つぶしてやる」と言われました。

住友病院へ実習に行っていた友達は住友病院の看護学生は普通に実習ができるけれど、私達の学校の生徒は計画表に✕印をつけられ、何度直してもダメでダメな理由を聞いても教えてもらえず、実習できない日が続いていました。

患者から暴言をはかれても全て学生のせいになります。 目線を低くとずっとしゃがんで話しを聞くように言われ、足が痛くて立ち上がると怒られます。 血圧計の持ち方が悪いとずっと廊下で血圧計を持ったまま立たされました。

特に産婦人科の実習の担当教師がひどかったのですが、その2ヵ月はお風呂に入る事もきつかったです。 課題も多く、どれだけ調べても否定されるので、うまく寝れなくなっていて、今思うと鬱状態だったと思います。 毎日辛くて泣いていました。 同じようにパワハラを受けていた友達と毎日「明日だけ頑張ろう。明日頑張ったら辞めよう」と駅の改札で言っていました。

他の教師に訴えた事がありますが、何もされませんでした。 パワハラと指導は全く違います。学生を甘やかすのではなく、これから命に向き合う厳しい仕事に就くという認識を育てるためにまずは看護学校の教員への教育が必要かと思います。 患者の痛み、苦しみに共感できるような優しい看護師が増えてくれる事を願っています。

NO.397
アカハラ、言葉の暴力

教員からクラス全員の前で「そんなんだから(模試の)点数上がらない」と言われた。

その日の気分によって実習中に不機嫌な態度で接する。気分の波が激しいので学生は質問すら恐縮してできない→事故やミス、勘違いに繋がる。

実習の事前学習の書類に赤ペンでバツをつけられる→修正ペンは使用してはいけないルールなので学生はまた1から書類を作り直すことになる

アカハラを学校に訴えても「あの先生は優秀だから、、」と取り合ってもらえない。

その先生の実習グループになると指導の域を超えた叱咤が繰り返されるので精神的に病んでしまい退学や単位を落とす学生がいるのに学校は放置(ここにあげているのはすべて同一の教員)

理不尽な点数を付けられ、話し合いをしたが解決しなかったため自ら退学をした。この職業に就くために勉強をしていたのに、「やる気がないから看護師じゃなくて保母さんになったほうがいい」というようなアドバイスをされ、その他の看護師の方々には失礼かもしれないがこんな人間と同じ職に就かなくてもいいかなと諦めがついた。その後、就職し生活が安定するまでは心身の不調で睡眠をとることができなくなり病院に通った。

解決策は取ってくれなかった。看護学しか勉強してない人ではなく、ちゃんと教育学を修了している人を配置してほしかった。

NO.398
希望により掲載なし

NO.399
希望により掲載なし

NO.400
教員に不当に(出欠、成績問題なし)実習を不合格とされ、服従の態度を見せるまで合格をもらえなかった。

暴言は数多くて記憶にない。言葉尻をとらえて責め立て喋れなくする、威圧的な言動で威嚇、教員が集まり悪口を言う、提出物を失くされたがしらを切られる、など多数。

気に入らない学生は評価に教員の裁量がききやすい実習で落とし続け退学に追い込む(もしくは服従の態度を学生から引き出す)。過去には自殺もあった。

対策なし。もみ消し。教員は異動でいなくなるし、学生は辞めるか卒業するかなので、事件は風化する。 防ぐための取り組みは、専門学校や准看護師養成機関を潰すしかない。

教員に学問の素養がなく、ヒステリックに「看護観」とやらを叫んでいた。大学の看護学科の環境は理性的で学問の観点が根っこにあり、穏やかでとてもよかった。専門家が教育を担っていないことが何よりの問題であるように思う。

実態レポ NO.381~390

NO.381 
人格否定

学校の教室に看護記録が意味不明と言われ、なにか障害があるんじゃないかと言われた 威圧的な態度で指導された

不眠、対人恐怖、集中力・思考力の低下、過度な緊張

家族に思いを打ち明けた

NO.382 
実技で他の学生は合格でも社会人学生の私だけ合格がもらえず、精神的におかしくなり母が学校に連絡すると合格になった

社会人学生のわたしだけ過度に干渉し、合格を出さない。事前学習も人より提出しているのにA4ノート180ページ手書き。合格をださない。同級生も、なぜ私だけ執拗に責められるのかと疑問視されていました。

教員から
「あなた達に眠る権利はありません」 と、学生時代、毎日言われていました。

私は自分の大切な人が自死してしまい、失職したので看護学校に通いながら病院に勤めていました。もちろん、病院側には大切な人の自死は伝えていなかったのに、教員によって勝手にバラされました。学校の先生は看護師なので、立派な守秘義務違反です。

実習で責められ自殺しそうになった。
心療内科で休学するよう念を押され、学校へ休学すると伝えにいくと首根っこを掴まれ臨床実習に戻されました。自殺しようと思いました。

さらに心療内科へ行き医師に相談し、医師が診断書を持たせてくれ、教員に渡すように言われましたが、聞く耳をもたず、見かねた母が学校へ抗議へ行き、退学になりました。休学できていたら、わたしは正看護師になれていました。

実習中にあんなに課題が必要なのか。
働き方改革か進む昨今に、看護学生の眠る権利を与えるべき。不必要な課題を与えすぎる。関連図とかヘンダーソンにそって12の課題について余白がないようにかくとか必要ないと思う。

NO.383 
指導者と教員からの侮辱のような発言

患者のアセスメントを指導者(病棟看護師)へ確認してもらう際、第一声が
「こんなんでよくここまでやってこれたね」と教員と笑いながら再提出と判断された。具体的な指導内容はなかった(ショックで話している内容が頭に入ってこなかったため、私の記憶が曖昧になっている)。
教員は指導者の意見に同調し、その後も特に何もフォローはなかった。メンバーは遠巻きに私を見ていた。

上記の出来事の後、勤務の都合上で指導者が別の看護師に代わったが、上記の出来事が頭から離れなくなり、過呼吸で動けなくなった。教員からは何も声をかけられることはなかった。 実習に行けなくなった後、その指導者(病棟看護師)が他の看護師と
「こんなことで来れなくなったら看護師なんてやらないでしょ笑」
と話していたことを他の学生から聞いた。

過呼吸と涙が止まらなくなり、家に帰宅した後も泣きながら課題をしていたら親に止められ、精神科に連れていかれた。うつ病と診断され、診断書をもらい実習に行くことをやめた。 実習期間中は欠席して自宅療養をした。

担当教員が代わり、該当看護師と関わらないよう他部署で再実習させてもらえた。(該当看護師がいる部署には過呼吸になり行くことすらできなくなった) 病院側が用意する指導者が学生に酷い対応をしないという配慮を持ち合わせているか、指導者が不適切な場合、教員が学生を守る姿勢を見せることができるかが必要だと思う。

NO.384 
パワハラ

実習指導者に一晩寝ずに仕上げた実習記録を投げられる、指導をお願いしても「?」としか記録にかからず意図がわからない指導

何とか助産師になれても実習した施設のため尊厳を開始したような態度、指導をもらえない、人間関係の切り離し、同期も余裕がなくどんどん離脱し退職、仕事を教えもてもらえない、病院内の心療内科に通ったが改善せず退職

労基に訴えても動いてもらえず、初めての就職のため知識もなく泣き寝入りしかなかった。相談窓口もなかったので今もわからない

NO.385
持病のことをバカにされた

私は看護学生になり、コロナ禍で課題が大量に出され、かつ総代だったので皆からの相談のLINEが止まらずうつ病に。
ある日看護学科長に呼び出され
「どうして実習中あんなに声が大きいのか?なぜそんなにテンションが高いのか?」
と病名を教えて欲しいかのような言い方と、私がわざと元気に実習を頑張っている姿をバカにされました。(声が大きかったことは反省しています。でも頑張ろうとしてただけなんです。普段は鬱で暗いですが。)

