実態レポ NO.361~370

NO.361 希望により掲載なし

NO.362 指導教員からの差別的な発言

連日まともに睡眠時間も確保できずに、それでも友人達と励まし合いながら毎日こなしてきた実習の中で、ある日時計を忘れてしまった。教員にすぐ報告したが「はっ、貴方みたいな小さな忘れ物するような人が医療事故起こしてニュースになるんだわ」「え〜近いうち貴方をニュースで見るのぉ?」「やめてよ?患者さんとか殺さないでよ?(笑)」と言われた。時計を忘れてきた自分が悪いが、なぜ人殺し扱いされなくてはいけなかったのか?

時計を忘れたら人殺し扱いされて、自分が凄く駄目な人間に思えた。このまま看護師になっても人を殺してしまうかもしれないという恐怖が常に付きまとう。

中立な第三者機関が必要だと思う。 学校でも指導についてのアンケートが実習後にあるが全員単位を不当に落とされるのを恐れていくら匿名でも書けない。 第三者機関が調査に入って欲しい。

NO.363 人格否定 

グループ実習から1人で実習がしたいと申し出たと、教員から学長へ虚偽の申告をされていた。 

自殺未遂を起こした。クラスから孤立した

全面的に自分が悪いとされ解決策は見出せなかった。 実習中は教員プラス、地元以外の第三者配置して欲しい。(地域外の目を実習先に)

NO.364 パワハラ 教師の業務放棄

実習の為の物品を、これを持って行けと学校側が用意したが、渡された時点で正常に作動しなかった。その事を学生の確認不足、学生に全責任があると問い詰められた。

成績のせいではなく家庭の事情でやむなく休学をしたが、実習日の調整にあたって教師側にネチネチと、あなたのせいでイレギュラーが発生している、私は残業代も出ていないのにと言われた。休学を許可している学校である。教師の給与事情は生徒に関係があるのだろうか。

生徒達の前で他の学生の悪口を言う教員、人として疑問である。

テストの解答、他学生は正解だったのに不正解にされた。教員に確認するも問題すら見ず、さぁ〜忘れちゃった、間違ってるんじゃないのと濁された。

実習中、患者が午睡をされていたため、話しかける事を控えたら、なぜ話しかけないのか理解できないと根拠なく強い口調で言われた。

食欲減退 活気の低下 自尊心の低下

学校側は対策ゼロ 生徒の訴えを耳に入れない

NO.365 
1.感染症で出席停止になっていた授業(3回完結、3回目の発表日)に欠席し、復帰後課題レポートを提出したら職員室で30分叱責され、提出が認められなかった。
2.実習時、私の性格について言及。自分で自分はどんな人間かを答えさせられ、全然違うと言われて嘲笑された。

1.レポートを提出できた理由をなんで?なんで?と何回も聞かれる。休んだ授業は発表であり、その前の学習の授業は出席していたため、レポートは書けた。休んだのに提出できたのはありえない、と職員室で30分に渡り叱責。レポートは授業不参加のため、提出が認められなかった。その前の授業の出席点もなしにされた。感染症でも出席すべきだったのかと思う。

2.実習中、土日に体調不良になり自己学習が進まなかった。朝から全然だめだ、ありえないと言われ、萎縮していた。教員の問いに答えられないと学習ノートを投げるように渡され、勉強してないからね、と叱責。学生カンファレンスでは、私の性格が悪いことについての講評があり、その後の個別指導でも、頑固、やる気がない、人の話を聞かないと言われる。自分の性格を答えてみて!と言われ、答えると全然違うよね、カンファレンスの姿を思い出してもう一度答えてと言われ、頑固で話を聞かないダメな人間です。と言わされた。

学校に行くのがしんどいです。行きたくないけど、夢のために我慢して行っています。蕁麻疹が治らなくなりました。

解決策はないです。対策は、目をつけられないようにすることです。日々、ビクビクしながら過ごしています。お気に入りの子は、なごやかに指導を受けています。

NO.366 課題を受け取ってもらえない。

●腹痛と下痢のため課題提出時間に間に合わないかもと電話連絡し了解を経た。時間にギリギリ間に合ったのにも関わらず結果受け取ってもらえなかった。 A先生は『電話したもんね』と受け取ってくれようとしたが、後ろからB先生が来て『何考えてるの?もうダメです。正当な理由がない。診断書は?』と。 今の2年生は腹痛で提出に間に合わなかったが、2時間目に登校し受け取ってもらえた。先生からは『お腹大丈夫?もう帰りなさい』と言われ下校。

●分からないところを聞いても『教科書見たの?』見ても分からなかったことを伝えると『別の教科書見なさい。』

●男子は半パン禁止。『スネ毛が気持ち悪い』と言われた。

●タバコの臭いがすると言われ課題を受け取ってもらえない。

●職員室に来るよう日時指定されていたのにも関わらず『アポ取りましたか?常識ですよ!』と言われ、次の課題をもらえなかった。 まだまだありすぎて書ききれません。

単位がもらえず留年

解決策や対策など何も講じられていない。

NO.367 不公平な評価、人前で尊厳を傷つけクラスメイトとの関係性を壊す指示

実技試験で他の生徒とは異なる条件を付け足された。 加えて
「貴方はここはもう良いわ。合格よ。もう一つの項目だけ練習してちょうだい。」
と指示があった。
この教員は言ってることをコロコロ変える傾向があるため
「本当にその項目だけで良いのか」
と何度か確認した。(患者役の生徒もそれを聞いている。)

しかし試験当日
「私、その項目に合格あげた覚えないわよ」
と一転しそこもやることに 他の教員も異常を感じたのか度々私のところを見に来ていた。

試験終わりに
「あなた、患者役の子に頭下げなさい。迷惑かけてごめんなさいって」
と周りに生徒がいる前で言われ、頭を下げた(患者役の子は困惑)。

ちなみにこの教員は他の気に入らない生徒を一人授業中に同じように詰め寄り泣かせるまで追い詰めている。

技術テスト、実習など生徒の評価のみならず教員の評価も匿名で行って欲しい

NO.368 実習中他生徒の前で侮辱。

実習中ウトウトした生徒に『あなたナルコレプシーじゃないの?病院行ったら?』と言った。 別の日の授業中、ナルコレプシーのワードが出て来たとき『○○君のことだ!』と言った。

実習落とされた

NO.36

NO.36

実態レポ NO.351~360

NO.351 希望により掲載なし

NO.352 個人情報の流出やそれを利用した噂の言いふらし、人間関係の破壊、パワハラ、イジメ、ストーカー

言葉の暴力、成績の不正、過剰な監視、嘘や噂の言いふらし、人間関係の破壊、ストーカー

心身ともに疲労、人間関係の破壊、成績の不正行為

元看護師を教員にしない事、精神疾患を患った人を教員にしない事、宗教熱心な人を教員にしない事

NO.353 過剰な量の実習記録、その記録への不適切なフィードバック

過剰な量の実習記録
毎日の睡眠時間が最長4時間、平均3時間以下になる量の記録物の提出が必要だった。最終的に記録をまとめると、A4の紙ファイルがいっぱいになる量を手書きで仕上げていたことが分かった。

記録への不適切なフィードバック
毎日の記録や看護過程の記録に「?」だけが記載されており、具体的な指導が得られない。既に書いてある内容を見てもらえず、アセスメント不十分とコメントされる。教員と指導者の指摘が噛み合わず、指導者からも「観察も計画もずれている」と指摘された。

多量の記録物によって利き手の腱鞘炎を起こし、治癒まで数週間を要した。
精神的ストレスと自律神経失調で吐き気が止まらず、十分に食事が摂れなくなった。
実習病院の近くに宿泊していたため、母親に度々電話をして負担をかけた。
友人と連絡を取る気力がなく、どう過ごしていたのか心配をかけた。
実習終了後、病院周辺を歩いていると冷や汗と動悸を起こした。

要点をおさえた記録用紙で実習記録を取らせる。
教員からのコメントは内容が分かるように記載する。
実習指導者と教員との間で指導内容の打ち合わせを行う。

NO.354 自分にだけ態度が違う教員

実習中、他の生徒の発表に対して頷き、顔を見て聞くが自分に対しては俯いてメモを取り、顔を見たと思えば怪訝な顔。報告や相談も頷き等なく怖い顔で聞かれ、段々と発言や普段できている行動ができなくなる。記録のフィードバックも他の生徒に比べると少ない。

わたしよりも重大な失敗をした生徒に対してはサラッと怒るだけ、「もう行っていい」と伝え、わたしだけを長々と叱り続ける。実習評価を2:1の面談で「ここできてないよね」と目の前でどんどん下げられる。「これじゃ成績あげれないよ」と度々脅す。

感染症の診断書をもらって休んだ生徒と比べ、「あなたはあの子と違う」と比べる。体調不良に対し「無理しないで2日ぐらい休んでもいい」と話していたにも関わらず、休んだら休んだで扱いも天と地の差。

毎日言ってることが違う。
学内アンケートは記名が必要でこのような対応を告発することは、これ以上の不利益を被るリスクが高すぎて難しい。学内に戻ると、他の教員にも挨拶を無視されたりしている。

家族にも多大なストレスがかかっている。 単位がもらえない可能性があり、不安から食欲不振、うつ状態に陥っている。自殺願望が強く、電車を見ると飛び込もうか考えてしまう。体に鞭打って登校しているが毎日罪人のような気分で登校している。

心療内科を受診予定。 学生が不利な状態で教員の主観や私利私欲で成績が付けれてしまうため、人による評価システムを見直す。 教員になるためのハードルを上げるべき。 命を預かる仕事だと言って、指導という名のハラスメントを当たり前にする風習を抹殺するべき。

NO.355 言葉の暴力

実習中に言葉遣いがなっていない、指導しても改善が見られないと教師に突き放されました。 実習では私のみ男子学生で、他の生徒は褒められていましたので差別感、阻害感、孤独感がありました。実習の単位を落とし再実習となり、頑張ろうと思った再実習初日に教師から、あなたは再実習どんなに頑張っても合格点を超えられませんと言われ、頑張りましたが単位を落とし留年となりました。

私は留年となり学生継続か退学かを悩み、留年してもこれらの教師が居続ける限り卒業見込みがないと判断し自己退学しました。実習以外の成績は合格圏内でした。退学後は無気力となり3ヶ月程、母の居る前でコタツに潜って過ごしました。39歳の時です。同じクラスの友人は同情してくれて退学時にクラスの思い出アルバムを頂きましたが捨てました。

ネットで助けてくれる組織を探しましたが当時はありませんでした。同じ経験をした人を探したら学校を管轄していた東京都庁厚生局へ連絡していることを知り、連絡しました。しかし学校に問題はなかったと言われ、終わりました。

NO.356 様々な種類の不適切指導が放置されている

①私は地毛が学校指定のカラーチャートよりも1番程度明るく、毛先にいくにつれて色が薄いのです。それは入学時より伝え、地毛証明リストというものにも書いてもらっていました。にも関わらず、実技授業に参加させて貰えなかった。黒染めをするか髪を切れと言われた。これを言ってきた教員は地毛証明リストのチェックを担当した教員でした。
黒染めをするか髪を切ってこないと授業にも実習にも参加させない「辞めるか切るか選べ」

②コロナ真っ只中に入学し、緊急事態宣言から始まった学生生活でした。もちろん飲食時以外のマスク着用が必須でありましたが、一部の生徒はノーマスクで騒いでもお咎めなし。医療職を目指すとは思えない指導でした。
ノーマスクには指導せず。ルールを守っている側に対して。「自分の感情コントロールの練習だと思え、大人なんだから 」

③補習、補講と称し、しかも当日に発表され、アルバイトや仕事がある人も多い中参加しないと単位をあげない、と脅しまがいなことを時間外にされた。

④男性教員について。フェイスシールドの装着や、白衣の中の下着の確認など、不必要な接触を強いられた。 顔を触る、背中から下着を覗き込む行為あり。

⑤緊急事態宣言で授業数が減っていること、実習も学内になっていたこと、学内施設を使えなくなっていたことより学費の返還依頼をした。すると感染対策費に使っているからとの返答。目的外利用ではないか、詳しく話を聞きたいから法人側の連絡先を教えて欲しいと質問すると、「額も言えないしわかってくれ、資格が欲しいんだろう」と脅迫紛いなことを言われた。
結局詳しい説明はなく、もちろん返還もない。

卒業までに半分ほど退学、留年しました。

①学科長より聞き取り調査のみ。
②何も無い。
③この形の指導は現在も行われている。
④他の教員は事実を知ってはいるが、何も対応等はなく、この教員は現在も指導にあたっている。
⑤使用する前に説明文の告知等が必要なはず。モラルなどではなく法的な話になるかと。

NO.357 希望により掲載なし

NO.358 希望により掲載なし

NO.359 希望により掲載なし

NO.360 配慮のない叱責、恫喝

教室中の学生が見ている中で独りに対する叱責
「成績を上げない限り退学勧告する」と恫喝

①他人が見ている中で叱責を受け、翌週以降の授業を欠席
②教員との面談時、親身に相談に乗って頂いたが最後に一言恫喝され、それ以降人間不信が加速し、他人を信用するのが困難になった

①叱責する際は他人が見ている場所は避け、文面または1対1でする
②籍に処分を下すことを告知する際は教員ではなく事務の学生課の職員が告知する

実態レポ NO.341~350

NO.341 希望により掲載なし

NO.342 希望により掲載なし

NO.343 希望により掲載なし

NO.344 理不尽なインシデント

実習で昼食を忘れてしまい自己管理不足でインシデントをもらった。

お昼を買わされた。

NO.345 希望により掲載なし

NO.346 大学教員(看護学部)から必要以上に人格否定をされたり、やる気を阻害してしまうような趣旨の発言を実習を通して言われた。

患者に対する看護を提供しようと思い、目標や行動計画を学校の指導の元実施したが、教員の主観的な考えを押し付けられた。 必要以上に能力が無いなどといった発言が多々見受けた。 患者への対応での指摘のつもりだが主観的な考えを押し付け阻害された。 人格否定発言で私含め同級生の心の傷となった。

自己肯定感が下がり、勉強、就職へのモチベーションが維持できない。

教員採用の見直し又は人格否定発言の撤回、言い方伝え方への指導、監査

NO.347 希望により掲載なし

NO.348 単位全て取れているのに卒業できるか分からない。

座学、実習の単位全て取れていますが模試で少しでも点数落ちたりすると卒業できない。や卒業させない。国家試験を受けさせない。私たちの給料に影響出る。と言った発言をされる。

卒業できるのか分からない不安や国試受けられなかったらどうしようと不安で眠れず集中力低下、学力低下、意欲低下につながってしまう。生きていたくないと思ってしまう。

単位取れているなら卒業させるべき。国家試験を受けさせるべき。当たり前のことですよね。

NO.349 意図して実習記録の指導をせずに落とす

指導に関して中間評価後から記録を見る。毎日提出していたが見なかった。
意図して記録の指導をせず実習を落とす。学生4人同じ対応。

以下詳細

R6年1月9日より1月25日迄、基礎看護学実習Ⅱがありました。

R5年10月に基礎看護学実習Ⅱがありましたが、単位を落とし再履修があり遅れていきました。
10月に基礎看護学実習Ⅱを落ちた現役男子1人(再実習)、初めての現役男子1人、社会人女性2人計4人。教員は、今年度採用教員1人、その指導員として教員1人の計2人でした。採用教員は、私は勉強しに来てる。と発言あり。

毎朝見せる本日の行動計画表は、毎回目標に対して指導が入り、直しても指導あり、最初にまとめて言えないのか。と思う。
患者のベッドでダメ出しする。
血圧測定をし3日後に、マンシェットが肘に巻かれていたのでダメなの。と言われる。 147cmの方で小柄なので腕も小さく、寝衣を捲り肘に掛かっていたかもしれないが、肘には巻いてない。3日後に伝えるって指導する気があるのか。

教員2人でよく話をしに離れる。アセスメントシートを見てください。と伝ると。まだ見ない。と2人に言われる。中間評価があり、その後より情報収集用紙ⅠやⅡ、行動計画表の指導の赤字が入る。 私には毎日記録を提出しても、他3人より記録の指導が少ない。

1/19(金)
新人の教員:「学生(私)の声が小さいから患者さんに聞こえないんだと思う。」
学生私:「はい。」と言わず、 今まで、2人、リハビリさんと3人で話をしていたが聞こえなかった??ととっさに思い、
学生私:「確認したらいいですか?」と言ったら
新人教員:「指導してほしいの?欲しくないの?これが学生私のすべてなの?」
学生私:「すみません。脳みそが足りないです。」
新人教員:「もう指導したくない。教員みんなそう思っている。」
学生私:「それは辞めれって事ですか?」
新人教員:「はい」
学生私:「それは今決めるんですか? …」

その後ナースステーションで電子カルテを見るが、鼻水と涙が止まらす、マスクを2枚替えた。その間に新人教員を指導する教員が、学生私がカルテ見れてるか近くに来た時にあまりに涙と鼻水でかガン見をする。

指導に関しても明らかに中間評価後1/18頃から、意図するかのように4人に赤字の直しをいれ始めた。 昨年10月に基礎Ⅱ実習を行って合格した人に確認すると病棟2日目にはアセスメントシートを書き指導をもらっていたそうだ。
初めから落とす気満々な指導に憤りを感じる。
きちんと指導する教員は学生4人へ病院で記録を書かせ終らせて合格させている。この差はなんだかわからない。

昨年10月の基礎Ⅱ実習では、病院関係者、保護者からあまりに酷いのじゃないかと電話をいただいた。先ず、私達に相談してね。教員に調査したが、「そのような事実はなかった。国の基準にきちんと則ってやっている。」と話があったが、嘘だと感じた。
3年生も昨年基礎Ⅱで沢山落ち、現役生が5人辞めた。と教員から聞いた。 自分がされていたからパワハラするのかなんだか分からないが、学生は学費を払い教員は給料貰っている。仕事もせずパワハラしいる。