その後腹が立ったのでおそらく躁状態を疑われていると思い
「躁鬱ではありません」と答えました。 その後も何もしていないのに情報漏洩の疑いをかけられたり、とにかく病気のことをバカにされたり、主治医の先生は何してるのかみたいに主治医をバカにされたこともありました。 私は統合失調症など妄想を生じる疾患ではないので、被害妄想の症状はありません。

もう、卒業して1年経ちますが、未だにバカにされた場面がフラッシュバックします 誰にも相談できませんでした 辛かったです

何もしていません 録音しておけばよかったと心から後悔しております

NO.386 希望により掲載なし

NO.387 
経済的余裕のなかった自分に追い打ちをかけるような言葉

在学中に高校時代の奨学金の免除のため学校に在学証明書?なりをもらう時に
「まだ返してなかったの?これは借金だってわかってる?」と小言を言われた。
経済的余裕のなかった自分にさらに追い打ちをかけるような言葉を浴びせた。

母に伝えたところ、余命半年と言われており就労もドクターストップがかかっていたにもかかわらず無理をして働き、その後体調が悪化し亡くなった。

解決策などはなかった。その教員が今も居るかはわからないがそのような教員が教務主任などの役職につかせない。

NO.388
希望により掲載なし

NO.389
・容姿や服装、メイクに対しての嫌味、お気に入りの子との対応の差
・校長からのパワハラ発言

・少し化粧をしていただけ、目が悪いので小さめのカラコンをしていただけであなたの格好は不適切です、ここは美容学校でしたっけ?笑 あなたは美容学校行った方がいいですよと言われた。 (もっと派手な子でもお気に入りだったからその子は怒られていなかった)

・国試浪人を1年したので就活を再度しなければいけなかったため、学校と提携の病院に就職することにし自分で応募し面接を受けに行くことにした。 しかし校長にその旨を話したら
「あなたみたいな落ちこぼれがあんなところに本当に行けると思ってるの?笑」
「 行ったところでどうなるかなんて目に見えて分かりますよね、どうせまた落ちこぼれるのがオチです。そもそもうちの3年生も今年何人も落とされてるんだからあなたが就職出来るわけない」
となんどもしつこくイヤミを言われた。結果的には受かりましたが。

何度も何度も学校生活でも実習でもイヤミを言われるため、実習に行くのも学校に行くのも辛く毎日泣いていた

なにもありません。先生たちは校長の言いなりだし、誰も何も言いません。生徒たちは卒業のときに脱獄と言っていました。 このような不適切な発言をするような人を校長にするのはどうかと思います。

NO.390
実習期間中の教員からの実習メンバー間での差別と、馬鹿にした発言

実習中、個室に連れ込まれ
「あなたはわからないんだね、みんなはわかるのに」と小馬鹿にしたように笑いながら言われ、その後「もういいです」と発言してその後無視。

グループ全員への質問に対して私が正解を答えると無視してため息をつく。(私以外が答えると「そう!正解〜!」という対応) 実習終了後に授業で目が合うと嘲笑してくる。 その後結果的に実習の成績を不合格にされました。

実習期間中〜数ヶ月、メンタルが落ち込む日々が続きその後、躁うつ病になりました。現在メンタルクリニック通院中です。

私は学校の教務課長に直々に面談を申し込み、実態を申告しました。
その後補講措置で実習は合格となりましたが、今後もその先生と関わるので贔屓、差別がないか恐怖心でPTSDに近い状態になっています。

取り組みとしては、実習後などに担当の教員、または指導者などに対するアンケート(本人に公表しない)を行い、評価次第によっては実習担当から外すなどの措置が必要かと。 また、気軽に相談できる窓口の設置が必須だとかんがえます。

実態レポNO.371~380

NO.371 希望により掲載なし

NO.372 妊娠による休学の強制により学費の負担を増やされてしまった

社会人を得て入学しましたが妊娠が発覚し友人に打ち明けたところ先生に報告され、【実習先や周囲が気を遣って迷惑だから参加させられないから休学しなさい】と言われ翌日より実習に参加させてもらえず1年間の休学、その間の学費の請求が発生してしまった。 また、実習生はエレベーター使用禁止と決まりがあり6〜7階の階段を都度登り降りしないといけないという決まりごともあった。

休学により経済的な負担が増えてしまった。

妊娠により休学するかは本人の体調を見て本人が決められるようにしてほしい。

NO.373 教員からの不適切指導

提出した実習記録に教員から赤字で「バカですか?」と書いてあった 実習記録を廊下にばら撒くといわれた

精神を病み、1年間の休学をした

休学した。教員の資質はその程度だから、復学後は逆に見下していた。取り組みななかなか難しい、ただ、厚労省からアカハラの指導が入って教員はグビになった

NO.374 希望により掲載なし

NO.375 希望により掲載なし

NO.376 希望により掲載なし

NO.377 人間がない等、人格否定を看護学教授から言われただけでなく、除籍された。

とある大学院のCNSコース看護実習で、教授から「人間性がない」、指導者らからは出口を塞ぐような位置取りで「がっかりした」等と言われました。もちろん実習は不可となり、実習先も受け入れないし、病院への出入り禁止を告げられ、CNSコースから除籍されました。

大学にハラスメントとして相談し、調査も行われました。しかし、調査中も指定日時に調査員が遅刻してきたり、私の弱さで調査員が迷惑している等と調査員長が言ったり、雑な扱いでした。もちろんハラスメント認定されるわけもなく、教授の判断は妥当となりました。

なお、この旨を別の大学院で相談したところ、入学が認められ、この春CNSコースを修了となります。

大学院が都内、実習先が栃木県であったので、暫く都内や栃木県を見るのも行くのも、全身に震えが生じ、言葉も上手く出ず、無理でした。
職場の理解を得て大学院に進学していましたが、別の場所へ出向となりました。
家族以外の人間が怖く、恐怖と闘う毎日でした。

事件が明るみに出ること。 看護協会を含め、大学全体で問題が共有され、解決策が決定すること。 大学でも専門学校でも、看護教諭になる者・なった者への教育が継続して行われること。

NO.378 発達障害であると言われた。助産師に向いてないと言われた。他の学生には評価を高くして自分だけやり直しをさせられた。

発達障害なんじゃない?今までそうゆう風に生きてきたからこうなるんだよ。看護師免許持ってるんだから仕方ないよね。

精神的な苦痛

担任と学校主任との面談

NO.379 先生のえこひいきがひどい。

要領が良い等の生徒にはちやほやしているのに、それ以外の自分の好みじゃない生徒へのあたりがひどい。同じ指導内容でも言い方が優しかったり厳しかったり、自分はあたりがひどい方だったので自尊心を傷つけられた。 また、私の容姿に対して他の生徒と(先生が一方的にのように見えたが)コソコソ陰口を叩いていた。

自分はだめな人間、何をやってもうまくいかない人間なのだと思わさせた。学校や実習に行くのが辛かった。

逆らうと点数や評価を下げられたりする恐れがあるので何もしなかった。

NO.380 全ての行動が連帯責任

クラスの授業で誰かがウトウトしていたら、それを理由に連帯責任として話し合いの場を設けさせられた。2年生の春休みが消えた。

2年生の春休みが消えた。やりなさい、ではなく、やるよね?的な高圧的な態度であくまで自主的に春休みを削ってるとされた。

おかげで家族が用意してくれた20歳記念のハワイ旅行がキャンセルになった。家族に25万円払わせて、せっかくの私の記念旅行なのに、キャンセルにさせて、とっても悲しかった。 お金は家族に返せても、それ以上に返しきれない悲しい気持ちがある。この一件から7年経ちましたが、いまだに心の傷は消えていません。

私たちの代はこれに対して反抗したかったけど、無理だった。
これを決めたのは副校長やその後任の先生。他の先生も口出しをできない状況だったと思う。 その後、5年ほど、このような状況は続き(副校長の後任の先生に気に入られた学年は何をやってもこのような状況にはなっていなかった)

とある後輩が大元の大学に訴えたが埒が開かず、今までの実態の署名を、集めて弁護士を介して訴え、該当教員は退職し、解決?した。

今回のように勇気と行動力のある人がいればいいが、実際は学生の力では学校側、教員側の間違った圧力に潰されてしまう。特に専門学校は看護師というとても狭い世界でしか生きてこなかった人が、外の世界を知らないままそのまま教員になることが多い。

そのため、外部から監視する立場の委員会があったり、困った時に学生がすぐに相談でき、対応してくれる団体などができればいいとは思う。

実態レポ NO.361~370

NO.361 希望により掲載なし

NO.362 指導教員からの差別的な発言

連日まともに睡眠時間も確保できずに、それでも友人達と励まし合いながら毎日こなしてきた実習の中で、ある日時計を忘れてしまった。教員にすぐ報告したが「はっ、貴方みたいな小さな忘れ物するような人が医療事故起こしてニュースになるんだわ」「え〜近いうち貴方をニュースで見るのぉ?」「やめてよ?患者さんとか殺さないでよ?(笑)」と言われた。時計を忘れてきた自分が悪いが、なぜ人殺し扱いされなくてはいけなかったのか?

時計を忘れたら人殺し扱いされて、自分が凄く駄目な人間に思えた。このまま看護師になっても人を殺してしまうかもしれないという恐怖が常に付きまとう。

中立な第三者機関が必要だと思う。 学校でも指導についてのアンケートが実習後にあるが全員単位を不当に落とされるのを恐れていくら匿名でも書けない。 第三者機関が調査に入って欲しい。

NO.363 人格否定 

グループ実習から1人で実習がしたいと申し出たと、教員から学長へ虚偽の申告をされていた。 

自殺未遂を起こした。クラスから孤立した

全面的に自分が悪いとされ解決策は見出せなかった。 実習中は教員プラス、地元以外の第三者配置して欲しい。(地域外の目を実習先に)

NO.364 パワハラ 教師の業務放棄

実習の為の物品を、これを持って行けと学校側が用意したが、渡された時点で正常に作動しなかった。その事を学生の確認不足、学生に全責任があると問い詰められた。

成績のせいではなく家庭の事情でやむなく休学をしたが、実習日の調整にあたって教師側にネチネチと、あなたのせいでイレギュラーが発生している、私は残業代も出ていないのにと言われた。休学を許可している学校である。教師の給与事情は生徒に関係があるのだろうか。

生徒達の前で他の学生の悪口を言う教員、人として疑問である。

テストの解答、他学生は正解だったのに不正解にされた。教員に確認するも問題すら見ず、さぁ〜忘れちゃった、間違ってるんじゃないのと濁された。

実習中、患者が午睡をされていたため、話しかける事を控えたら、なぜ話しかけないのか理解できないと根拠なく強い口調で言われた。

食欲減退 活気の低下 自尊心の低下

学校側は対策ゼロ 生徒の訴えを耳に入れない

NO.365 
1.感染症で出席停止になっていた授業(3回完結、3回目の発表日)に欠席し、復帰後課題レポートを提出したら職員室で30分叱責され、提出が認められなかった。
2.実習時、私の性格について言及。自分で自分はどんな人間かを答えさせられ、全然違うと言われて嘲笑された。

1.レポートを提出できた理由をなんで?なんで?と何回も聞かれる。休んだ授業は発表であり、その前の学習の授業は出席していたため、レポートは書けた。休んだのに提出できたのはありえない、と職員室で30分に渡り叱責。レポートは授業不参加のため、提出が認められなかった。その前の授業の出席点もなしにされた。感染症でも出席すべきだったのかと思う。

2.実習中、土日に体調不良になり自己学習が進まなかった。朝から全然だめだ、ありえないと言われ、萎縮していた。教員の問いに答えられないと学習ノートを投げるように渡され、勉強してないからね、と叱責。学生カンファレンスでは、私の性格が悪いことについての講評があり、その後の個別指導でも、頑固、やる気がない、人の話を聞かないと言われる。自分の性格を答えてみて!と言われ、答えると全然違うよね、カンファレンスの姿を思い出してもう一度答えてと言われ、頑固で話を聞かないダメな人間です。と言わされた。

学校に行くのがしんどいです。行きたくないけど、夢のために我慢して行っています。蕁麻疹が治らなくなりました。

解決策はないです。対策は、目をつけられないようにすることです。日々、ビクビクしながら過ごしています。お気に入りの子は、なごやかに指導を受けています。

NO.366 課題を受け取ってもらえない。

●腹痛と下痢のため課題提出時間に間に合わないかもと電話連絡し了解を経た。時間にギリギリ間に合ったのにも関わらず結果受け取ってもらえなかった。 A先生は『電話したもんね』と受け取ってくれようとしたが、後ろからB先生が来て『何考えてるの?もうダメです。正当な理由がない。診断書は?』と。 今の2年生は腹痛で提出に間に合わなかったが、2時間目に登校し受け取ってもらえた。先生からは『お腹大丈夫?もう帰りなさい』と言われ下校。

●分からないところを聞いても『教科書見たの?』見ても分からなかったことを伝えると『別の教科書見なさい。』

●男子は半パン禁止。『スネ毛が気持ち悪い』と言われた。

●タバコの臭いがすると言われ課題を受け取ってもらえない。

●職員室に来るよう日時指定されていたのにも関わらず『アポ取りましたか?常識ですよ!』と言われ、次の課題をもらえなかった。 まだまだありすぎて書ききれません。

単位がもらえず留年

解決策や対策など何も講じられていない。

NO.367 不公平な評価、人前で尊厳を傷つけクラスメイトとの関係性を壊す指示

実技試験で他の生徒とは異なる条件を付け足された。 加えて
「貴方はここはもう良いわ。合格よ。もう一つの項目だけ練習してちょうだい。」
と指示があった。
この教員は言ってることをコロコロ変える傾向があるため
「本当にその項目だけで良いのか」
と何度か確認した。(患者役の生徒もそれを聞いている。)

しかし試験当日
「私、その項目に合格あげた覚えないわよ」
と一転しそこもやることに 他の教員も異常を感じたのか度々私のところを見に来ていた。

試験終わりに
「あなた、患者役の子に頭下げなさい。迷惑かけてごめんなさいって」
と周りに生徒がいる前で言われ、頭を下げた(患者役の子は困惑)。

ちなみにこの教員は他の気に入らない生徒を一人授業中に同じように詰め寄り泣かせるまで追い詰めている。

技術テスト、実習など生徒の評価のみならず教員の評価も匿名で行って欲しい

NO.368 実習中他生徒の前で侮辱。

実習中ウトウトした生徒に『あなたナルコレプシーじゃないの?病院行ったら?』と言った。 別の日の授業中、ナルコレプシーのワードが出て来たとき『○○君のことだ!』と言った。

実習落とされた

NO.369 実習担当看護師によるパワハラ

大阪府〇〇市訪問看護ステーション〇〇〇、〇〇〇〇という看護師が担当でした。訪問看護の実習中、車内で執拗に責められました。

答えに詰まるまで病態生理の質問を続ける、就職先に対して嫌味を言う、これも看護だと患者さんとのランチ代を自腹で払わせられる等々。休憩の時間もなく、早く食べるのも看護の訓練だと5分で食事をさせられていました。