録音を常時し証拠に出来るようにしている。

NO.350 理不尽に実習停止にされた

病院実習での出来事です。近くに住む友人と共に病院へ向かっていたところ、「話し声がうるさい」と教員に発見され実習停止になりました。 場所は病院から程近いところでした。 話し声がうるさいと言っても2〜3言程しか話しておらず、確認事項についての会話でした。声量には気を付けていたため、うるさいはずがありません。

実習停止が言い渡され、その場で学校へ自力で行くように言われました。 登校後別の教員から事情聴取があり、潔白を訴えましたが反省文をひたすら書かされました。 自身のどこが悪かったのか、改善点について1日詰められました。その後再実習の対象にはなったが、7割の評価しかできないと言われ、保護者と共に撤回を求めました。結果として休日に再実習を学内で行うこと、他の生徒と同様の評価基準(7割評価は撤回)で行うことが約束されました。話し声がうるさいと実習停止した教員から、謝罪は一切ありませんでした。

実習停止を受けたことで、周囲の目は明らかに変わりました。 ルールを守ることができない人だというレッテルを貼られました。 加えて学校に対する不信感も募り、退学も考えました。 教員には怒りしかありません。

教員1人の言葉が信じられ、生徒の声を聞かないということは明らかな差別です。 柔軟な仕組みになれば良いのではないでしょうか。

実態レポ NO.331~340

NO.331 ある教員が自分にだけ冷たい態度をとってくる

最前列でプリント配布される時に、みんなは手渡し+はい☺️と言ってプリントを配られるのに、手を差し構えてる私には机にプリントを無言でポイ捨てされました。何回もしてきたのでわざとです。他にも他の生徒とは笑顔で話すのに、私だけ眉間に皺を寄せる感じで無愛想に話してきます。

精神的に病んで毎晩寝る時に泣いていました。その意地悪をしてきた先生に実習練習を見てもらう時に、突然2回も大号泣してしまいました。

解決策はありません。教員は絶対的存在で逆らうと攻撃されるし、単位を落とされるかもしれないという恐怖があります。なのでジャイアンのような状態で威張り散らかしています。

NO.332 事前学習ができてないという理由でその日の実習は詰所で立って見学しか許可されなかった

しっかり事前学習していったつもりでも、指導者さんからするとできてなかったようで、「こんな内容じゃ実習させられない」と言われ、「ここで立って見ときなさい」と詰所の端で立って見学しか許してもらえず、その日は患者さんと顔を合わすことなく終了。こんなことが私の周りでも数件起きていました。

実習へ行きたくなくなる、実習の意味がなくなる、辛い、しんどい、トラウマ

事前学習の内容に不足があるなら午前中や休憩時間に調べて午後にさせてもらうこともできるし、間違いを指摘した上で午前から実習をさせることだってできます

NO.333 バスの遅延で実習中の学内日に遅れただけで単位はあげられないと言われる

バスが遅れやすい地域に住んでおり(それを見越して動くべきではありますが何分遅れるか読めない)、バスの遅延で複数回講義に遅れてしまったことがあり、その際「こんなに遅れるなら単位はあげられない」と脅されました

実習へ行きたくなくなる、恐怖心、トラウマ、自殺を考える、ご飯が食べられなくなる、眠れない

バスの遅延が原因なら見逃すべきだと思います

NO.334 アトピー体質が原因で実習を辞めるように言われる

小児実習前の講義の際に、アトピー体質な影響で肌質が綺麗とは言えない私に向かって担当教員が「そんな肌見せたら子供たちは怖がるからどうにかできないの?そんな肌のまま行かせられない」とクラス全体の前でマイクを通して言われました。肌質なのでどうにかすることはできず、結局は実習に行かせてもらえましたが、周りと比べると当たりはきつかったように思います。

ご飯を食べられなくなる、恥ずかしい、トラウマ、実習や学校に行きたくなくなる、コンプレックスが強くなる、該当教員に会いたくなくなる

肌質に関しては防ぎようがないですし、教員も看護師をしているなら理解してるはずです。教員の意識を変えないと対策などはないと思います

NO.335 体調不良で実習中倒れてしまった翌日、教員より菓子折りか何かを持ってくるべきと怒られました

私は持病で自律神経失調症があり、気を失いやすい体質です。小児の実習中、ずっと立っていたのと子供が可哀想と思ってしまったせいで気分が悪くなってしまい気を失いました。
その場で実習先の看護師さんが対応してくれて、少し休んで午後からは実習をさせていただきましたが、教員からは反省文を書いてくるように言われ、翌日反省文を提出しました。その際「普通、反省文だけじゃなくて、菓子折りの一つでも持ってくるでしょ」と呆れられながら怒られました

余計に体調が悪くなる、ご飯が食べられなくなる、眠れない、実習へ行きたくなくなる、怖い、トラウマ(今でも怖くて小児科へは行けません)、辛い、しんどい、自殺を考える

そもそも体調不良で倒れたのに、反省文を書いていく理由が分かりませんが、学生が菓子折りを持って行くのはもっと意味が分かりません。普通であれば、「体調大丈夫?」などの心配する言葉が先に来るかと思うのですが、該当教員からはそう言った言葉は一切なく、一方的に怒られる状況となりました。 私もこの場合の対策や正解が何なのかは分かりません。

NO.336 希望により掲載なし

NO.337 人格否定発言をされる、無視される、目の敵にされる

教員がターゲットを決めて、学生を使っていじめをさせる。

うつ病と診断されて身体が動かなくなり、入学、退学する

そもそもパワハラを受けても相談機関や訴える場所がない

NO.338 指導者の好き嫌いで指導が違う。 頭を叩かれた

あなたのその話し方やめてほしいと言われた。
同じ実習班の子が指導されたことに注意して行ったらなんでそんな事するのと自分の言った事を無かったことにしていろんな人の前で指導を受ける
沐浴の見学の時、乳児の血液検査を横でしていたので横まで見ていたら、おもっきり頭を殴られた。

精神的苦痛。鬱になった

特に何もなし。周りもこれが当たり前の状況だったため洗脳されていたこともあり何も言わなかった。

NO.339 実習評価で差別的な扱いを受けて留年

実習中である教員から言葉の暴力を受けました。それでも頑張って実習中すべて出席したのにも関わらず、実習終了後に、ある教員に呼び出しをされて「記録が基本的ではない」と言われ留年となりました。しかし、もう一人の生徒は途中から実習に来なくなったのにも関わらず、教員からのお気に入りの生徒だったので実習の単位が足りなくてもレポート提出のみで単位認定となり卒業となりました。

実習中にある学校教員から目をつけられていました。実習指導からは何も言われてないのに、ある担当教員に突然実習中に怒鳴られあり、頭ごなしに病棟中に怒鳴られたり実習記録もある教員からのコメントが赤ペンだらけで、解らなくて質問したら「看護師辞めたら」「あなただけだよ。解らなのは」「自分で考えなさい」等の暴言を吐かれました。  

実習終了後にその教員に呼び出しされて「留年」を告げられました。理由は「きちんと記録が書かれていなかったから」と言われました。 しかし同じ担当の教員だったある生徒に対しての対応は違いました。その生徒は途中で実習が来れなくなり実習の単位が不足となりましたが、その担当教員は「レポート提出」のみで単位認定し卒業となりました。

その旨を校長に話しても「その人に合わせた実習方法です」しか言われず、その問題の担当教員から受けたパワハラの内容を校長に話しても「そんなことない」しか言われませんでした。 まるで学校教員の中で「今年は誰を留年させようか」作戦しているようにも感じました。

同じ看護学校の同期から「あなたも悪い」と言われたこともありました。又留年後に再実習となり学費をさらに稼ぎなから再実習になり、もっと勉強が出来なくなり一つ学年下の生徒にまで馬鹿にされうつ状態になりました。

同期だった仲間との連絡をすべてブロックしました。
もう看護学校時代の友たちを会いたいと思わなくなりました。
一人の教員のせいで自分の人生が狂いました。 そのせいで今も看護の仕事をしても「人を信用できない」考えが今もあります。

第三者委員会を立ててほしい。看護教員の教育も徹底してほしいですし不正行為があれば解雇してほしい。

NO.340 実習の面談で否定的なことと人格を否定したかのような発言

大学3年の領域別実習の時。担当教員は高齢の女性先生。目をつけられたら終わりという噂があったが、私は元々好かれていなかったため自分なりに頑張っていた。実習病院内での私に対する発言、その後の記録指導の時の発言、実習の最終面談での発言等、かなり否定的なことと人格を否定したかのような内容を言われていた。

実習の時、担当教員からは元々好かれていませんでしたが、その教員は好き嫌いがはっきりしていて、目をつけられると終わりという噂があったため、目をつけられないように自分なりに頑張っていました。

コロナ禍の実習だったので、ケアなどは入れず看護師のシャドーイングか、コミュニケーションをとることのみ行わせて頂きました。
担当患者さんは話すことがとてもお好きな方で、1日に数回お話をしに訪室していたのですが、ついつい長く話し込んでしまい、私もずっと話し続ける患者さんのお話を絶つことがなかなか出来ず、予定時間をかなりオーバーしてしまうこともしばしばありました。