極め付けは患者さんの体格から食事量や水分量を計算したかったので体重や身長を質問すると、
「自分との身長と比較して予測できる」
「なんでそんなこともわからないのか」
「お前は頑固だから看護師には向いていない」
「柔軟な考えができない人は看護師にいらない」
と車内で涙を流すまで責められ続けました。

※実名部分は伏字にしてあります。

それまで好成績で楽しく実習をしてきましたが、その後の実習が怖くなり思うように発言ができなくなりました。また円形脱毛症ができました。

不要な指導をする実習先の排除

NO.370 集団での人格否定 濡れ衣 理不尽なインシデント 自傷行為に追い詰められた

私が発表した看護観をカンファレンス1時間使って他の学生に
「〇〇さん(私)はこんな考えなんだって。これって看護師としてどう思う?間違ってるよね。ありえないよね。」と言われる。

カンファレンス中に居眠りしていたのは先生なのに
「〇〇さん(私)居眠りしてたでしょ?」と大勢の前で言われる

実習先の病院は
「独歩の患者であっても絶対に看護学生と患者だけで検査には行かせない」
としていたのに指導者が私に患者と2人きりで検査に行かせ看護学生が入っていいのか分からない場所だったためカンファレンスルームに戻った際インシデント扱いにされた

忘れ物をしてしまった際に反省文を書かせそれを大勢の前で発表させられた

後に希死念慮が生じ自傷行為もあったため病院を受診した所適応障害だと診断を受けた
この実習が原因で適応障害だとされたのに担当教員からは謝罪は無く「自傷行為をした」というマイナス面のみ学科長に報告をされ私の許可なく学科長が家に電話をし両親に対して
「〇〇さん(私)はいずれ患者さんを殺しかねない」と伝えてきた

外に出るのが怖くなった 薬を飲まないとやっていけなくなった

まだなにもされてない

実態レポ NO.351~360

NO.351 希望により掲載なし

NO.352 個人情報の流出やそれを利用した噂の言いふらし、人間関係の破壊、パワハラ、イジメ、ストーカー

言葉の暴力、成績の不正、過剰な監視、嘘や噂の言いふらし、人間関係の破壊、ストーカー

心身ともに疲労、人間関係の破壊、成績の不正行為

元看護師を教員にしない事、精神疾患を患った人を教員にしない事、宗教熱心な人を教員にしない事

NO.353 過剰な量の実習記録、その記録への不適切なフィードバック

過剰な量の実習記録
毎日の睡眠時間が最長4時間、平均3時間以下になる量の記録物の提出が必要だった。最終的に記録をまとめると、A4の紙ファイルがいっぱいになる量を手書きで仕上げていたことが分かった。

記録への不適切なフィードバック
毎日の記録や看護過程の記録に「?」だけが記載されており、具体的な指導が得られない。既に書いてある内容を見てもらえず、アセスメント不十分とコメントされる。教員と指導者の指摘が噛み合わず、指導者からも「観察も計画もずれている」と指摘された。

多量の記録物によって利き手の腱鞘炎を起こし、治癒まで数週間を要した。
精神的ストレスと自律神経失調で吐き気が止まらず、十分に食事が摂れなくなった。
実習病院の近くに宿泊していたため、母親に度々電話をして負担をかけた。
友人と連絡を取る気力がなく、どう過ごしていたのか心配をかけた。
実習終了後、病院周辺を歩いていると冷や汗と動悸を起こした。

要点をおさえた記録用紙で実習記録を取らせる。
教員からのコメントは内容が分かるように記載する。
実習指導者と教員との間で指導内容の打ち合わせを行う。

NO.354 自分にだけ態度が違う教員

実習中、他の生徒の発表に対して頷き、顔を見て聞くが自分に対しては俯いてメモを取り、顔を見たと思えば怪訝な顔。報告や相談も頷き等なく怖い顔で聞かれ、段々と発言や普段できている行動ができなくなる。記録のフィードバックも他の生徒に比べると少ない。

わたしよりも重大な失敗をした生徒に対してはサラッと怒るだけ、「もう行っていい」と伝え、わたしだけを長々と叱り続ける。実習評価を2:1の面談で「ここできてないよね」と目の前でどんどん下げられる。「これじゃ成績あげれないよ」と度々脅す。

感染症の診断書をもらって休んだ生徒と比べ、「あなたはあの子と違う」と比べる。体調不良に対し「無理しないで2日ぐらい休んでもいい」と話していたにも関わらず、休んだら休んだで扱いも天と地の差。

毎日言ってることが違う。
学内アンケートは記名が必要でこのような対応を告発することは、これ以上の不利益を被るリスクが高すぎて難しい。学内に戻ると、他の教員にも挨拶を無視されたりしている。

家族にも多大なストレスがかかっている。 単位がもらえない可能性があり、不安から食欲不振、うつ状態に陥っている。自殺願望が強く、電車を見ると飛び込もうか考えてしまう。体に鞭打って登校しているが毎日罪人のような気分で登校している。

心療内科を受診予定。 学生が不利な状態で教員の主観や私利私欲で成績が付けれてしまうため、人による評価システムを見直す。 教員になるためのハードルを上げるべき。 命を預かる仕事だと言って、指導という名のハラスメントを当たり前にする風習を抹殺するべき。

NO.355 言葉の暴力

実習中に言葉遣いがなっていない、指導しても改善が見られないと教師に突き放されました。 実習では私のみ男子学生で、他の生徒は褒められていましたので差別感、阻害感、孤独感がありました。実習の単位を落とし再実習となり、頑張ろうと思った再実習初日に教師から、あなたは再実習どんなに頑張っても合格点を超えられませんと言われ、頑張りましたが単位を落とし留年となりました。

私は留年となり学生継続か退学かを悩み、留年してもこれらの教師が居続ける限り卒業見込みがないと判断し自己退学しました。実習以外の成績は合格圏内でした。退学後は無気力となり3ヶ月程、母の居る前でコタツに潜って過ごしました。39歳の時です。同じクラスの友人は同情してくれて退学時にクラスの思い出アルバムを頂きましたが捨てました。

ネットで助けてくれる組織を探しましたが当時はありませんでした。同じ経験をした人を探したら学校を管轄していた東京都庁厚生局へ連絡していることを知り、連絡しました。しかし学校に問題はなかったと言われ、終わりました。

NO.356 様々な種類の不適切指導が放置されている

①私は地毛が学校指定のカラーチャートよりも1番程度明るく、毛先にいくにつれて色が薄いのです。それは入学時より伝え、地毛証明リストというものにも書いてもらっていました。にも関わらず、実技授業に参加させて貰えなかった。黒染めをするか髪を切れと言われた。これを言ってきた教員は地毛証明リストのチェックを担当した教員でした。
黒染めをするか髪を切ってこないと授業にも実習にも参加させない「辞めるか切るか選べ」

②コロナ真っ只中に入学し、緊急事態宣言から始まった学生生活でした。もちろん飲食時以外のマスク着用が必須でありましたが、一部の生徒はノーマスクで騒いでもお咎めなし。医療職を目指すとは思えない指導でした。
ノーマスクには指導せず。ルールを守っている側に対して。「自分の感情コントロールの練習だと思え、大人なんだから 」

③補習、補講と称し、しかも当日に発表され、アルバイトや仕事がある人も多い中参加しないと単位をあげない、と脅しまがいなことを時間外にされた。

④男性教員について。フェイスシールドの装着や、白衣の中の下着の確認など、不必要な接触を強いられた。 顔を触る、背中から下着を覗き込む行為あり。

⑤緊急事態宣言で授業数が減っていること、実習も学内になっていたこと、学内施設を使えなくなっていたことより学費の返還依頼をした。すると感染対策費に使っているからとの返答。目的外利用ではないか、詳しく話を聞きたいから法人側の連絡先を教えて欲しいと質問すると、「額も言えないしわかってくれ、資格が欲しいんだろう」と脅迫紛いなことを言われた。
結局詳しい説明はなく、もちろん返還もない。

卒業までに半分ほど退学、留年しました。

①学科長より聞き取り調査のみ。
②何も無い。
③この形の指導は現在も行われている。
④他の教員は事実を知ってはいるが、何も対応等はなく、この教員は現在も指導にあたっている。
⑤使用する前に説明文の告知等が必要なはず。モラルなどではなく法的な話になるかと。

NO.357 希望により掲載なし

NO.358 希望により掲載なし

NO.359 希望により掲載なし

NO.360 配慮のない叱責、恫喝

教室中の学生が見ている中で独りに対する叱責
「成績を上げない限り退学勧告する」と恫喝

①他人が見ている中で叱責を受け、翌週以降の授業を欠席
②教員との面談時、親身に相談に乗って頂いたが最後に一言恫喝され、それ以降人間不信が加速し、他人を信用するのが困難になった

①叱責する際は他人が見ている場所は避け、文面または1対1でする
②籍に処分を下すことを告知する際は教員ではなく事務の学生課の職員が告知する

実態レポ NO.341~350

NO.341 希望により掲載なし

NO.342 希望により掲載なし

NO.343 希望により掲載なし

NO.344 理不尽なインシデント

実習で昼食を忘れてしまい自己管理不足でインシデントをもらった。

お昼を買わされた。

NO.345 希望により掲載なし

NO.346 大学教員(看護学部)から必要以上に人格否定をされたり、やる気を阻害してしまうような趣旨の発言を実習を通して言われた。

患者に対する看護を提供しようと思い、目標や行動計画を学校の指導の元実施したが、教員の主観的な考えを押し付けられた。 必要以上に能力が無いなどといった発言が多々見受けた。 患者への対応での指摘のつもりだが主観的な考えを押し付け阻害された。 人格否定発言で私含め同級生の心の傷となった。

自己肯定感が下がり、勉強、就職へのモチベーションが維持できない。

教員採用の見直し又は人格否定発言の撤回、言い方伝え方への指導、監査

NO.347 希望により掲載なし

NO.348 単位全て取れているのに卒業できるか分からない。

座学、実習の単位全て取れていますが模試で少しでも点数落ちたりすると卒業できない。や卒業させない。国家試験を受けさせない。私たちの給料に影響出る。と言った発言をされる。

卒業できるのか分からない不安や国試受けられなかったらどうしようと不安で眠れず集中力低下、学力低下、意欲低下につながってしまう。生きていたくないと思ってしまう。

単位取れているなら卒業させるべき。国家試験を受けさせるべき。当たり前のことですよね。

NO.349 意図して実習記録の指導をせずに落とす

指導に関して中間評価後から記録を見る。毎日提出していたが見なかった。
意図して記録の指導をせず実習を落とす。学生4人同じ対応。

以下詳細

R6年1月9日より1月25日迄、基礎看護学実習Ⅱがありました。

R5年10月に基礎看護学実習Ⅱがありましたが、単位を落とし再履修があり遅れていきました。
10月に基礎看護学実習Ⅱを落ちた現役男子1人(再実習)、初めての現役男子1人、社会人女性2人計4人。教員は、今年度採用教員1人、その指導員として教員1人の計2人でした。採用教員は、私は勉強しに来てる。と発言あり。

毎朝見せる本日の行動計画表は、毎回目標に対して指導が入り、直しても指導あり、最初にまとめて言えないのか。と思う。
患者のベッドでダメ出しする。
血圧測定をし3日後に、マンシェットが肘に巻かれていたのでダメなの。と言われる。 147cmの方で小柄なので腕も小さく、寝衣を捲り肘に掛かっていたかもしれないが、肘には巻いてない。3日後に伝えるって指導する気があるのか。

教員2人でよく話をしに離れる。アセスメントシートを見てください。と伝ると。まだ見ない。と2人に言われる。中間評価があり、その後より情報収集用紙ⅠやⅡ、行動計画表の指導の赤字が入る。 私には毎日記録を提出しても、他3人より記録の指導が少ない。

1/19(金)
新人の教員:「学生(私)の声が小さいから患者さんに聞こえないんだと思う。」
学生私:「はい。」と言わず、 今まで、2人、リハビリさんと3人で話をしていたが聞こえなかった??ととっさに思い、
学生私:「確認したらいいですか?」と言ったら
新人教員:「指導してほしいの?欲しくないの?これが学生私のすべてなの?」
学生私:「すみません。脳みそが足りないです。」
新人教員:「もう指導したくない。教員みんなそう思っている。」
学生私:「それは辞めれって事ですか?」
新人教員:「はい」
学生私:「それは今決めるんですか? …」

その後ナースステーションで電子カルテを見るが、鼻水と涙が止まらす、マスクを2枚替えた。その間に新人教員を指導する教員が、学生私がカルテ見れてるか近くに来た時にあまりに涙と鼻水でかガン見をする。

指導に関しても明らかに中間評価後1/18頃から、意図するかのように4人に赤字の直しをいれ始めた。 昨年10月に基礎Ⅱ実習を行って合格した人に確認すると病棟2日目にはアセスメントシートを書き指導をもらっていたそうだ。
初めから落とす気満々な指導に憤りを感じる。
きちんと指導する教員は学生4人へ病院で記録を書かせ終らせて合格させている。この差はなんだかわからない。

昨年10月の基礎Ⅱ実習では、病院関係者、保護者からあまりに酷いのじゃないかと電話をいただいた。先ず、私達に相談してね。教員に調査したが、「そのような事実はなかった。国の基準にきちんと則ってやっている。」と話があったが、嘘だと感じた。
3年生も昨年基礎Ⅱで沢山落ち、現役生が5人辞めた。と教員から聞いた。 自分がされていたからパワハラするのかなんだか分からないが、学生は学費を払い教員は給料貰っている。仕事もせずパワハラしいる。

録音を常時し証拠に出来るようにしている。

NO.350 理不尽に実習停止にされた

病院実習での出来事です。近くに住む友人と共に病院へ向かっていたところ、「話し声がうるさい」と教員に発見され実習停止になりました。 場所は病院から程近いところでした。 話し声がうるさいと言っても2〜3言程しか話しておらず、確認事項についての会話でした。声量には気を付けていたため、うるさいはずがありません。

実習停止が言い渡され、その場で学校へ自力で行くように言われました。 登校後別の教員から事情聴取があり、潔白を訴えましたが反省文をひたすら書かされました。 自身のどこが悪かったのか、改善点について1日詰められました。その後再実習の対象にはなったが、7割の評価しかできないと言われ、保護者と共に撤回を求めました。結果として休日に再実習を学内で行うこと、他の生徒と同様の評価基準(7割評価は撤回)で行うことが約束されました。話し声がうるさいと実習停止した教員から、謝罪は一切ありませんでした。

実習停止を受けたことで、周囲の目は明らかに変わりました。 ルールを守ることができない人だというレッテルを貼られました。 加えて学校に対する不信感も募り、退学も考えました。 教員には怒りしかありません。