その際は教員がわざわざ患者さんと私が話してる病室まで来て、「こんなに話がつまらないのに長々と申し訳ありませんでした。体力もかなり使わせてしまいましたね。後でこの子(私)のことは叱っておきますので。」と言い、先生と共に病室を後にしました。 案の定、控え室でかなり怒られました。話の絶ち方が分からないと質問しましたが、全然聞いてもらえず。

病棟実習最終日に担当患者さんのところに先生とご挨拶に行った際には、「俺が話すのが好きで、ついついたくさんのことを話しちゃって長くなっちゃってたんだよ。この子は何も悪くないよ。申し訳なかった。」と、患者さんに謝らせてしまったのは本当に心苦しかったです。本当に申し訳ないと思いました。

実習記録を書く際にも他の学生と比べられたり、苦手な領域だったためこれ以上文句を言われないように直接先生にわからない部分を質問した際には、「あなたに時間を割いてる暇はない。それなら他の学生の質問に答える方がマシ。あなたには指導したが、ほかに何をわからないことがあるのか。」と高圧的に言われてしまったので、謝りながら質問を取り消しました。

グループの友達に質問したり、自分なりに夜通しで調べたりしてやっとの思いで記録は完成させましたが、提出して最終面談の時に「あなたは何も出来ない。分かっていない。こんな記録、ゴミ同然よ。看護師になる資格などない。いますぐ大学を辞めたら?(笑)単位をあげたいとも思っていない。」など、本当はもっとこれよりも多くの人格否定を含む否定的な発言がありましたが、小馬鹿にしたような言い方をされました。

耐えられず面談室で泣いてしまったのですが、その時も「ちょっと!泣かないでよ!泣かれたら私が悪者みたいじゃない!」でした。何とか単位はもらえて留年は回避できましたが、終始ストレスの捌け口に使われたかのような対応でした。 翌年、この先生は定年退職をされ学校から退き、このことがあった時から数年経ちましたが、言われた内容は今でも鮮明に思い出せるし、当時負った傷が癒えることは無いです。

私は他の教員に相談をしていないので特に対策などは無かったです。校内でその先生を見かけると、動悸や目がチカチカする、うまく話せなくなるなどの症状がしばらく続きました。

この事例ばかりは先生の気分だったと思うので、こちらで何か出来るかとは無かったような気がします。他の先生に相談なども一切していません。

元々信用できる学校でも無いし、その先生も立場がとても上だったので、他の先生に相談したところで厄介ごとになるような気がしていました。 下手したら単位を貰えない可能性も出てくるような気がして…。
 *私の大学は1つでも単位を落としたら、その時点で即留年が確定します。 あくまで私の学校ではということなので、学校自体がしっかりされてるのに教員にパワハラなど受けた場合は、迷わず信用できる先生に相談する方がいいと思います。

実態レポ NO.321~330

NO.321 暴言、暴力、実習の妨害

実習に使用していたファイルを投げつけられる。
「あんたなんかが看護師になって欲しくないから実習落としてやりたいけど、今の学校は甘いから馬鹿でも受からせてもらえていいね」とナースステーションで言われる。
実習中に実施したいと申し出ていた実技を一切やらせてもらえず、先回りして終わらせられていた。
患者さんから「家族が面会に来た時は二人にしてほしい」と頼まれ、そのことを指導者に伝えた上で自習していたが「やる気ないなら帰れば」と指導すらしてもらえなかった。

その実習クールで毎日嘔吐を繰り返していました。行くことが憂鬱過ぎて、死ぬことすら考えていました。

教師に伝えましたが、何の対策もしてもらえず、改善もされませんでした。 近くで見ていたナースステーションの看護師や関係者が告発出来るような仕組みがあればいいなと思います。

NO.322 一つの失敗後、明らかに指導者の態度が冷たくなった

実習中に点滴を作る場面がありました。上手く作成できず、実地指導者さんが作り直してくださいました。ですが、その後から明らかに私に対する態度が冷たくなったと感じました。その時点で実習2日目、その後8日間ただひたすら冷たい態度に耐えました。

明らかに声のトーンが低い、質問したくて話しかけても後でと言われてしまい実習時間が終了してしまう、でした。明らかな暴言などはなかったです。

私が実習を通して感じていたのは、例えさほど厳しい指導者さんではなくとも、上下関係の位置づけには悪しき習慣が残っているなと感じました。教師と学生という上下関係ではなく、人間としての関係に上下をつけているなという感覚です。

また1度でも失敗してしまったり、指導者からの質問に答えられないと、落ちこぼれ生徒というレッテルを貼られてしまい、過干渉や過監視を受けます。それにより学生は威圧感とプレッシャーを感じ、さらに上手く立ち回れなくなるという負のループに陥ります。

実習の合否にはテスト同様に100点満点で点数をつけて採点し判断されるのですが、教師や指導者との相性が悪いと高得点はもらえません。逆にとりいることが上手い生徒は多少記録が遅れてしまったり、実習ができずとも合格をもらっていました。

採点には、ペーパーテストとは違い明らかに教師や指導者の主観が入るため、嫌われてはいけないという感覚になり、悪い上下関係の位置づけが加速します。 また、実習中は膨大な記録量により睡眠時間が著しく低下します。

教師も指導者も看護師なので、健康的な睡眠時間は何時間なのか知っているはずで、さらに学生は記録の為にその時間を確保出来ていないというのも知っています。ですが、学生は学ばなければいけないだとか、この苦労があってこそ看護師だとか、私たちの時代はもっと酷かったという理由で、問題提起はされません。

実習には最低出席日数があります。出席日数がなければどれだけいい点数を貰ったとしても不合格になります。ですが辛ければ記録より睡眠時間を優先させて、なんて言う方は1人もいません。
睡眠時間の減少により、正常に考える能力が低下してしまい、実習中に怒られたりなどして落ち込むことがあっても切り替えることが普段より難しくなります。ある種うつ状態なのを無理矢理奮い立たせて実習していたと思います。

また、私の友人の話で申し訳ないのですがかなり酷い扱いを受けていた話を記述させてください。 病棟へ実習に行くとだいたいは記録や話し合いのために病棟の一室をあてがわれることが多いです。そこの病棟は、部屋は貰えていませんでした。実習中にも書き物をする時間があるのですが、テーブルやイスも貸してもらえず、廊下で立ちながらワゴンを使用し書き物をしたそうです。しまいにはそこで働いている看護師に「邪魔」と言われる始末。

よく看護学生は「私たちには人権がない」と話します。患者さんファーストであることや、私たちはあくまでも学ばせていただいていること、病棟は忙しいので働いている看護師に迷惑をかけないように留意すること、など全て理解できます。その通りだと思います。ですが、現状の看護実習ではどこの病院病棟に行っても学生の人権はないがしろにされているなと感じます。

ちなみにその状態は新人看護師として就職してからも1年ほど続きます。新人看護師も病棟の先輩看護師からの扱いはほとんど学生と同じです。看護師不足の背景にはそのような問題があるのだと思います。

看護学生といえどあくまで資格のない学生、学ばせていただいている、その考え方は大事だと思います。ですがだからと言って学生を下にみていい理由にはならないと思います。まずはそういったマインドを少しでも減らせればいいと思います。

私が考えるのは、睡眠時間を確保できれば少しでも問題は解決できるのではと思います。そのためには詰め込んでの実習日程を組むのは廃止にしていただきたい。私は専門学校卒で、月〜金の5日、ないしは月〜木の4日連続で実習に行き2週間ないしは3週間を1クールとしていました。

実習中は、例えるとサラリーマンが毎日8時に出社し、(17時定時だとして)毎日5時間から6時間残業している(学生は家に帰ってから記録や次の日の準備のためにこれくらいの時間を要します)のと同じような生活を送ります。

それって月残業時間100〜120時間ということです。一般的な過労死ラインは月80時間とされていますが、学生だから学びだからといってそれが守られなくてもいいのでしょうか? 睡眠時間の減少はメンタル異常も繋がります。いつもは切り替えられることがいつまでも頭の中をまとわりつく、パフォーマンスの低下、など。

実習の内容としては、看護師になってから振り返ると大事な経験を多く積めたので有意義な時間だったと思います。コロナ禍ゆえ実習を経験しなかった新人と、コロナ前で実習を経験した新人とでは明らかに、経験の違いを感じます。なので問題としては実習日程を詰め込みすぎて睡眠時間が確保できないことにあるのではないかと私は考えます。

NO.323 体調不良での欠席を指導(説教)された

一年生での初めての実習が生理と被り、帰宅後ほぼ気絶するように眠ってしまったことがあり、痛み止めも効かなかったためそれ以降は低用量ピルを内服してコントロールをしていました。

しかし、2年生後半からは基本的に全て実習だったため座学の日に生理が来るようコントロールすることも難しく、朝飲んだ痛み止めが効かず、めまい等もあり実習や演習を欠席したことがあります。

その時の担当教員へ、生理痛がありピルも内服しているがどうしても無理な体調だったことも含めて後日報告に行くと「でも毎月来るってわかってることなのに、なんで対応できなかったの。いつも生理のたびに休んでるの?違うよね、今回はなんで休んだのかな。自分の体調管理もできないような人は看護師になれないね」という内容の指導を受けました。

その場ではすみません以後気をつけますと言いましたが、その後同じ教員から体調不良について詰められている友人も数名いました。

私はこの件に関して、欠席により1日分の単位が取れず成績に影響がありましたが、他の日の欠席はなかったため落単というような事態にはなりませんでした。

自分自身で気をつけられることはこの件の時点でしていたので、以後も変わらない対応をしていました。 教員はもちろんいい先生もいらっしゃるので、別の教員が担当する実習での体調不良の際には「大丈夫?無理しないでね」と暖かい気遣いをいただけることが多かったです。

私に対し自己管理がなっていないと説教をした教員は他生徒にも同様の指導をしていたようなので、本人の性格に問題があるかと思います。
問題がある教員に対応の改善を期待するより、自分の健康状態やその対策をさまざまな教員に伝えておき、理解してもらえる味方を増やしておくことが1番の対策かなと思います。

NO.324 実習期間中に言葉による精神的暴力を受けた。

実習期間中、実家から祖母が倒れたという連絡があったため実習を休んで実家に向かったところ、後日その実習領域の教授から「その行動は看護学生として間違っている。看護学生なら家族が亡くなるとしてもその準備はできているのが当然」と言われた。

精神的な被害を受け、そのまま卒業まで(卒業後も)その教授だけでなく、学校関係者に怯えながら過ごした。

解決策は何もなかった。ただその教授が大学を辞めるのを待つだけ。

NO.325 希望により掲載なし

NO.326 実習評価の体調管理の項目を、一日も休んでいないにも関わらずC(最低評価)にされた。

実習中に担当教員に「調子どう?」と聞かれたため、正直に「睡眠も取れないしメンタルもきついけど、なんとか毎日来られてます」と答えたことで、実習評価の体調管理の項目を、一日も休んでいないにも関わらずC(最低評価)にされた。

上記の事に関して、本来体調管理の評価項目は体調不良で欠席があった場合に下げられる項目です。しかし、先生に調子を聞かれて正直に相談したことで欠席していないにも関わらず最低評価をつけられました。他のグループメンバーはA評価でした。

先生に聞かれたから正直に答えただけなのに、そのことで評価を下げられて悔しい思いをしました。辛くても自分を奮い立たせて毎日実習に行っていたのに、先生に相談しなければよかったと思いましたし、どうせC評価になるなら休んでもよかったとさえ思いました。自分の努力を否定された気持ちになりました。

この事例に対して、今後もまだ該当教員が実習担当や試験評価に関わる可能性があるため本人に直接意見して、さらに評価を下げられたりすることもあり得るかもしれなかったので、校長先生直通の目安箱に投書しました。校長先生には「本人に直接言ってみてはどうですか?」とお返事いただきました。

NO.327 実習中の担当患者受け持ちの看護師(指導者とは別)からの高圧的な態度

行動目標を発表する際に無視される。処置の見学をさせて欲しいと申し出たら目の前でカーテンを閉められた。カーテンを閉められてしまったため、外で待っていると「入るの?入らないの?どっちなの?」と怒鳴られる。

実習中は常に腹痛との戦いでした

看護師になった今、きちんと指導者としての研修を受けた看護師のみが指導に関わるべきだと思いました。 18-20歳くらいで年上の看護師(大人)に高圧的な態度をとられたり、怒鳴られたりするのは精神的にも辛いものがあります。

看護学生、看護師は「耐えてこそ!」みたいな風習があります。私の実習担当教員も「まだ今は良くなった方よ!昔はもっと酷いことされてたから」と話していました。

NO.328 指導がないと落単は分かりきっているのに、そもそも指導をして貰えなかった。そもそも私1人のみに対し挨拶や呼びかけへの無視、高圧的な態度がある状態であった。

うちの看護学校の看護実習は担当教員1:生徒3~4で行います。
その担当教員(これからはA教員とします。)は生徒3~4名のうちの1人をターゲットとし、挨拶や呼び掛けを無視したり高圧的な態度で接していることで有名でした。
そして私はそのうちの1人になってしまいました。

A教員によるパラパラ・アカハラを受けたのは先輩にも何名かいたと聞いています。今もパワハラを行っているようです。私が受けた実害は、
①他の生徒が同じことをしても私だけキツく怒られる。この際、高圧的な態度で私1人のみを呼び出し説教。
②挨拶、呼び掛けの無視
③日々書く実習記録へのA教員による指導のコメントが一切なく、白紙で返され何を改善点が分からず落単・留年した。

パワハラをしてきた動機はA教員は生徒の前で
「普段ニコニコしている人は裏がある気がするから嫌い」と堂々と発言しており、私の普段の様子・性格がニコニコ人当たりが良くしていたので嫌ってきたのだと考えています。
しかし、本当の動機は確認できておらず、二度ほど調停を起こしたのですが「本件に関してのみ、適応障害になった」と対応して貰えませんでした。

実習期間(2~3W程)6kgの体重減少・食欲不振・鬱傾向・自殺企図

学校に意見箱を設置する。学校でのパワハラ規則を策定する。

NO.329 学校教務主任より人格否定があった

言葉の暴力、(常識がない、ネガティブ、語尾が挑発的、イントネーションがおかしい。)

自殺をしようと思い練炭を買い込んだ

学校側に第三者を含めたパワハラ相談室を作ってほしい

NO.330 パワハラ

実習期間に教員から
「学生の人権なんて無いよ(膨大な量のレポート課題をかされる)」
「ひとは1週間寝なくても死なない」と言われていた。また、学校の敷地内の寮に住んでいたが、定期的に教員が学生に無断で部屋のチェックに入っていた。

(授業中で本人不在のタイミング)実習中やテスト期間で掃除や整理整頓が行き届いてないと看護師適性がないなど他寮生の前で罵られていた。

眠れないなどの症状はよくあり、退学に追い込まれた同級生も複数いた。

より余裕のあるカリキュラムに改善される、また第三者機関などに学生が相談できるシステムがあると良いと思う。

実態レポ NO.311~320

NO.311 希望により掲載なし

NO.312 希望により掲載なし

NO.313 実習前に高熱が出た時の教員の対応が酷い

 実習2日前に急性リンパ節炎で高熱がでた。当時はコロナはなかったが感染症などの場合、もちろん実習には行けないので実習前に担当教員に電話すると心配の言葉の前に、体温計が壊れているのではないかと言われた。
 一人暮らしだったので、朦朧としながら体温計を買いにいって報告するとため息をつかれた。 最初は学内実習だけでもと言われ通学したがそこで無理をしたせいか再度高熱がでて実習は延期になった。治ったら連絡しろといわれ特に教員からの連絡はなし。
 病院でも原因がわからず、3週間毎日通院して点滴を投与しやっと寛解して教員に連絡するとそんなに大事なのになぜ早く言わなかったのかと怒られた。不器用な心配だったのかなんなのか今でも意味がわからない。

 授業中に全く授業とは関係ないつぶやきのような質問(雑学のような質問)を外した学生に対して君たちは何を考えて生きているんだと発言した精神医学の教授。

上記の実習前の出来事があってから自分の体調不良をいかに隠す誤魔化すようになった。人が信じられなくなった。その分体調管理には人一番気をつけるようになったのはいいかもしれない。

 必要だと思う。別日の実習期間、実習班への割り振りなど。コロナがおきてからは割とそこら辺が臨機応変に対応できるようになったのでそこはよかったと思う。一方でコロナであってもたった一つの実習が未履修なだけで単位をおとす学校もあると聞くので早急な対応が必要だと思う。

NO.314 隠蔽、逆ギレ

教師が患者をむげに扱い嘘の証拠謝罪文を作らされた

精神的、身体的にも体調不良になった

学校に話した

NO.315 ナースステーションで怒鳴られる
他の教員に心配されるくらいの過剰な指導を受ける、
暴言、水分の制限

・教員に、私が前日体調不良で欠席したことをナースステーションの真ん中(他の看護師や医師がたくさんいる)で怒鳴られる。それも学生用控え室からロッカールームに移動しようとしたのをわざわざ捕まえてナースステーションに連れてこられた。

・実習記録に求められるレベルが高く、毎日3時間も眠れなかった。

・ロッカールームで他の教員に話しかけられたため応答してると、「何故私に一番に話しかけなかった」と怒られた。

・パワハラにより記録もボロボロで病院側としては「合格レベルを出せません」とのことだったらしいが、学校側が高い評価を出したので結局単位はもらえた。でも記録も抜けだらけで欠席もあったので学校側が提示した評価はパワハラをもみ消すためのものだと考えている。

・↑のパワハラ教員は他の学生をPTSDで退学に追い込んだらしい。

・看護師からは怒鳴られ、無視され、詰問されるなど日常茶飯事。過呼吸を起こした時は教員に非常階段に引きずり込まれたことがある。

・「あの子何しに来たの?」と看護師の申し送り最中に陰口を言われた。

・喉が乾いても休憩時間以外の水分摂取は認められなかった。

・一時はPTSDのように解離やフラッシュバック、過眠など起こしていたが、理解ある教員の助けで何とか引きずらずに済んでいる。ただし学校側としては何もしてくれなかった。