教員1人の言葉が信じられ、生徒の声を聞かないということは明らかな差別です。 柔軟な仕組みになれば良いのではないでしょうか。

実態レポ NO.331~340

NO.331 ある教員が自分にだけ冷たい態度をとってくる

最前列でプリント配布される時に、みんなは手渡し+はい☺️と言ってプリントを配られるのに、手を差し構えてる私には机にプリントを無言でポイ捨てされました。何回もしてきたのでわざとです。他にも他の生徒とは笑顔で話すのに、私だけ眉間に皺を寄せる感じで無愛想に話してきます。

精神的に病んで毎晩寝る時に泣いていました。その意地悪をしてきた先生に実習練習を見てもらう時に、突然2回も大号泣してしまいました。

解決策はありません。教員は絶対的存在で逆らうと攻撃されるし、単位を落とされるかもしれないという恐怖があります。なのでジャイアンのような状態で威張り散らかしています。

NO.332 事前学習ができてないという理由でその日の実習は詰所で立って見学しか許可されなかった

しっかり事前学習していったつもりでも、指導者さんからするとできてなかったようで、「こんな内容じゃ実習させられない」と言われ、「ここで立って見ときなさい」と詰所の端で立って見学しか許してもらえず、その日は患者さんと顔を合わすことなく終了。こんなことが私の周りでも数件起きていました。

実習へ行きたくなくなる、実習の意味がなくなる、辛い、しんどい、トラウマ

事前学習の内容に不足があるなら午前中や休憩時間に調べて午後にさせてもらうこともできるし、間違いを指摘した上で午前から実習をさせることだってできます

NO.333 バスの遅延で実習中の学内日に遅れただけで単位はあげられないと言われる

バスが遅れやすい地域に住んでおり(それを見越して動くべきではありますが何分遅れるか読めない)、バスの遅延で複数回講義に遅れてしまったことがあり、その際「こんなに遅れるなら単位はあげられない」と脅されました

実習へ行きたくなくなる、恐怖心、トラウマ、自殺を考える、ご飯が食べられなくなる、眠れない

バスの遅延が原因なら見逃すべきだと思います

NO.334 アトピー体質が原因で実習を辞めるように言われる

小児実習前の講義の際に、アトピー体質な影響で肌質が綺麗とは言えない私に向かって担当教員が「そんな肌見せたら子供たちは怖がるからどうにかできないの?そんな肌のまま行かせられない」とクラス全体の前でマイクを通して言われました。肌質なのでどうにかすることはできず、結局は実習に行かせてもらえましたが、周りと比べると当たりはきつかったように思います。

ご飯を食べられなくなる、恥ずかしい、トラウマ、実習や学校に行きたくなくなる、コンプレックスが強くなる、該当教員に会いたくなくなる

肌質に関しては防ぎようがないですし、教員も看護師をしているなら理解してるはずです。教員の意識を変えないと対策などはないと思います

NO.335 体調不良で実習中倒れてしまった翌日、教員より菓子折りか何かを持ってくるべきと怒られました

私は持病で自律神経失調症があり、気を失いやすい体質です。小児の実習中、ずっと立っていたのと子供が可哀想と思ってしまったせいで気分が悪くなってしまい気を失いました。
その場で実習先の看護師さんが対応してくれて、少し休んで午後からは実習をさせていただきましたが、教員からは反省文を書いてくるように言われ、翌日反省文を提出しました。その際「普通、反省文だけじゃなくて、菓子折りの一つでも持ってくるでしょ」と呆れられながら怒られました

余計に体調が悪くなる、ご飯が食べられなくなる、眠れない、実習へ行きたくなくなる、怖い、トラウマ(今でも怖くて小児科へは行けません)、辛い、しんどい、自殺を考える

そもそも体調不良で倒れたのに、反省文を書いていく理由が分かりませんが、学生が菓子折りを持って行くのはもっと意味が分かりません。普通であれば、「体調大丈夫?」などの心配する言葉が先に来るかと思うのですが、該当教員からはそう言った言葉は一切なく、一方的に怒られる状況となりました。 私もこの場合の対策や正解が何なのかは分かりません。

NO.336 希望により掲載なし

NO.337 人格否定発言をされる、無視される、目の敵にされる

教員がターゲットを決めて、学生を使っていじめをさせる。

うつ病と診断されて身体が動かなくなり、入学、退学する

そもそもパワハラを受けても相談機関や訴える場所がない

NO.338 指導者の好き嫌いで指導が違う。 頭を叩かれた

あなたのその話し方やめてほしいと言われた。
同じ実習班の子が指導されたことに注意して行ったらなんでそんな事するのと自分の言った事を無かったことにしていろんな人の前で指導を受ける
沐浴の見学の時、乳児の血液検査を横でしていたので横まで見ていたら、おもっきり頭を殴られた。

精神的苦痛。鬱になった

特に何もなし。周りもこれが当たり前の状況だったため洗脳されていたこともあり何も言わなかった。

NO.339 実習評価で差別的な扱いを受けて留年

実習中である教員から言葉の暴力を受けました。それでも頑張って実習中すべて出席したのにも関わらず、実習終了後に、ある教員に呼び出しをされて「記録が基本的ではない」と言われ留年となりました。しかし、もう一人の生徒は途中から実習に来なくなったのにも関わらず、教員からのお気に入りの生徒だったので実習の単位が足りなくてもレポート提出のみで単位認定となり卒業となりました。

実習中にある学校教員から目をつけられていました。実習指導からは何も言われてないのに、ある担当教員に突然実習中に怒鳴られあり、頭ごなしに病棟中に怒鳴られたり実習記録もある教員からのコメントが赤ペンだらけで、解らなくて質問したら「看護師辞めたら」「あなただけだよ。解らなのは」「自分で考えなさい」等の暴言を吐かれました。  

実習終了後にその教員に呼び出しされて「留年」を告げられました。理由は「きちんと記録が書かれていなかったから」と言われました。 しかし同じ担当の教員だったある生徒に対しての対応は違いました。その生徒は途中で実習が来れなくなり実習の単位が不足となりましたが、その担当教員は「レポート提出」のみで単位認定し卒業となりました。

その旨を校長に話しても「その人に合わせた実習方法です」しか言われず、その問題の担当教員から受けたパワハラの内容を校長に話しても「そんなことない」しか言われませんでした。 まるで学校教員の中で「今年は誰を留年させようか」作戦しているようにも感じました。

同じ看護学校の同期から「あなたも悪い」と言われたこともありました。又留年後に再実習となり学費をさらに稼ぎなから再実習になり、もっと勉強が出来なくなり一つ学年下の生徒にまで馬鹿にされうつ状態になりました。

同期だった仲間との連絡をすべてブロックしました。
もう看護学校時代の友たちを会いたいと思わなくなりました。
一人の教員のせいで自分の人生が狂いました。 そのせいで今も看護の仕事をしても「人を信用できない」考えが今もあります。

第三者委員会を立ててほしい。看護教員の教育も徹底してほしいですし不正行為があれば解雇してほしい。

NO.340 実習の面談で否定的なことと人格を否定したかのような発言

大学3年の領域別実習の時。担当教員は高齢の女性先生。目をつけられたら終わりという噂があったが、私は元々好かれていなかったため自分なりに頑張っていた。実習病院内での私に対する発言、その後の記録指導の時の発言、実習の最終面談での発言等、かなり否定的なことと人格を否定したかのような内容を言われていた。

実習の時、担当教員からは元々好かれていませんでしたが、その教員は好き嫌いがはっきりしていて、目をつけられると終わりという噂があったため、目をつけられないように自分なりに頑張っていました。

コロナ禍の実習だったので、ケアなどは入れず看護師のシャドーイングか、コミュニケーションをとることのみ行わせて頂きました。
担当患者さんは話すことがとてもお好きな方で、1日に数回お話をしに訪室していたのですが、ついつい長く話し込んでしまい、私もずっと話し続ける患者さんのお話を絶つことがなかなか出来ず、予定時間をかなりオーバーしてしまうこともしばしばありました。