・実習期間中における短時間睡眠の繰り返しで睡眠障害が生じた。

・実習期間中、常に酷評される環境にいたため、自己肯定感が下がった。看護師が怖かった。

・パワハラ対策委員会という学内での相談機関が設けられ、学生はメール等で相談できるようになった。

・有名なパワハラ看護師は学生が関わらないところに異動になっていた。

・パワハラにおける相談機関も大事だが、罪には罰がやはり再発防止には大事だと考える。例えば教員だったらイエローカードを重ねて、レッドカードになれば懲戒免職とか。看護師だったら実習指導に関わらせなくするとか。

・公的なパワハラ相談機関が欲しい。看護協会がパワハラ審査とパワハラに対する処分を決めれる機関にならないものか。

NO.316 介護実習施設においてのケアの強制ほか

介護施設実習にて男性入居者の陰部を洗うように強制された。病棟実習では学生の1人が過剰に叱責され看護師長と学部長の会議にまで発展した。

業界で働く人々を信じられなくなり、就職したくなくなりました。

叱責の件については学校と実習側で話し合いがなされました。言った言わないになるので、難しいとは思いますがカメラ設置とかですかね…

NO.317 インシデントをクラス全体に非難を交えて報告され尊厳が傷つけられた

実習でインシデントを起こした人がいて、全教員とクラス全体が集められインシデントの詳細が報告された。報告した教員は、名前こそ伏せていたが、誰がインシデントを起こしたかみんな知っていた。レポートを読み上げる際、馬鹿にしたように鼻で笑って
「この学生曰く〇〇だったそうで」
「私はこの表現どうかと思うけど」
などと私情を交えて非難する口調で報告した。教室の空気は凍っていた。

尊厳を傷つけられ、ダメな人のレッテルを張られ、クラスメイトはよそよそしくなった。この一件以降、教員のあたりが強くなった。

インシデントレポートは再発の防止が目的で個人を責任を追及するものではないと教員は当然認識しているが実際学生は非難されたと感じている。パワハラのガイドラインを策定して教員はパワハラ講習を受ける機会があるとよい

NO.318 病棟師長がカンファレンス時に怒る

病棟師長がカンファレンス時にグループ全員の記録が不出来と怒り、退席した。その後泣きながら師長にもう一度カンファレンスをさせてくださいとお願いしに行き、再度カンファレンスをすることになった。

アドバイスや指摘でなく、カンファレンスから退席するという激高した態度で生徒を追い詰めた。

今でも忘れられない出来事。当時は喉元を過ぎれば、だったが、社会人になり看護師がメインでない企業に勤めてあらためて異常だったと気がついた。

ハラスメントの窓口を作り、第三者が調査できるようにする。カンファレンスや実習中可能な限り録画・録音し、指導者側がハラスメントしないように抑止する。

NO.319 実習中の無視や威圧

実習期間中指導者看護師への挨拶を無視される、記録を読んでもらえない、シャドウイングを拒否される、具体的な指導をせずに指導者自身の不快感について説教される

実習に行きたくないが単位のため無理に実習に行く状態で抑うつ感が強くなる 病棟への就職への拒否感が強くなり、卒業後は病棟勤務せず。しかし、看護師業界は数年は病棟勤務をしている人がほとんどのため転職時やや不利となっている

看護学校の担任に報告。その指導者はいつも実習生にそのような態度をとっている様子であり、提出物さえしていたら単位は落とさないようにするからとそのまま実習続行

NO.320 実習中勉強不足と言われ勉強はしていたがかなり個別で怒られた

実習中勉強不足と言われ勉強はしていたがかなり個別で怒られ、1人だけみんなが実習してる中教科書を音読させられました。ギリギリ実習は合格でしたが辛かったです。あなたが昨日勉強して来たことは全く意味ないなど言われました。

かなり心がまいり耳の調子が悪くなりました。

諦めました。 年齢を重ねている先生からのパワハラが多いと思うので指導者への勉強会なども必要だと思いました。

実態レポ NO.301~310

<~NO.330 NO.331 NO.332 NO.333 NO.334 NO.335 NO.336 NO.337 NO.338 NO.339 NO.340 NO.341~>

NO.301 学生時代の実習中に実習指導者の看護師から私情を乗せた過剰な脅しと言える指導があった。

再実習中の実習指導者の看護師から「アンタみたいな学生が看護師なっても私はアンタの顔覚えとるからな。許さへんで。」と2人きりの時に病院のエレベーターで言われた。

当時すでに実習のストレスから不眠症と鬱状態で幻視幻聴を発症しており、欠席を繰り返すようになっており不合格となった後の再実習中であった。この時に心は一度死んでいた。 看護師になってからは普通の態度で接してきたが、勝手にその看護師が辞めていった。今思うと、恐らくその看護師も病んでいたのだろう。

教員との面談が度々あり、その時の精神状態や身体症状を話す機会を設けてもらえた。
自分はそこで指導者の不適切な発言を含め、当時の困っていることや不明点を質問したり思いを表出できた。

その後、他の実習でも欠席しがちとなり単位を落とし、再実習はせずに自ら留年して休養しながら学内での自習で知識をつけてから来年に実習をすると決めさせてもらった。 (当時の自分は出来ていない自分を許せなかったのが根底にあり。分からないままに記録を書けなかったため手が止まり、分からないことを教科書で調べてからでないと記録を書けなかった。故に知識をつけてからであれば記録をしやすいと考えた結果の対応策をとらせてもらった。)

翌年の実習では3つ中2つは順調に合格できた。 しかし、統合実習時にフラッシュバックを発症し、ギリギリのところで欠席しがちとなったが、既に合格ラインを超えているから出席だけはするようにとの教員からの後押しで何とか出席だけはするようにして何とか合格した。

当時の教員達との信頼関係が出来ていた為、精神症状を再発していても身体を動かすことが出来たと感じた。 当時の教員には言葉では表せない程に感謝している。相当なまでに親身になって面談を行なってくれていた。学生の頃から看護教員になりたいと思ったほどであった。

当時の指導では5時間は睡眠をとるようにとの指導があった。全員が睡眠時間を事前に教員へ提出していたが、怒られるからとの理由で皆5時間と記載していた。自分は正直に1時間や5時間なりとその日の睡眠時間を記載していたが、他の学生からは欠席などしていたことも相まって白い目で見られることもあったのではと思う。(実際は分からない。これも被害妄想であった可能性がある。)

そもそも不眠症になっていたためムラがあった。 現場への対応依頼は不可能に近いのではと思われる。業務の忙しさと共に慣習が悪さをしている。医師からのパワハラを受けることが多いのも根っこからの原因と思われる。 病院全体のパワハラの慣習は酷いものだと思う。患者の人数に対して看護師が少なすぎる。心の余裕が無いことが多い。

NO.302 実習の点数を改ざんされたため不合格になり留年した

実習の点数を修正テープで改ざんされていたため1点足りず留年になった。実習先の担当看護師さんからの評価の中の1項目が0点になっていたがその理由は「実習日と看護師の勤務が合わなかったため評価できない」と説明された。(それが本当なら病院側の過失だと思う)

しかも評価は1〜4点のため0点という評価はなく、もし私の勉強不足でできなかったとしても1点はもらえるはずだった。しかし数日後に修正テープで点数を消され0点に改ざんされていることに気付き教員や学部部長、副学園長に訴えたが
「もう成績が出た後だから何もできない」
「看護学部のことは学部教員に任せているから口出しできない」
と言われ何も対応してもらえず留年になった。修正テープの下には点数がついていたので学校教員が改ざんしたと思われる。

うつ状態になり涙が止まらない、人間不信、不眠などの症状が出た(田舎のため人の目が気になって精神科には通えなかった)留年になったため金銭的負担が増えた。年下のクラスに入ることからの羞恥心や劣等感、自尊心の低下を感じた。

担当教員、学科主任、学部部長の退職(責任をとって辞めたというより他の生徒や保護者からもクレームが多発していたため逃げていったという感じ)

生徒や保護者からの意見を第三者が介入して解決していけるようにすることが必要。看護学校は閉鎖的なので教員と生徒の間に上下関係ができ生徒の意見はつぶされるので外部からの目が必要だと思う

NO.303 私ではないがクラスメイト(発達障害)の実習担当教官が「君は看護師に向いてないから実習の単位をあげない」→留年→退学

合理的配慮や何らかの手助けがあるべき人に教官の「向いてない」だけで彼女の将来は変えられてしまった

NO.304 

受け持ち患者が急変する可能性が出てきて、そのときに必要な処置などを聞かれた。
その日の看護プランは記録として提出していたが、急変時のものではなかったのでその場で口頭で報告した。だが、指導者がオッケーするものは言えず、そんな状態で資格ももっていないあなたに受け持ちはさせられないと言われ、昼休み返上で勉強し、教官にアドバイスをもらい、やっと午後の受け持ちを許可された。資格も持っていない人が患者の側にはいけない、それでは患者が死ぬ、と言われた。

昼休みを返上して勉強することになった。昼ごはん抜きとなった。

昼休みに勉強。教官にアドバイスをもらった。

NO.305 実習記録の修正で受け取る際に、手渡しではなく長椅子に投げられました。学生と教員の関係で、学生は学ぶ立場なのにそのような渡し方を受け入れることが出来ませんでした

実習記録の修正をご助言いただく際に、提出した記録を手渡しではなく長椅子に投げ捨てられた

半年の辛い実習の最後の実習で このような思いしたの精神的に気持ちが不安定になりました。ケーススタディをやりながら、来年2月の国試対策をやっているなかの出来事で、モチベーションが下がりした。看護師の先輩として、人として、そのような行為を行う人が身近にいて苦しいです。また教務室に入るのも恐怖心があり、動悸の出現があり入室するのが怖いです。

医師会は変わらないと思うから無駄

NO.306 希望により掲載なし

NO.307 特定の教員が男子生徒に厳しく留年させる

・教員によるパワハラ、暴言
・実習中の大量の記録物
・教員に嫌われた生徒が留年させられていた
・生徒の評価基準が不透明
・男子生徒の留年率が高い

 「実習中は寝てる暇なんてないからね」と教員に言われていました。実際大量の記録物を提出する必要があり、睡眠時間はかなり短く、心身に不調をきたして中退していく同級生がいました。
 教員に嫌われて、実習やテストで単位を貰えずに留年となる生徒がいました。
 特に男子生徒に対してそれが顕著でした。1学年40人ほどのうち、毎年数人男子生徒がいましたが、私の知る限りではどの学年でも男子生徒が必ず1人以上は留年になっていました。

 女子生徒の留年は在学中の3年間見たことありません。私は女性で当事者ではありませんが、先生に取り入ることが苦手な大人しい男子生徒は嫌われやすく、逆におちゃらけたり年配の教員に気に入られるやすい男子生徒は、多少成績が悪くても優遇されてるように見えました。


 実習担当の教員に嫌われてしまった生徒は実習中のいびりのような指導のターゲットにされ、私の学年では男子生徒3人中、2人が留年しました。評価基準は不透明な上教員によって匙加減がバラバラなので、男子生徒に単位を与えず留年させるのはいつも同じ教員でした。

単位を獲得するための明確な基準が必要だと思います。 在学中、何度も洗脳のような個人面談がありました。面談内容は録画、録音すべきだと思います。 実習中の課題が多すぎて、皆睡眠不足でした。判断力も鈍って危険なので、見直すべきだと思います。 ガイドラインの策定応援しています。後輩に同じ苦しみを味わってほしくないです。

NO.308 希望により掲載なし

NO.309 

現在2年生。
 実習前実技確認のテストにて「1年生が翌日テストがあるから1年生の物品は使わないで、貴方たちは用意していないから使えない」と言われ、テストに関わらずベストな物品を使用することが出来なかった。
 前述した通り1年生の用意した物品使用について禁止されていたが、学生が使えるハンドタオル、体温計については全て1年使用物品に含まれており、使用させて貰えず教員の目が離れた隙に抜き取る形となった。

 本来「前日までに準備すること」となっていた為学生側にも落ち度があると言えるが、前日は1年生が遅くまで演習で残っており、そのまま翌日のテストについての準備をしていたため、2年生が物品の準備をすることはほぼ不可能であった。
  1年生使用物品を使用しようとすると教務主任より「これは1年生の物品なので使わないでください」と強い口調で牽制があり、次回以降紙に大きな文字で「使用禁止」と書かれた。 また、1年生使用物品により本来の物品収納箇所が封鎖されておりタオルケットやバスタオルを取り出すことが出来なくなっていた。 本来公平な状態で受ける権利があるはずのテストについて、教員からの行き過ぎた制裁であると考えた。

NO.310 希望により掲載なし

実態レポ NO.291~300

<~NO.330 NO.331 NO.332 NO.333 NO.334 NO.335 NO.336 NO.337 NO.338 NO.339 NO.340 NO.341~>

NO.291 看護教諭によるいやがらせ

学内実習での教諭からのいやがらせ
清拭の事前学習(教諭による清拭の手本がある授業)を風邪による発熱で欠席 事前学習を受けないと清拭の評価実習はさせないと言われ、これを受けないと単位も病院実習にもいけない

何度か代案(事前学習を受けた子から清拭の内容を教えてもらいレポートを提出する 等)を挙げても全て却下 ではどうすればよいのか?と聞いても自分で考えろとしか言わない。

結果どの案を出しても断られ、他の教諭に相談 あの先生が清拭の担当だからどうにもならないと言われる 親に相談し、抗議もしたがだめの一点張りで、結果は留年 私はうつ病になり退学しました。

技術実習は必要な単位であり、1人の教諭だけが評価するものではない。 受けれなかった場合、補講などしなければならない。 看護教諭の評価や調査などを行い、ハラスメントを厳しく取り締まるべきである。

NO.292 パワハラ

雨の降る水曜日の午前9時30分頃、いつもの電車に乗ろうとしたところ線路内の安全の確認の為運転を見合わせていました。復旧の目処がたっていないため、しばらく駅で待つ事にして学校到着が遅れることを電話で報告したのですが
「こういう天候だったら、一本前の電車に乗ろうとか、バスに乗ろうとか考えたらどうなの?」と言われました。線路の安全の確認で天候関係ないのに、何故僕が怒られなきゃいけないんでしょうか?意味がわかりませんでした。

怒りが6割「あ、自分が悪かったんだ。全部自分が悪いんだな」とショックな気持ちが4割でした

未来予知の力を手に入れるとかですかね? 学校に行く手段も親は仕事だし、田舎で遠いのでバスもないし、電車しか手段がないので休むしかないです。休むならZOOMでの授業を受けるのでも全然良いです

NO.293 ・教員に人格否定された
・実習で教員から好かれていないと単位を貰えず留年した

・実習中に1人ずつ教員から指導されるのだが、「看護師には向いていない」「貴方のこういうところが良くない」とひたすら責められ、泣かせられた。
・確証が無いにも関わらず「私に怒られると思って言わなかったんでしょ?」と根も葉もないことを言われ決めつけられた。
・生徒への好き嫌いがあからさまで、嫌われていると口調から違うし、何を言っても聞く耳を持たない。
・実習先の看護師からはサポートされていても、実習担当の教員がダメだと言えば単位をとれず即留年。
・実習時の指導の順番について「誰からでもいいよ」と言われたが、時間がかかる(問題がある)生徒がグループ内で先に指導を受けようと教員の所へ行くと「なんで時間かかる人からなの?」とため息をついてキレられた。

実習1つの単位を取得できず、再実習もない学校だったため即留年が確定した。友人とも別れなければならなくなり、周りの知り合いからも「もう卒業だよね?」と言われ、看護学校の厳しさを理解していない他人には説明をしなければならなく辛かった。
年下に混ざって授業を受けなければならなく、学年が40人と少なかったため、大学と違い留年生がわかりやすいため余計に居心地が悪かった。親に理解をしてもらうのも最初は難しく辛かった。

・看護学校の教員を、資格制にする
・古い伝統が未だに継承されているので、定期的に教員を入れ替える
・系列の病院があると、内部で全て完結していまっているので、外部からも教員を入れる

NO.294 希望により掲載なし

NO.295 希望により掲載なし

NO.296 希望により掲載なし

NO.297 希望により掲載なし

NO.298 領域実習で対象患者がいなかった

終末期実習で、臨床指導者より「ここには終末期の患者はいないのよ」と言われた

学習機会の損失

対象患者がいないのなら実習を引き受けないで頂きたいです

NO.299 備品などの損壊、メンテナンス不足、その状態の強要

学校に漏れなく施設維持費を支払っているが、校内の設備や備品が損壊したままの状態や使用不可能な状態で学生生活を継続させられた

教師や事務所に伝えると個人で使うものは変えてもらえたが、全員で使う大掛かりなものは変わらなかった

学校に対する抜き打ちチェック。損壊したまま使用させていた場合、過去に遡って施設維持費などの返還。学校に詐欺などの罪を課す。第三者機関のホームページに公表する。新規入学の停止。

NO.300 病院都合による突然の患者交代とそれを考慮せずに周囲の学生と比較され低評価を受けた

病院の指導者より、看護の方向性を発表する直前に患者の変更を知らされました。
グループ内の他の学生は患者が変わらなかったので土日を挟んでしっかり学習し方向性を示せたが、私は十分な学習時間が与えられなかった。状況が異なる上、病院都合であるにも関わらず、同じ基準で他者と比較評価され、点数は低評価とされ単位取得が危うくなった。

その病院と学校は関係が悪く、うまく連携が取れていないようでした。指導者は通常業務が忙しいという理由で所在不明な時間が多く、指導にあまり時間を割いて頂けなかった。
患者挨拶は指導者さんの了承を受けた後に行うが、他の学生が1日目に挨拶できていた所、私は2日目以降になるなど差別を受けた。
担当教師は1日目に何回か指導者に確認してくださったが返事がなく、最後に夕方に状況を確認すると、指導者さんは「あれ?まだでしたか?」と惚けたそうです。

学習機会の逸失。歪んだ評価。実習先病院に対して印象が悪くなりました。

単位取得に関しては教師が状況を加味して下さり落とさずに済みましたが、担当教師によっては落ちていたと思います。 通常業務が忙しいという理由で指導できないなら病院側が実習を引き受けずに断るべきだったと思います。