その際は教員がわざわざ患者さんと私が話してる病室まで来て、「こんなに話がつまらないのに長々と申し訳ありませんでした。体力もかなり使わせてしまいましたね。後でこの子(私)のことは叱っておきますので。」と言い、先生と共に病室を後にしました。 案の定、控え室でかなり怒られました。話の絶ち方が分からないと質問しましたが、全然聞いてもらえず。

病棟実習最終日に担当患者さんのところに先生とご挨拶に行った際には、「俺が話すのが好きで、ついついたくさんのことを話しちゃって長くなっちゃってたんだよ。この子は何も悪くないよ。申し訳なかった。」と、患者さんに謝らせてしまったのは本当に心苦しかったです。本当に申し訳ないと思いました。

実習記録を書く際にも他の学生と比べられたり、苦手な領域だったためこれ以上文句を言われないように直接先生にわからない部分を質問した際には、「あなたに時間を割いてる暇はない。それなら他の学生の質問に答える方がマシ。あなたには指導したが、ほかに何をわからないことがあるのか。」と高圧的に言われてしまったので、謝りながら質問を取り消しました。

グループの友達に質問したり、自分なりに夜通しで調べたりしてやっとの思いで記録は完成させましたが、提出して最終面談の時に「あなたは何も出来ない。分かっていない。こんな記録、ゴミ同然よ。看護師になる資格などない。いますぐ大学を辞めたら?(笑)単位をあげたいとも思っていない。」など、本当はもっとこれよりも多くの人格否定を含む否定的な発言がありましたが、小馬鹿にしたような言い方をされました。

耐えられず面談室で泣いてしまったのですが、その時も「ちょっと!泣かないでよ!泣かれたら私が悪者みたいじゃない!」でした。何とか単位はもらえて留年は回避できましたが、終始ストレスの捌け口に使われたかのような対応でした。 翌年、この先生は定年退職をされ学校から退き、このことがあった時から数年経ちましたが、言われた内容は今でも鮮明に思い出せるし、当時負った傷が癒えることは無いです。

私は他の教員に相談をしていないので特に対策などは無かったです。校内でその先生を見かけると、動悸や目がチカチカする、うまく話せなくなるなどの症状がしばらく続きました。

この事例ばかりは先生の気分だったと思うので、こちらで何か出来るかとは無かったような気がします。他の先生に相談なども一切していません。

元々信用できる学校でも無いし、その先生も立場がとても上だったので、他の先生に相談したところで厄介ごとになるような気がしていました。 下手したら単位を貰えない可能性も出てくるような気がして…。
 *私の大学は1つでも単位を落としたら、その時点で即留年が確定します。 あくまで私の学校ではということなので、学校自体がしっかりされてるのに教員にパワハラなど受けた場合は、迷わず信用できる先生に相談する方がいいと思います。

実態レポ NO.321~330

NO.321 暴言、暴力、実習の妨害

実習に使用していたファイルを投げつけられる。
「あんたなんかが看護師になって欲しくないから実習落としてやりたいけど、今の学校は甘いから馬鹿でも受からせてもらえていいね」とナースステーションで言われる。
実習中に実施したいと申し出ていた実技を一切やらせてもらえず、先回りして終わらせられていた。
患者さんから「家族が面会に来た時は二人にしてほしい」と頼まれ、そのことを指導者に伝えた上で自習していたが「やる気ないなら帰れば」と指導すらしてもらえなかった。

その実習クールで毎日嘔吐を繰り返していました。行くことが憂鬱過ぎて、死ぬことすら考えていました。

教師に伝えましたが、何の対策もしてもらえず、改善もされませんでした。 近くで見ていたナースステーションの看護師や関係者が告発出来るような仕組みがあればいいなと思います。

NO.322 一つの失敗後、明らかに指導者の態度が冷たくなった

実習中に点滴を作る場面がありました。上手く作成できず、実地指導者さんが作り直してくださいました。ですが、その後から明らかに私に対する態度が冷たくなったと感じました。その時点で実習2日目、その後8日間ただひたすら冷たい態度に耐えました。

明らかに声のトーンが低い、質問したくて話しかけても後でと言われてしまい実習時間が終了してしまう、でした。明らかな暴言などはなかったです。

私が実習を通して感じていたのは、例えさほど厳しい指導者さんではなくとも、上下関係の位置づけには悪しき習慣が残っているなと感じました。教師と学生という上下関係ではなく、人間としての関係に上下をつけているなという感覚です。

また1度でも失敗してしまったり、指導者からの質問に答えられないと、落ちこぼれ生徒というレッテルを貼られてしまい、過干渉や過監視を受けます。それにより学生は威圧感とプレッシャーを感じ、さらに上手く立ち回れなくなるという負のループに陥ります。

実習の合否にはテスト同様に100点満点で点数をつけて採点し判断されるのですが、教師や指導者との相性が悪いと高得点はもらえません。逆にとりいることが上手い生徒は多少記録が遅れてしまったり、実習ができずとも合格をもらっていました。

採点には、ペーパーテストとは違い明らかに教師や指導者の主観が入るため、嫌われてはいけないという感覚になり、悪い上下関係の位置づけが加速します。 また、実習中は膨大な記録量により睡眠時間が著しく低下します。

教師も指導者も看護師なので、健康的な睡眠時間は何時間なのか知っているはずで、さらに学生は記録の為にその時間を確保出来ていないというのも知っています。ですが、学生は学ばなければいけないだとか、この苦労があってこそ看護師だとか、私たちの時代はもっと酷かったという理由で、問題提起はされません。

実習には最低出席日数があります。出席日数がなければどれだけいい点数を貰ったとしても不合格になります。ですが辛ければ記録より睡眠時間を優先させて、なんて言う方は1人もいません。
睡眠時間の減少により、正常に考える能力が低下してしまい、実習中に怒られたりなどして落ち込むことがあっても切り替えることが普段より難しくなります。ある種うつ状態なのを無理矢理奮い立たせて実習していたと思います。

また、私の友人の話で申し訳ないのですがかなり酷い扱いを受けていた話を記述させてください。 病棟へ実習に行くとだいたいは記録や話し合いのために病棟の一室をあてがわれることが多いです。そこの病棟は、部屋は貰えていませんでした。実習中にも書き物をする時間があるのですが、テーブルやイスも貸してもらえず、廊下で立ちながらワゴンを使用し書き物をしたそうです。しまいにはそこで働いている看護師に「邪魔」と言われる始末。

よく看護学生は「私たちには人権がない」と話します。患者さんファーストであることや、私たちはあくまでも学ばせていただいていること、病棟は忙しいので働いている看護師に迷惑をかけないように留意すること、など全て理解できます。その通りだと思います。ですが、現状の看護実習ではどこの病院病棟に行っても学生の人権はないがしろにされているなと感じます。

ちなみにその状態は新人看護師として就職してからも1年ほど続きます。新人看護師も病棟の先輩看護師からの扱いはほとんど学生と同じです。看護師不足の背景にはそのような問題があるのだと思います。

看護学生といえどあくまで資格のない学生、学ばせていただいている、その考え方は大事だと思います。ですがだからと言って学生を下にみていい理由にはならないと思います。まずはそういったマインドを少しでも減らせればいいと思います。

私が考えるのは、睡眠時間を確保できれば少しでも問題は解決できるのではと思います。そのためには詰め込んでの実習日程を組むのは廃止にしていただきたい。私は専門学校卒で、月〜金の5日、ないしは月〜木の4日連続で実習に行き2週間ないしは3週間を1クールとしていました。