第三者機関に報告できるようにし、そういう事例があった病院はどの学校に対しても暫く実習させないなどのペナルティを課せば、特定の学校との関係性を起因とする差別行為がなくなると思います。

実態レポ NO.281~290

<~NO.330 NO.331 NO.332 NO.333 NO.334 NO.335 NO.336 NO.337 NO.338 NO.339 NO.340 NO.341~>

NO.281 課外活動(委員会)にて教員から人格否定をされました。

環境整備委員会でエアコンのフィルター掃除をしていた際、フィルターの並べ方や洗う順番がある様子だったので、その場で並べていた男性教員にやり方を確認したところ
「お前はこんなのもわからないのか」
「みればわかるだろ」
「こんなのもわからないとか人間以下だな」
などとたくさんの暴言を吐き学生を追い込んでいました。 その学生は翌日、学校を休んでしまい日に日に学業に集中できなくなり、人間不信になりうつ病を発症し退学しました。

学校はその事実を把握して、その教員は毎年、ハラスメントで学生を追い込んだり、特定の学生を差別化したり問題になる教員だと把握していて対応にも困ってると言っていました。 実際に昨年度も男性教員が実習で精神的に追込み学生は精神疾患を発症して退学しました。

茨城県〇〇看護専門学校からの情報提供でした。

何人も犠牲者を出しているのにも関わらず学校は同じ過ちを繰り返していて憤りを感じています。

学校は対策に困っていて 学生はボイスレコーダーを持ったり一対一にならないように工夫しています。

NO.282 新型コロナワクチン接種の有無

『私達が感染源になってはいけないんです!』
『コロナワクチン未接種で、就職採用見送りになった人もいてる』
『3年次は、ワクチン打ってないと、もっと風あたりは(実習施設で)強くなるから、覚悟しておいた方がいい』
『ワクチン(おそらくコロナ)打ってないと、小児に実習は厳しいやろね』
と、入学してまだ1カ月も経っていないのに、授業中にいきなり副校長に呼び出され、
『ねぇ、教員の誰かが必須って言った?』
と、高圧的に言ってきた。 教員により、回答に一貫性がないので、私は混乱した。

学習意欲の減退、抑うつ感、副校長の顔も声も聞きたくない、学校への不信感

弁護士に相談。直接のやりとりはせず、弁護士通じての意見交換が出来るようになり、もう電話もこないと思うと、精神的に少し楽になった。 教員らの発言を、ボイスレコーダーで記録しておく事が重要。

NO.283 実習期間中、教員2名対学生2名で講義をしていただいた時、質問に正しく答えることが出来ず過度に厳しく指導されました。愚痴も言われました。

周手術期の講義をしていただいていました。講義中質問に対して間違った回答をしてしまった際、大きなため息をつかれました。また、
「これまでの実習はただ行ってただけだったんだね。」
「ありえないわ。」
と、実習の様子を見ていないのにも関わらず全否定されました。
質問に答えるのに時間がかかると、
「全然進まねえな」と睨まれました。

それが精神的苦痛となり、
「自分は何も出来ていないんだ。看護師なんて向いていないな。どうして看護師になんてなろうと思ったのだろう。」と感じたとともに、
「あの先生にまた合わなければいけないと思うと実習に行きたくない。先生の期限を伺うのはもう疲れた。」と学ぶ気力も失ってしまいました。

学校内で匿名アンケートをとり自由に意見を言える場を作る。 学校にカウンセラーをつけてもらう。

NO.284 希望により掲載なし

NO.285 希望により掲載なし

NO.286 希望により掲載なし

NO.287 希望により掲載なし

NO.288 希望により掲載なし

NO.289 特定の生徒に対する差別

特定の生徒だけ下の名前で呼び、他の生徒と扱いが明確に異なるくらい親しげに接する。その生徒が課題をしてこなくて他の生徒に迷惑が及んでも咎められない。他の生徒へのフォローがない。生徒の親が医療関係職だとそうなるようです。

看護学校の教員を容易に信じられなくなった。

解決策は講じられませんでした。 生徒によって呼び方を変えず、一教員と一生徒の関係を貫き、友人関係は学校の敷地外でしてください。今後は更新制の看護教員免許制度を作り、教員の性格診断テストを実施した上、試験に受かった人のみ教員に認定する。生徒の疾患発症や自殺の原因となった教員は永久に教員になれなくする。

NO.290 希望により掲載なし

実態レポ NO.271~280

<~NO.271 NO.272 NO.273 NO.274 NO.275 NO.276 NO.277 NO.278 NO.279 NO.280 NO.281~>

NO.271 希望により掲載なし

NO.272 希望により掲載なし

NO.273 希望により掲載なし

NO.274 人格否定発言

実習中、先生の意に反することをすると、「なんでそんなバカなの?」「バカ丸出し」「もっと頭使えよ」と言われました。

眠れなくなりました

今実習中のため、対策ができていません。学生の味方になってくれる、弁護士を含む第三者の相談機関が必要だと思います。

NO.275 威圧的な態度

先生に確認をして援助を行いましたが、うまくできませんでした。
そうしたら先生が、「私の指導を聞かなかった!!」と憤慨しました。
私が自分の考えを話そうとする、「違う!!」「そうじゃない!!」と話を聞こうとせず全否定されました。
私が何も言えなくなり、黙ってしまうと。「ちゃんと考えてるのか!!」とまた威圧されました。

先生に会うと動悸がするようになりました。

学校のアンケートに書きましたが、特に何もありませんでした。

NO.276  膨大な課題をやらせ、寝るなと言われた

実習前の事前学習で、課題をみんな調べ上げてきたのに、いざ提出のときにこれじゃ足りないから明日までにやってこいや、実習時にも膨大な課題をやらせ、学生私達を寝かせず、「寝るな」と教員に言われた。
実習のとき、「で?」、「だから?」と質問するとこのように返ってきます。あとは、寝るなという発言があったり、課題をやってきたのに認められなかったりしました。

精神的にうつになりました。

対策はなってません。まずは、教員の適正の見直しですかね。

NO.277 希望により掲載なし

NO.278 指導者が求めている答えを言えないと実習時間を過ぎても実習を終わることができない

実習時間終了間際に看護計画の指導を受けたが、指導者の質問に対して自分の考えを何通りか伝えても全て間違っていると指摘される。何が間違っているか、どこを改善すべきなのかなどは教えてもらえず、実習終了時間を1時間過ぎても指導は終わらなかった。最終的に学校の教員が病棟に迎えに来て指導は終わった。

帰宅してから記録や学習をしなければいけないが、帰宅時間が大幅に遅れたことで睡眠時間を削ることになり、精神的・身体的に苦痛であった。また、自分が調べてきたことや考えてきた事を踏まえて一生懸命自分の考えを指導者に伝えていたが、どこが間違っているかに関しては指導されず、1時間近く自分の考えを否定されていたため精神的苦痛を感じた。

実習指導者が実習時間内に学生に対する指導を終わらせられるように学生や病棟スタッフと調整する。 実習指導者の指導方法を病院・病棟で見直す。学生の考えを否定するだけでなく、「どこが間違っているのか」「どこをどのように改善すべきなのか」「改善に向かうためのヒントや考え方は何か」を伝えるべきである。

NO.279 学科長がお気に入りの生徒のみをえこひいきしている。

ある学生が出席日数が足らず単位を落とした時、夏休みにzoomで個別に補習をし、単位を取得させた。同じ時期に入院していて単位を落とした別の学生は特別措置をしてもらえず、学校をやめた。 実習には公共交通機関で行かなければならない。なのに彼女は車で実習先に行っていて、他の学科の教員に見つかってしまった。その後、学科長に電話をしてその事を報告すると、学科長は上手く言っておくから心配しないでと彼女に伝え、お咎めなしだった。 また男子学生には甘く、女子学生には実習中はパーマが禁止だからとパーマを取らせるのに、男子学生はスパイラルパーマを当て堂々と実習に行っている。まだ決定ではない統合実習の内容を特定の男子学生のみに伝え、実習先はどこがいいかなど希望を聞いている。

私は成人実習と老年実習を落とされました。毎日、あなたは看護師に向いていないから他の道を探しなさいと言われ、再実習に行く間勉強ができないから、国試には絶対落ちるから!と顔を合わせるたびに言われています。

学科長の顔を見るだけで動悸や涙が止まらなくなります。朝、実習先に向かう時、このまま電車に飛び込んだら楽になれるかなと思う時もあります。

何もしてもらえていない。スクールカウンセラーに相談したくても、学科長を通してでないと予約ができず、どこにも相談できない。学校を辞めたい。でも、奨学金を借りているので辞めることができない。

NO.280 看護学校の面接時に学歴をバカにされた

看護学生ではなく看護学校受験の時の話ですが、わたしは高校中退→高卒認定でしたので、入学試験の面接の時に学校長に「高校中退?そんなんじゃ看護学校なんて続かないに決まってるじゃん!」と言われ、サイドに座っていた教員であろう看護教員に笑われました(10年以上前の話)

面接がトラウマになりました!ただ、面接がない=私立の大学しかわたしにはもう選択肢がないと思ったので、お金を貯めて10年後に第1志望校の私立大学に進学しました

上記の通りです。看護学生時代にパワハラを受けたと感じたことはないです!