実習中は、例えるとサラリーマンが毎日8時に出社し、(17時定時だとして)毎日5時間から6時間残業している(学生は家に帰ってから記録や次の日の準備のためにこれくらいの時間を要します)のと同じような生活を送ります。

それって月残業時間100〜120時間ということです。一般的な過労死ラインは月80時間とされていますが、学生だから学びだからといってそれが守られなくてもいいのでしょうか? 睡眠時間の減少はメンタル異常も繋がります。いつもは切り替えられることがいつまでも頭の中をまとわりつく、パフォーマンスの低下、など。

実習の内容としては、看護師になってから振り返ると大事な経験を多く積めたので有意義な時間だったと思います。コロナ禍ゆえ実習を経験しなかった新人と、コロナ前で実習を経験した新人とでは明らかに、経験の違いを感じます。なので問題としては実習日程を詰め込みすぎて睡眠時間が確保できないことにあるのではないかと私は考えます。

NO.323 体調不良での欠席を指導(説教)された

一年生での初めての実習が生理と被り、帰宅後ほぼ気絶するように眠ってしまったことがあり、痛み止めも効かなかったためそれ以降は低用量ピルを内服してコントロールをしていました。

しかし、2年生後半からは基本的に全て実習だったため座学の日に生理が来るようコントロールすることも難しく、朝飲んだ痛み止めが効かず、めまい等もあり実習や演習を欠席したことがあります。

その時の担当教員へ、生理痛がありピルも内服しているがどうしても無理な体調だったことも含めて後日報告に行くと「でも毎月来るってわかってることなのに、なんで対応できなかったの。いつも生理のたびに休んでるの?違うよね、今回はなんで休んだのかな。自分の体調管理もできないような人は看護師になれないね」という内容の指導を受けました。

その場ではすみません以後気をつけますと言いましたが、その後同じ教員から体調不良について詰められている友人も数名いました。

私はこの件に関して、欠席により1日分の単位が取れず成績に影響がありましたが、他の日の欠席はなかったため落単というような事態にはなりませんでした。

自分自身で気をつけられることはこの件の時点でしていたので、以後も変わらない対応をしていました。 教員はもちろんいい先生もいらっしゃるので、別の教員が担当する実習での体調不良の際には「大丈夫?無理しないでね」と暖かい気遣いをいただけることが多かったです。

私に対し自己管理がなっていないと説教をした教員は他生徒にも同様の指導をしていたようなので、本人の性格に問題があるかと思います。
問題がある教員に対応の改善を期待するより、自分の健康状態やその対策をさまざまな教員に伝えておき、理解してもらえる味方を増やしておくことが1番の対策かなと思います。

NO.324 実習期間中に言葉による精神的暴力を受けた。

実習期間中、実家から祖母が倒れたという連絡があったため実習を休んで実家に向かったところ、後日その実習領域の教授から「その行動は看護学生として間違っている。看護学生なら家族が亡くなるとしてもその準備はできているのが当然」と言われた。

精神的な被害を受け、そのまま卒業まで(卒業後も)その教授だけでなく、学校関係者に怯えながら過ごした。

解決策は何もなかった。ただその教授が大学を辞めるのを待つだけ。

NO.325 希望により掲載なし

NO.326 実習評価の体調管理の項目を、一日も休んでいないにも関わらずC(最低評価)にされた。

実習中に担当教員に「調子どう?」と聞かれたため、正直に「睡眠も取れないしメンタルもきついけど、なんとか毎日来られてます」と答えたことで、実習評価の体調管理の項目を、一日も休んでいないにも関わらずC(最低評価)にされた。

上記の事に関して、本来体調管理の評価項目は体調不良で欠席があった場合に下げられる項目です。しかし、先生に調子を聞かれて正直に相談したことで欠席していないにも関わらず最低評価をつけられました。他のグループメンバーはA評価でした。

先生に聞かれたから正直に答えただけなのに、そのことで評価を下げられて悔しい思いをしました。辛くても自分を奮い立たせて毎日実習に行っていたのに、先生に相談しなければよかったと思いましたし、どうせC評価になるなら休んでもよかったとさえ思いました。自分の努力を否定された気持ちになりました。

この事例に対して、今後もまだ該当教員が実習担当や試験評価に関わる可能性があるため本人に直接意見して、さらに評価を下げられたりすることもあり得るかもしれなかったので、校長先生直通の目安箱に投書しました。校長先生には「本人に直接言ってみてはどうですか?」とお返事いただきました。

NO.327 実習中の担当患者受け持ちの看護師(指導者とは別)からの高圧的な態度

行動目標を発表する際に無視される。処置の見学をさせて欲しいと申し出たら目の前でカーテンを閉められた。カーテンを閉められてしまったため、外で待っていると「入るの?入らないの?どっちなの?」と怒鳴られる。

実習中は常に腹痛との戦いでした

看護師になった今、きちんと指導者としての研修を受けた看護師のみが指導に関わるべきだと思いました。 18-20歳くらいで年上の看護師(大人)に高圧的な態度をとられたり、怒鳴られたりするのは精神的にも辛いものがあります。

看護学生、看護師は「耐えてこそ!」みたいな風習があります。私の実習担当教員も「まだ今は良くなった方よ!昔はもっと酷いことされてたから」と話していました。

NO.328 指導がないと落単は分かりきっているのに、そもそも指導をして貰えなかった。そもそも私1人のみに対し挨拶や呼びかけへの無視、高圧的な態度がある状態であった。

うちの看護学校の看護実習は担当教員1:生徒3~4で行います。
その担当教員(これからはA教員とします。)は生徒3~4名のうちの1人をターゲットとし、挨拶や呼び掛けを無視したり高圧的な態度で接していることで有名でした。
そして私はそのうちの1人になってしまいました。

A教員によるパラパラ・アカハラを受けたのは先輩にも何名かいたと聞いています。今もパワハラを行っているようです。私が受けた実害は、
①他の生徒が同じことをしても私だけキツく怒られる。この際、高圧的な態度で私1人のみを呼び出し説教。
②挨拶、呼び掛けの無視
③日々書く実習記録へのA教員による指導のコメントが一切なく、白紙で返され何を改善点が分からず落単・留年した。

パワハラをしてきた動機はA教員は生徒の前で
「普段ニコニコしている人は裏がある気がするから嫌い」と堂々と発言しており、私の普段の様子・性格がニコニコ人当たりが良くしていたので嫌ってきたのだと考えています。
しかし、本当の動機は確認できておらず、二度ほど調停を起こしたのですが「本件に関してのみ、適応障害になった」と対応して貰えませんでした。

実習期間(2~3W程)6kgの体重減少・食欲不振・鬱傾向・自殺企図

学校に意見箱を設置する。学校でのパワハラ規則を策定する。

NO.329 学校教務主任より人格否定があった

言葉の暴力、(常識がない、ネガティブ、語尾が挑発的、イントネーションがおかしい。)

自殺をしようと思い練炭を買い込んだ

学校側に第三者を含めたパワハラ相談室を作ってほしい

NO.330 パワハラ

実習期間に教員から
「学生の人権なんて無いよ(膨大な量のレポート課題をかされる)」
「ひとは1週間寝なくても死なない」と言われていた。また、学校の敷地内の寮に住んでいたが、定期的に教員が学生に無断で部屋のチェックに入っていた。

(授業中で本人不在のタイミング)実習中やテスト期間で掃除や整理整頓が行き届いてないと看護師適性がないなど他寮生の前で罵られていた。

眠れないなどの症状はよくあり、退学に追い込まれた同級生も複数いた。

より余裕のあるカリキュラムに改善される、また第三者機関などに学生が相談できるシステムがあると良いと思う。